KDDI、子供のネットリテラリーを判定できる「ネットスキル診断」を提供開始。ブラウザで気軽にテスト可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは10日、子供のインターネットリテラシーを判定し、年代や利用機種に応じた対策方法を紹介するウェブコンテンツ「ネットスキル診断」の提供を開始した。ウェブブラウザから気軽に利用できる。



ネットスキル診断では、クイズ形式の設問に答えることで、子供が安心・安全にインターネットを利用するための知識を確認し、深めることができるようになっている。さらに、テスト結果に応じたアドバイスも表示される。


このテストでは、青少年がインターネットを安心・安全に活用するために総務省が定めたリテラシー指標「ILAS(Internet Literacy Assessment indicator for Students)」を基にした、各省庁や企業が参画している「安心ネットづくり促進協議会」で公開されているテスト問題「安心協ILAS」を体験することができるようになっている。

利用料金は無料だ。

【情報元、参考リンク】
ネットスキル診断
KDDI/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑