モバイルPASMOの詳細発表。3月18日に提供開始へ!おサイフケータイ対応Androidで利用可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
PASMO協議会は10日、Androidスマートフォン向けに今春提供開始予定としていた「モバイルPASMO(パスモ)」の詳細を明らかにし、18日10時より提供すると発表した。あと一週間待てばAndroidスマートフォンで利用可能となる。


対象機種はAndroid 6.0以降のOSが搭載され、おサイフケータイに対応した端末で、具体的な機種の一覧表(PDF)も公開されているので、利用予定の方は確認しておこう。会員登録不要で利用できるが、クレジットカードでのチャージを行いたい場合には会員登録が必須となる。

モバイルPASMOは名称通り、交通系ICカードである「PASMO(パスモ)」をAndroid端末で利用できるサービスで、当然ながら物理カードが不要になるので、普段PASMOを使っている方は便利になるだろう。

チャージ方法は現金とクレジットカードに対応し、現金チャージだけなら前述したように会員登録は不要。一方でクレジットカードでのチャージには会員登録が必要で、自分のアカウントにクレジットカード情報を登録する形となる。クレジットカードでのチャージはモバイルPASMOのアプリからいつでも手軽にできるので、基本的にはその方が便利だ。一方で現金チャージのみに絞りたい方は、会員登録をしなくてもいいし、会員登録をした場合でもクレジットカードでのチャージを行わなければいいだけだ。

万一スマートフォンを紛失したり、故障した場合でも会員登録をしておけば再発行できるので、会員登録しておく方が無難だが、したくない方もいると思うので、会員登録せずに使うこともできる、というのは良い点かもしれない。

定期券も利用可能で、モバイルPASMOのアプリで購入もできる。定期券は通勤定期券のほか、大学生・専門学生相当向け(2020年4月1日時点で18歳以上の方)の通学定期券にも対応している。

モバイルPASMOでの定期券に対応予定の鉄道、バスは下記の通りだ。

<鉄道>
  • 小田急電鉄株式会社
  • 京王電鉄株式会社
  • 京成電鉄株式会社
  • 京浜急行電鉄株式会社
  • 埼玉高速鉄道株式会社
  • 相模鉄道株式会社
  • 首都圏新都市鉄道株式会社
  • 新京成電鉄株式会社
  • 西武鉄道株式会社
  • 千葉都市モノレール株式会社
  • 東急電鉄株式会社
  • 東京地下鉄株式会社
  • 東京都交通局
  • 東武鉄道株式会社
  • 北総鉄道株式会社
  • 株式会社ゆりかもめ
  • 横浜高速鉄道株式会社
  • 横浜市交通局
  • 株式会社横浜シーサイドライン

<バス>
  • 小田急バス株式会社
  • 株式会社江ノ電バス
  • 川崎市交通局
  • 川崎鶴見臨港バス株式会社
  • 関東バス株式会社
  • 京王電鉄バス株式会社
  • 京成バス株式会社
  • 西武バス株式会社
  • 相鉄バス株式会社
  • 立川バス株式会社
  • 東急バス株式会社
  • 東京都交通局
  • 東洋バス
  • 西東京バス株式会社
  • 日立自動車交通株式会社
  • 横浜市交通局

【情報元、参考リンク】
モバイルPASMO for Android公式サイト
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑