au夏モデル・タフでアウトドアにも最適な「TORQUE G04」が8月30日に発売!限定の赤バッテリープレゼントキャンペーンも実施!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
5月にau 2019夏モデルの一つとして発表されてからというもの、他の新製品が続々と市場に出る中、当初より8月下旬発売予定とされていた京セラ製のAndroidスマートフォン「TORQUE G04」の購入を検討していた方には、本当に長い待ち時間だったと思う。

<▲図:カラーバリエーションは3色。左上から順にブラック、ブルー、レッド>

それもついに終わる。ようやく発売日が8月30日になることが発表された。全国一斉発売だ。

TORQUEシリーズはau向けのオリジナルシリーズとして人気なので、TORQUE目当てでauに加入した方やauに残っている方もいるかもしれない。それくらい他にはない際立つ特徴を備えた魅力的な製品だ。
各局のテレビ番組を無料視聴できる「TVer」にNHKも追加!5-10番組を見逃し配信!受信未契約でも視聴可能
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
民放各局のテレビ番組を見逃し配信し、無料で視聴できるサービス「TVer(ティーバー)」において、26日よりNHKが放送する一部の番組も加わることが明らかにされた。


TVerで配信されている番組は全て無料視聴できるが、新たに加わるNHKの番組もその対象だ。NHKの受信契約をしていない方でも合法的に無料視聴できる。
Androidがスイーツ愛称を廃止!ロゴのフォント、色も変更へ!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米Googleは現地時間22日、Androidのバージョン命名規則とロゴを変更すると発表した。Androidではこれまで、バージョン2.xから3.xへ上がる際など、いわゆるメジャーバージョン(※Android 4のように4.x内で複数の愛称を採用したこともある)ごとにスイーツの名前からとった愛称を採用してきた。

<▲図:一見分かりにくいと思うが、実はロゴのフォントも変わっている>

ところが、次期最新メジャーバージョンであり、これまでは「Android Q」というコードネームで呼ばれてきたバージョンから愛称が廃止され、単純に数字だけで表されることになる。すなわち「Android 10」だ。
TikTokでMISIA、miwa、乃木坂46らソニーミュージック所属アーティストの音源が利用可能に!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ショートムービーアプリ「TikTok(ティックトック)」を運営するBytedanceは22日、ソニー・ミュージックマーケティング(以下、ソニーミュージック)とライセンス契約を締結したと発表した。


これによってソニーミュージックが保有する音源をTikTokで順次利用できるようになる。
ワイモバイルにポケットWiFiの最新機種!最大988Mbps対応の「Pocket WiFi 803ZT」が8月29日に発売!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンク及びウィルコム沖縄は22日、「Y!mobile(ワイモバイル)」の新製品として、下り(ダウンロード側)が最大988Mbpsという高速通信に対応するモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 803ZT」(ZTE製)を8月29日に発売すると発表した。

<▲図:Pocket WiFi 803ZT>

モバイルWi-Fiルーターの特徴を語る場合、基本的にはモバイルデータ通信でどの程度の速度まで対応しているかとアンテナ性能、Wi-Fi性能、バッテリー容量、そしてデザインやサイズなどとなるが、803ZTの最大の魅力は下り最大988Mbpsに対応する点だ。
西友とサニー全店舗で「PayPay」が利用可能に! 9月の最大10%還元対象店に!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクグループとソフトバンク、ヤフーによる共同出資会社であるPayPayは21日、QRコード・バーコード決済サービス「PayPay」について、9月1日より西友が運営するスーパー「西友」及び「サニー」合わせて全331店舗において利用できるようになると発表した。


西友、サニーではQRコード決済サービスの導入はPayPayが初の事例となる。
au WALLETアプリが銀行口座とカードの総合管理役に!2000以上の銀行の残高やカード明細をアプリから確認可能に
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは21日、「au WALLETアプリ」の機能を強化し、2,000以上の金融機関(銀行、クレジットカード)の残高や明細などの情報を確認/管理できる「お金の管理」機能を追加した。これによって、au WALLETアプリだけで、手軽に銀行口座とクレジットカードの残高や明細を確認できるので日頃からau WALLETを利用している方は便利かもしれない。


そしてKDDIはこの機能の追加を記念したキャンペーンを実施する。このキャンペーンでは、au WALLETアプリに銀行口座を登録した先着10万名にau WALLETポイント100ポイントがプレゼントされる(条件あり。後述参照)。
ASUSが「ZenFone 6」を8月23日より発売!カメラが180度回転!自動追尾も!前面カメラと兼用によりディスプレイ占有率は92%に!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ASUS JAPANは20日、新製品発表会を開催し、Androidスマートフォン「ZenFone」シリーズの最新フラッグシップ製品「ZenFone 6」を発表した。

<▲図:左から順にトワイライトシルバー、ミッドナイトブラック>

ZenFone 6にはメモリ(RAM)、ストレージ(ROM)、カラーなどの違いで複数モデルがあり、それぞれ発売日、価格が異なる。6GBメモリ、128GBストレージのモデルが69,500円(税抜)、8GBメモリ、256GBストレージモデルが82,500円で、それぞれ23日発売。ただし、8GBメモリ、256GBストレージモデルのうち、カラーがトワイライトシルバーのモデルに関しては30日発売予定となっている。
ドコモが最強のカメラスマホ「HUAWEI P30 Pro」の発売を決定。8月21日予約受付再開、9月発売へ
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は20日、米中貿易摩擦の影響などによって中国ファーウェイ製品の今後のサポート状況等が不透明になったことを受けて予約受付を中止していた夏モデルの新製品「HUAWEI P30 Pro」(HW-02L)を9月に発売すると発表した。

<▲写真:HUAWEI P30 Pro>

さらに、8月21日10時より予約受付も再開する。予約はdocomo Online Shop、ドコモショップなどで受け付けられる。
LINEが最大5000人規模のグループトークが可能な「OpenChat」を導入!細かい管理機能が魅力!趣味について語る誰でも参加可能な場にも!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
LINEは19日、コミュニケーションアプリ「LINE」において、従来からのグループ機能を拡張した大型の新機能「OpenChat」を同日より導入したと発表した。


Android版アプリではVer.9.13.0以上のLINEアプリで、iOS版ではVer.9.12.0以上のアプリで利用できる。
ASUSがゲーミングスマホ「ROG Phone」を追加値下げ!発売時より4万円安価に!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ASUS JAPANはゲーミングスマートフォン「ROG Phone」を16日より2万円値下げした。結果、希望小売価格79,500円(税抜)となっている。

<▲図:ROG Phone>

ROG PhoneはAndroidスマートフォンだが、ゲーム用途に特化した様々な特徴を備え、ゲーミングモデルならではの周辺機器が用意されている。日本市場での発売日は2018年11月23日と、まだ1年も経っていないが、今回を含めた都合2回の値下げで現在は4万円安く購入できるようになっている。発売時は119,500円、6月7日に2万円の値下げで97,500円になっていた。
au向けHTC U11(HTV33)に8月21日よりAndroid 9アップデート配信!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは19日、au向けのHTC製Androidスマートフォン「HTC U11(HTV33)」に対して、21日10時よりOSをAndroid 9にバージョンアップする内容を含む最新のソフトウェア更新を提供すると発表した。

<▲写真:HTC U11>

配信されるアップデートファイルのサイズは約1.7GBと大きいので、できればLTEではなく家のWi-Fiなどを介したダウンロードを勧めるが、大容量の料金プランに加入している方で今月のデータ量の余りが多い方はLTEでダウンロードしても構わないだろう。この辺りは人それぞれなので、状況に合わせて選択して欲しい。
【お得情報】キャッシュバック35000円など8月のWiMAX 2+キャンペーンまとめ!1Gbps超の速度対応ルーターで製品も魅力的!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
「WiMAX 2+」の通信サービスを提供する各社の今月のキャンペーン情報をまとめて紹介したい。今月の特典内容は一年を通して他の月と比較すると決して最も豪華という訳ではないものの、十分魅力的な構成となっている。

<▲図:速度計測例。W06では実際に下り259Mbpsや上り18Mbpsなどの超高速を記録することも!(秋葉原で計測。詳細はこちらの記事参照)>

しかも、現在は下り最大1Gbps超えに対応する製品が揃っていて、端末面でも魅力的だ。モバイルWi-Fiルーターの「Speed Wi-Fi NEXT W06」、ホームルータータイプの「Speed Wi-Fi HOME L02」はどちらも下り(ダウンロード側)で最大1Gbpsを超える速度に対応する(理論的最大速度)。両機種ともレビュー記事も用意しているので、合わせてチェックして欲しい。
Speed Wi-Fi NEXT W06のレビュー記事はこちら
Speed Wi-Fi HOME L02のレビュー記事はこちら
ソフトバンクの料金プラン「ウルトラギガモンスター+」でレシピ動画のクラシルと学習サービス「スタディサプリ」も使い放題!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクのスマートフォン向け料金プラン「ウルトラギガモンスター+」において、データ量を消費せずに使い放題で楽しめる対象サービスとしてレシピ動画サービス「クラシル」とオンライン学習サービス「スタディサプリ」が追加された。


ウルトラギガモンスター+はそもそも月間のデータ量が50GBと大きいので、他のプランと比べてデータ量を気にせずに使えると思うが、動画配信サービスの場合は、それでも不足しかねない。
【端末レビュー】家での固定回線代わりとして簡単設置ですぐ使える据置型WiMAX 2+ルーター「Speed Wi-Fi HOMEL02」
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
家でのインターネット接続回線サービスと言えば、光やケーブルが真っ先に思い浮かぶかもしれないが、モバイル回線をベースとしたサービス/機器も存在している。その有力な選択肢の一つが「WiMAX 2+」通信サービスであり、今回はその据え置き型製品として最新モデルとなる「Speed Wi-Fi HOME L02」を紹介したい。

<▲写真:Speed Wi-Fi HOME L02。オシャレな佇まい>

Speed Wi-Fi HOME L02は、500mlのペットボトルよりちょっと大きいくらいの小型サイズで、家の中のどこにでも手軽に設置できる。しかも、下り側(ダウンロード側)の速度が最大で1,237Mbpsという超高速通信に対応する製品でもある。
 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑