結構良いかもしれない400誌以上が読み放題の月額400円のサービス「Tマガジン」が登場!3ヶ月無料!実際の登録手順も紹介
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
「TSUTAYA」「Tポイント」などの事業を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループの株式会社Tマガジンは22日、定額制の雑誌読み放題サービス「T-MAGAZINE」(以下、サービス名も「Tマガジン」と記載)の提供を始めた。

<▲図:Tマガジンの公式サイト>

最初に書いておくと、まだ30分程度しかチェックしていないが、結構良いかもしれない。というのも、現在、市場にはNTTドコモの「dマガジン」、KDDIの「ブックパス」、楽天の「楽天マガジン」など複数のサービスが存在しているが、どのサービスを選ぶかの決め手は自分が読みたい雑誌が含まれているかに加え、雑誌ラインナップの総数にあると思うからだ。というのも月額料金は大きく変わらないし、使える機器もほぼ同じだし、使い勝手も大差ないからだ。もちろん、細かく見ていくとラインナップも便利さも違う。

しかし、Tマガジンの400誌以上というラインナップは確かに同社が言うように業界最大級だと思うので、結構魅力的だと思う。
Adobeが動画の撮影・編集アプリ「Premiere Rush」のAndroid版を提供開始!PC版も含めて無料で全機能を3プロジェクト書き出しまで使用可能!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
アドビ システムズは22日(米国時間21日)、動画の撮影/編集/制作アプリ「Premiere Rush」(プレミア ラッシュ)のAndroid版を提供開始したと発表した。もちろん日本でも利用できる。嬉しいのは3プロジェクトの書き出しまでに関しては全ての機能を無料で使えること。そのため、お金を掛けずにPremiere Rushを存分に試すことができるので、合うか合わないかも気軽に判断できると思う。


また、Premiere Rushには今回登場したAndroid版の他にデスクトップ版とiOS版もあり、どのデバイスで使ってもいい。
ドコモ、au、ワイモバイル、UQモバイルがファーウェイ新製品の発売延期などを発表。SIMフリー版は予定通り発売へ
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米国商務省・産業安全保障局によってファーウェイ本体及び関連68社に対する輸出・取引規制が明らかにされてからというもの、連日多くのメディアで米中の攻防と合わせてファーウェイの状況が報じられているが、日本でも影響が出始めている。

<▲写真:カメラ性能の良さから注目されていたP30 Pro>

ファーウェイは今夏、SIMフリー製品のほか、日本の通信キャリア向けにも新製品を供給する予定だ。ところが、NTTドコモ(以下、ドコモ)、KDDI/沖縄セルラー(au)、ソフトバンク(ワイモバイル)は22日、ファーウェイの新製品について予約の受付停止や発売延期の措置をとることを明らかにした。
米国政府のファーウェイ制裁措置では既存製品のサポート等に限って8月19日までの猶予期間を設定。新製品向け部品調達等は禁止
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米国商務省・産業安全保障局によってファーウェイ及び関連する68社に対して、米国企業の製品の輸出及び取引を規制する措置が発表されてからというもの、ファーウェイ製のスマートフォン、タブレット、ルーター、パソコンなどのユーザーは自分が使っている製品へのサポートが今後どうなるのか不安に感じていると思う。

<▲図:新製品の「HUAWEI P30」>

特にスマートフォン、タブレット、パソコンに関してはOSがGoogle、Microsoftと米国製だ。特にGoogleはすでにファーウェイとの取引を一部停止する旨を明らかにしているため、日本のスマートフォンユーザーも気になっていると思う。
セブン-イレブンのスマホ決済サービス「7pay」が7月1日に提供開始!nanacoが貯まる。PayPay、メルペイ、LINE Payなどにも対応
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
セブン-イレブン・ジャパンは21日、セブン&アイ独自のスマートフォン・バーコード決済サービス「7pay(セブンペイ)」を7月1日より提供開始すると発表した。7payが7月から提供開始となることは4月時点ですでに告知されていたが、今回その詳細が明らかにされた。

<▲図:7payの提供開始に合わせて他社のバーコード決済サービスにも対応>

まず、7payは全国のセブン-イレブン(4月末時点では20,925店舗)において利用できるようになり、AndroidおよびiOS向けの「セブン-イレブンアプリ」内から利用登録が可能となる。
ファーウェイ、本日13時よりAmazonで新製品発表会をライブ配信!加えてAmazonで同社製品のセール実施中!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ファーウェイ・ジャパンは21日(火曜日)13時より新製品発表会を開催予定で、その模様をAmazon.co.jpでライブ配信する。加えて、Amazonにおいて新製品発売記念キャンペーンセールがすでに開始となっていて、同社製品を通常よりも安価に購入できるので関心がある方はチェックしてみよう。


なお、明日発表予定の新製品は「HUAWEI P30」シリーズで、50倍ズームが可能な製品で、「写真の常識を変える」というフレーズで紹介されている。すでに予想がついている方もいると思うが、発表を楽しみに待ちたい。
IoT社会におけるアプリの祭典「アプリジャパン2019」が6月12日から14日まで幕張メッセで開催!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ナノオプト・メディア主催の大規模イベント「アプリジャパン(APPS JAPAN) 2019」が6月12日(水曜日)から14日(金曜日)までの3日間、千葉県の幕張メッセで開催される。


アプリジャパンは主にBtoBのサービスを手掛ける企業が出展する展示会。「アプリ」と聞くと当サイトの読者の多くはゲームやSNS、各種コンテンツサービスなどのコンシューマー向けアプリを想像すると思うが、アプリジャパンでは、スマートフォンに限らず、パソコン、ウェラブルなど多様なデバイスでアプリビジネスを展開する企業が最新のサービス、アプリ、技術などを展示している。
au、20日から22日に掛けて予定していた2度に渡る長時間メンテナンスの実施時期を延期へ
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは5月20日(月曜日)20時から21日の15時、21日の15時から22日9時のスケジュールで2回のシステムメンテナンスを行う予定だったが、今回は実施せずに延期することを明らかにした。

メンテナンス中は一部のサービスを除く多くの手続きができなくなるとのことで、今週は少々不便な期間になるはずだったが、最終的に実施時期未定という形での延期となった。

そのため22日までの間も基本的には通常通りサービス及び手続きが提供される。

【情報元、参考リンク】
KDDI/重要なお知らせ:au取扱店・My au・お客さまセンターでの一部受付業務の休止について
ドコモが夏モデル発表!Xperia2機種、AQUOS、Galaxy、arrows、LG、P30 Proの他、五輪モデル、ケータイ2機種、ルーター
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は16日、2019年夏モデルの新製品発表会を開催し、今夏モデルのラインナップを公開した。加えて、スマートフォンの新しい買い方「スマホおかえしプログラム」なども明らかにされたが、それは別記事で紹介するとして、本記事では新製品のラインナップを紹介したい。

<▲写真:2019夏モデルのうちハイエンド機種5機種>

また、各機種は実機レポート記事も別途用意する予定なので、そちらも参照して欲しい。
ドコモの夏モデル予約ガイド。「月々サポート」終了や新料金プラン登場で不明点だらけでも予約時は指定しなくてOK
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
新しい料金プラン「ギガホ」「ギガライト」の提供が6月より始まるNTTドコモ(以下、ドコモ)ですが、それだけならまだしも、買い方まで変わります。買い方というのはいわゆる端末の割引形式です。従来は月々の通信費から24ヶ月に渡って割り引く「月々サポート」(略称:月サポ)が中心で、機種によっては購入時点で端末代から単純に値引きしてくれる「端末サポート」という割引方法も提供されています。


今後は「月々サポート」と「端末サポート」が廃止となります。より具体的にいうと毎月ずっと1,500円引きの「docomo with」も含めて5月31日で新規受付終了となります。代わりに登場するのが「スマホおかえしプログラム」です。これは36回分割払いを選択して2年で買い替えると最大1年分の残債を免除する、というものです。ただし「おかえし」というように機種変更前の端末は回収されます。

正直な話、いきなり色々と変わり過ぎて、混乱している方が大半ではないかと思います。それでいて夏モデルの新機種を早く予約したい、という方もいるでしょう。ですが予約の段階で間違えて料金プランを指定したらどうしよう、と不安に思っている方は多いと思います。ですが、予約の段階では料金プランや割引施策は理解していなくても大丈夫ですので、本記事ではその辺りを実際のドコモオンラインショップでの予約手続きを交えて紹介します。
ドコモのarrows Be F-04KにAndroid 9アップデート提供開始!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は16日、富士通製のAndroidスマートフォン「arrows Be F-04K」に対してOSをAndroid 9にバージョンアップする内容を含む最新のソフトウェア更新(アップデート)の提供を開始した。


arrows Be F-04Kは約1年前に発売となったドコモのミドルエンドのスマートフォンで、「docomo with」の対象機種。近年はOSの最新アップデートが提供される国内メーカー製の機種も増えてきているが、こうして順次提供してくれるのは嬉しい。
ソニーから耳を塞がない革新的イヤホン「SBH82D」登場!音楽を聴きながら会話も楽しめる!音声通話にも最適!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソニーモバイルコミュニケーションズは14日、耳を塞がず、周囲の人との会話なども楽しめる革新的なオープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット「SBH82D」を発表した。


SBH82Dの発売日は6月8日で、カラーバリエーションはブラック、グレー、ブルーの3色。市場推定価格は10,000円前後とされている。
auのスマホ決済「au PAY」の登録者数が200万人突破!「三太郎の日」の決済で最大26.5%還元実施中!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは14日、スマートフォン決済サービス「au PAY」の登録者数が200万人を突破したことを明らかにした。突破自体は13日時点のこと。


au PAYは現状では「au WALLET」アプリに追加された新機能といった感のあるサービスで、au WALLETアプリにバーコードを表示し、対応店舗のレジで読み取ってもらうことで決済できる。現在はauユーザー向けサービスだが、今夏にはオープン化し、auの携帯電話ユーザーでなくても利用できるようになる予定だ。
auが次世代通信5Gのプレサービスを今年9月、本サービスを2020年3月から提供へ
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは15日、決算説明会を開催し、その中で第5世代移動通信システム(以下、5G)のサービス提供に向けた最新のロードマップを公開した。同社は5Gの本サービスを2020年3月から提供開始予定だが、それに先立って今年9月からプレサービスを提供する。


国内の通信キャリアはNTTドコモ(以下、ドコモ)とソフトバンクも2020年に5Gの商用サービスを提供する予定だが、ドコモは先日、プレサービスを9月20日より提供することを明らかにしていた(こちらの記事参照)。今回のKDDIの発表によって、少なくともドコモとKDDIが9月に5Gを体験できる機会を提供することが分かったことになる。
PayPayの「第2弾100億円キャンペーン」が上限到達によって終了。6月からは「ワクワクペイペイ」キャンペーンを実施へ
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクのグループ企業で社名と同名のスマートフォン決済サービス「PayPay」を展開するPayPayは14日、2月12日から実施していたキャンペーン「第2弾100億円キャンペーン」を13日の23時59分に終了した。

<▲図:6月からは新しいキャンペーンがスタート!>

このキャンペーンは名称にもあるように総額で100億円の還元をユーザーに対して行うもの。そのため予算上限の100億円に到達次第終了となることが予め案内されていた。PayPayは第1弾のキャンペーンと合わせると、2回のキャンペーンだけで合計200億円もの還元を行なっており、決済サービスやポイントサービスにおいては過去に例のない規模の超お得なキャンペーンとして多くのメディアで大々的に取り上げられた。
 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑