Android搭載プロジェクター「Anker Nebula Mars ll」が発売!各種機器の映像出力の他、単体での動画サービス視聴、各種アプリの投影が可能!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
アンカー・ジャパンは19日、Androidを搭載し、単体で各種コンテンツ/アプリを投影して楽しむことも可能なモバイルプロジェクター「Anker Nebula Mars ll」を発売した。価格は69,800円(税込)。

<▲図:Anker Nebula Mars ll>

もちろん、各種映像機器、PC等、様々な機器からの映像入力も可能で、本体にはHDMI入力端子が搭載されている。また、10Wのスピーカーが2つ搭載されているので、音も別途スピーカーを用意する必要なく、Anker Nebula Mars llから出力できる。バッテリーを内蔵しているので、外出先での使用も可能で、フル充電時で動画の場合は約4時間、音楽なら(後述参照)約30時間の連続再生が可能だ。
ドコモオンラインショップ、AQUOS R2、Galaxy S9、LG style L-03K、iPhone XS、iPhone XS Maxを値下げ!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ドコモオンラインショップは19日、5機種の価格変更を発表した。Androidスマートフォンは3機種、iPhoneは2機種の合計5機種において結構な値下げが19日より行われているので要チェックだ。

<▲図:AQUOS R2>

例えば、「AQUOS R2」や「iPhone XS」は約2万円の値下げとなっていて、以前よりも手を出しやすくなっている。それでもiPhone XS、iPhone XS MAXの512GBモデルは高いが、下がったのはもちろん良いニュースだろう。
頭痛持ちに朗報!PCで電子ペーパーモニターをまともに使える時代に!高速表示!ソフト不要・HDMIで繋ぐだけ!PC、スマホ、タブレットなど対応
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
今回の記事は個人的な感動を可能な限りお伝えするため「ですます調」で書きます。長年待ち望んでいた、PCでまともに使える表示速度を持つE-Ink(電子ペーパーディスプレイ)搭載外部モニターがついに登場です!

<▲図:Paperlike HD-FT。左下に操作ボタンが集まっている>

10日に販売代理店のSKTが発行したプレスリリースにはサッと目を通していましたが、よく読みもせずにスルーしていましたが、昨日ChromeでGoogleが何気なく表示してくれた「PC Watch」における山口真弘氏執筆のこちらの記事(ついに実用レベルのE Inkディスプレイが登場。書き仕事に魅力の13.3型「Paperlike HD-FT」)を読んで感激しました。
ドコモ、Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05Lを1万台限定で7月24日に発売! オンラインショップ専売
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は18日、サムスン電子製のAndroidスマートフォン「Galaxy S10+」の特別限定モデルとなる「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」を24日に発売すると発表した。


その名の通り、本製品はGalaxy S10+の東京オリンピック特別モデル。ちなみにサムスン電子は東京オリンピックの「ワールドワイドオリンピックパートナー」を務めている。注意したいのは本製品は販売台数が1万台に限定されていることと、販売チャネルがドコモオンラインショップのみだという点。ドコモショップや家電量販店などでは取り扱わないので注意して欲しい。
ソニーからハイレゾ対応Type-C接続の有線イヤホン「STH50C」が登場!Googleアシスタント、Siriにも対応
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソニーモバイルコミュニケーションズは17日、USB Type-Cプラグを採用した有線接続タイプのハイレゾ対応ステレオヘッドセット「STH50C」を発表した。発売日は8月3日の予定で、市場推定価格は7,000円前後。Amazon.co.jpなどではすでに予約販売が始まっている。


最近はケーブルのないワイヤレスイヤホンが流行だが、依然として音楽を高音質で楽しむなら有線イヤホンをオススメしたい。
叩いて止められたり安眠サウンドなど凝った設計のスマートアラーム時計「Lenovo Smart Clock」と「Lenovo Smart Display M10」が登場!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
レノボ・ジャパンは日本市場でスマートディスプレイ2機種を発売する。10.1インチのディスプレイを搭載する「Lenovo Smart Display M10」と4インチディスプレイの「Lenovo Smart Clock」で、価格は前者が24,624円(税込)、後者が9,827円となっている。ただし、Lenovo Smart Clockについては18日までは予約キャンペーンとして7,668円での販売となっている。

<▲図:Lenovo Smart Clock>

すでに予約受付は始まっていて、初回出荷日が19日の予定となっている。
ドコモショップ約750店舗で小学生向けお仕事体験イベントを夏休み中に実施! 各店舗へ直接申込み
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
学生の夏休みがいよいよ迫っているが、夏休みには例年、様々な企業が体験イベントなどを企画している。そしてドコモショップ約750店舗では、小学1年生から4年生までを対象とした仕事体験イベントを開催する。


開催期間は7月20日から8月31日までだが、具体的な日時は店舗によって異なる。
ドコモの「あんしんパック」がリニューアル!スマホなどの他、PCやゲームなどの様々な機器をサポートするサービスも
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は16日、「あんしんパック」のサービスをリニューアルすると発表した。現在の携帯電話向けサービスは「あんしんパック モバイル」と名称変更されるものの、サービスとしては継続提供される形で、新たにパソコンやゲーム機などの各種デジタル機器をサポートするサービスが含まれる「あんしんパック ホーム」が追加される。


この2つのサービスパックで新たな「あんしんパック」は構成されることになるが、もちろん両方セットで加入する必要はなく、個別に選べるようになっている。この新サービスは24日より提供開始となる予定だ。
ドコモが自動車内向けのネット接続サービスを提供。1日500円、30日1500円、1年12000円プラン。データ量上限や速度制限なし。ドコモユーザー以外も利用可能
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は12日、自動車での移動時間における新たな楽しみ方を創出することを目指した新しいデータ通信サービス「docomo in Car Connect」を9月10日より提供開始すると発表した。


このサービスは1日500円、30日1,500円、365日12,000円といった3種類の料金プランで提供されるもので、ドコモの携帯電話ユーザーでなくても利用できるオープンなサービスとなっている。
AnkerとRAVPowerのモバイルバッテリーや充電器、家電、音響機器など複数製品がAmazonプライムデーで15日、16日に大幅割引!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
スマートフォンやタブレット、PC向けの各種周辺機器やアクセサリーを幅広く手掛けるAnker、RAVPowerなどの人気ブランドの製品がAmazon.co.jpで15日・16日に実施される年に一度のプライム会員向け特大セール「プライムデー」で大幅割引されるので要チェックだ!


筆者もちょうどRAVPowerのUSB-PDでの最大45W出力が可能なモバイルバッテリー「RP-PB159」を購入しようと思っていたのでプライムデーでのセールを期待して待っていた。16日0時から23時55分までの間、25%オフの5,698円なので、その間に購入するつもりだ。他にも様々な製品がセール対象となっているのでチェックしてみよう!
auのショッピングモール「Wowma!」が「au Wowma!」に名称変更。auスマパスプレミアム会員は一部商品が送料無料に!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIとauコマース&ライフは11日、両社が運営する総合ショッピングモール「Wowma!」(ワウマ)の名称を「au Wowma!」(エーユーワウマ)に変更すると発表した。変更日は25日の予定。


頭に「au」の文字が付くことになるが、従来通りauの回線契約を持たない方でも利用できるサービスとして今後も運営される。
Suica未導入地域の方に朗報!スマホで購入できる「スマホ定期券」導入へ。画面に表示して使用。一部路線で実験
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
「Suica」が導入されていない路線で定期券を購入できる駅が遠方にある方にとって、非常に便利なサービスが登場するかもしれない。東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)とウェルネットが10日に発表した「スマホ定期券」だ。JR東日本は「スマホ定期券」を一部路線において試験的に導入し、モニタリングを行う。

<▲図:スマホ定期券のイメージ>

「スマホ定期券」は、スマートフォンだけで手軽に定期券を購入して乗車もできてしまう、というサービスだ。
ポケモンGOが生活にスポーツを取り入れることを奨励するスポーツ庁の「Sport in Life」認定第一号に!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Niantic, Inc.(以下、ナイアンティック)は11日、スポーツ庁が推進する、生活スタイルの一部としてスポーツを取り入れることを推奨するプログラム「Sport in Life」に同社とポケモンが提供するスマートフォン向けアプリ「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)が認定されたと発表した。


「Sport in Life」プロジェクトの認定第一号で、当然アプリとしても同プロジェクトのロゴマークが付与される初の事例となる。
DMMモバイルが新規契約手数料0円のキャンペーンを開始!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
DMM.comは10日、格安SIM/スマホサービス「DMM mobile」において、「新規契約手数料0円!お得にスタートキャンペーン」を9日より開始したと発表した。


同社はDMM mobileと「DMM光」の事業を会社分割の形で楽天モバイルに売却することを発表したばかりだが、依然としてDMMモバイルが魅力的な格安SIMサービスの一つであることに変わりはない。
AmazonプライムビデオのChromecastでのキャストが可能に!Fire TVではYouTubeアプリが復活!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Amazonがプライム会員向けに提供中のプレミアム動画配信サービス「Amazon Prime Video」がGoogleの「Chromecast」で利用できるようになった。すなわち、ChromecastへのAmazon Prime Videoのキャストが可能になったということだ。

逆に、Amazonの「Fire TV」シリーズには動画共有/配信サービス「YouTube」のアプリが復活し、利用可能になった。これらの措置は両社の和解によるもの。
 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑