ドコモオンラインショップでSIMカードのみの購入が可能に!SIMカード代、手数料、送料など初期費用は無料!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ドコモオンラインショップにおいて「SIMのみ契約」の申込みが可能になった。AndroidスマートフォンやiPhoneなどの端末を購入せずとも、ドコモのSIMカード(ドコモの場合はUIMカードと呼ぶ)だけを購入し、通信サービスに加入できる。

<▲表:ドコモオンラインショップでの「SIMのみ契約」について>

例えばSIMフリースマートフォンを別途購入して、その端末でドコモの回線と料金プランを利用したいという場合でも、家にいながらにしてドコモオンラインショップで手軽にSIMカードを注文できる。購入したSIMカードは宅配便で家に届けてもらうか、ドコモショップで受け取る。
ソフトバンクとワイモバイルは東京、神奈川、埼玉の店舗で営業時間を短縮へ
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは26日、東京都からの外出自粛要請を受けて、一部の地域におけるソフトバンクショップ、ワイモバイルショップの営業時間を短縮すると発表した。具体的には東京都、神奈川県、埼玉県の合計624店舗。

ひとまず3月31日までの間、16時に閉店する措置を採る。ただし、商業施設内の店舗に関しては対象外となる場合があるという。
ドコモ、東京・埼玉・神奈川・千葉のドコモショップ468店舗の営業時間を一時的に短縮へ。スタッフ出勤数も減らして対応
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は26日、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県からの外出自粛要請を受け、該当するエリア内のドコモショップ 468店舗の営業時間を短縮すると発表した。

さらに、店舗スタッフの出勤数も通常よりも減らして対応する。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための措置として、ユーザーには不便をかけるとしつつも、理解して欲しいと案内している。
Amazonの小田原の物流拠点で新型コロナウイルス感染者確認。施設内を消毒の上、25日に再稼働
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
アマゾンジャパン(以下、Amazon)の物流拠点の一つである、神奈川県小田原市の「小田原フルフィルメントセンター」に勤務する従業員1名が新型コロナウイルスに感染したことが明らかにされた。

該当の従業員は新型コロナウイルスに感染して治療中のため仕事を休むという連絡を24日に行い、同社は同日、同センターの従業員全員を帰宅させた。
【便利技】お店などの混雑状況をリアルタイムで手軽に確認する方法
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
スーパー、ドラッグストア、ホームセンターなどで食料品、医薬品や日用品などを買いに行く機会は誰にでもあると思いますが、新型コロナウイルスの影響を受けて、現在は自由気ままにお店に足を運ぶことも難しくなって来ていると思います。特に、あまりに混雑している店内での買い物は、自身が新型コロナウイルスに感染する恐れがあるばかりか、すでに感染していた場合には他人に拡散させてしまう危険もあります。

<▲図:「Googleマップ」ではスポット(お店など)の混雑状況を見ることができます>

不要不急での外出を避けることは当然として、必要品購入のために足を運ぶ場合でも、せめて混雑していない時間帯、混雑していないお店に行くなど、極端な密集地を作らないようにすべきでしょう。そこで、その助けになるかもしれない情報として、本記事では、各店舗の混雑状況を手軽に知る手段をご紹介したいと思います。
auの5Gサービスは3月26日開始で、対応スマホは7機種登場。Xperia 1 II、AQUOS R5G、Galaxy S20、OPPO Find X 2 Pro、Mi 10 Lite 5G、ZTE a1など
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
次世代通信システム「5G」の商用サービスはNTTドコモ(以下、ドコモ)が25日、auが26日、ソフトバンクが27日にスタート予定だ。本記事では、auのサービスと対応スマートフォンを紹介したい。


まず、auの5Gサービスは15都道府県の一部エリアから提供開始となり、今夏をめどに全国の主要都市に展開されていく。対応エリアの具体的な住所リストも公開されている(こちらのページ)ので、詳しく知りたい方は参照して欲しい。
シャープがマスクの生産を開始! 3月下旬より出荷へ。最終的に1日50万枚の生産を目標
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
シャープは24日、三重県多気郡多気町の工場においてマスクの生産を開始したと発表した。1日あたり約15万枚の生産から始め、最終的には50万枚程度にまで拡大することを目指している。

<▲写真:シャープ製のマスク>

同社が生産したマスクは早くも今月下旬より順次出荷予定とされているが、必要とされるところへ提供できるよう、政府への納入を優先するという。しかし、一般向け販売も行われるようで、その詳細は決定次第案内される予定。
MotoGPが公式の有料動画サービス「VIDEO PASS」をシーズン開始まで無料提供!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
モータースポーツの世界選手権シリーズは四輪のF1も二輪のMotoGPも2020年シーズンが開幕していないばかりか、序盤戦のグランプリの中止や延期発表が相次いでいる状況にあり、いつシーズンが始まるのか完全に不透明だ。実際、欧州における新型コロナウイルス感染拡大が止まり、終息の兆しが明確に見られない限り、開催されないだろう。


ファンも現在の情勢下で最も重視すべきは感染拡大を防ぐことだと認識していると思うし、その中で一人一人ができることに取り組み、さらには自身も感染しないように対策する日々だと思う。とはいえ、シーズンの戦いを見られない寂しさもあると思う。そんなファンに対してMotoGPは公式の有料動画サービス「VIDEO PASS」の無償提供を決めてくれた。
【市場調査】レシート家計簿アプリ「CODE」、最近マスクが購入された販売店、商品ランク、購入者属性などのレポートを発表
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
リサーチ・アンド・イノベーションは23日、レシートがお金に変わる家計簿アプリ「CODE(コード)」において、ユーザーが登録した大量のレシートと商品バーコード情報から、最近の「マスク」の購入実態をまとめた調査レポートを公開した。

<▲図:購入店のチェーン別グラフ>

3月16日から22日までの1週間でユーザーが実際にマスクを購入した店舗、商品名、そしてユーザー属性などが明らかにされた。
新型コロナウイルスのため携帯電話、固定電話、固定通信等の料金支払い期限の延長が可能に。基本的に申し出が必要
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
総務省は19日、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、電気通信事業者関連4団体に対して、固定電話・携帯電話等の料金支払い期限延長等の要請を行ったと発表した。それを受けて、NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモ(以下、ドコモ)らNTTグループ、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクらが対応を表明した。

申し込み方法等は各社それぞれで、内容も各社でほんの少し異なるので、公式発表を参照して欲しいが、基本的な部分は共通している。各社とも支払い期限の自動延長ではなく、ユーザーからの申し出を必要とし、支払期限は5月末まで延長という形だ。
誰でも使える無料Wi-Fi「d Wi-Fi」が登場!ドコモの携帯電話ユーザーでなくてもOK!同時に最大5台まで接続可能!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は25日より無料の公衆無線LANサービス「d Wi-Fi」を提供開始する。このサービスの最大の魅力は、ドコモの携帯電話ユーザーでなくとも無料で利用できるという点。「dポイントクラブ」の会員でありさえすればいい。すなわち、「dポイントカード」などのユーザーであれば利用できるので、「d Wi-Fi」は一気にユーザー数が拡大しそうだ。


具体的には「dアカウント」を作成し、「dポイントカード利用登録」が必要となる。もちろんどちらも無料だ。
ドコモオンラインショップでスペシャル割引第2弾開始! 機種変更で最大22000円割引!3月31日まで!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ドコモオンラインショップは18日より「SPECIAL割引 第2弾」と題したキャンペーンを開始した。このキャンペーンは17日まで実施されていた「SPECIAL割引 」「SPECIAL特典」における対象機種の変更、割引額の増額など、内容の見直しが行われたもので、大まかに紹介すると、機種変更で最大22,000円の割引を受けることができる、というもの。

割引額は機種によって異なるが、多くの機種が22,000円割引なので要チェックだ。また、キャンペーンの期間は3月31日までとなっているので注意して欲しい。

大きな魅力は、満たすのが難しいような条件はないことだ。機種変更を検討中の方はチェックしてみよう。対象機種と割引額は下記の通りとなっている。詳しくはこちらのキャンペーンペーンを参照して欲しい。
ドコモが春夏モデル新製品13機種発表!Xperia 1 II、AQUOS R5G、arrows 5G、Galaxy S20 5Gなど
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は18日、新製品発表会をオンラインイベント形式で開催し、第5世代移動通信システム「5G」に対応したスマートフォンなど合計13機種を発表した。今回のラインナップは2020年春夏モデルとされているが、夏モデルは数ヶ月後に追加発表されることが予想される。

<▲図:ドコモの5G、4G新製品13機種>

あわせて5Gのサービスが25日から提供開始されることも明らかにされた。5Gの商用サービスはソフトバンクが27日に開始予定なので、若干ドコモの方が早いことになる。一方、au(KDDI/沖縄セルラー)はまだ具体的な日にちを公開していない。

本記事では13機種の概要を紹介するが、まずはリストを掲載する。価格等は各機種のリンク先のドコモオンラインショップのページで確認して欲しい。
LINEモバイルで7109円貰えるキャンペーン開始!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
格安SIM/スマホサービスの「LINE MOBILE(LINEモバイル)」において17日から新しいキャンペーン「SNS使い放題で2カ月無料!3週間限定で今だけ7,109円もらえるキャンペーン」が開始となった。

キャンペーンの期間は4月6日までで、それまでの間、LINEモバイルのWebサイトからキャンペーンコードを入力の上、新規申込みをし、音声通話対応SIMでベーシックプラン3GB、6GB、12GBのいずれかに加入すると、「LINEポイント」もしくは「LINE Pay残高」で7,109円相当を貰うことができる。
怪しいWebサイトは「タチコマ」に報告!攻殻機動隊のタチコマをモチーフにしたサイバー攻撃対策アプリが登場!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI総合研究所、セキュアブレインら複数の企業・大学・団体によってAndroidアプリ「タチコマ・セキュリティ・エージェント・モバイル」(以下、タチコマ・モバイル)が開発され、それを一般ユーザーに使ってもらう実証実験が始まった。この実験は、スマートフォンを狙ったWeb媒介型のサイバー攻撃の実態把握と対策技術向上を目的としている。


そして、何より目を引くのはデザインで、アニメ作品「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズのキャラクター「タチコマ」がモチーフになっている。すでにGoogle Playでアプリは配信されていて、誰でもインストール、参加できるので、関心がある方は試してみよう。
 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑