au、対象プランにおけるテザリングオプションが無料に
KDDI、沖縄セルラーは22日、スマートフォンをWi-Fiルーター代わりにしてWi-FiタブレットやノートPC、携帯ゲーム機ほか、様々なWi-Fi機器でインターネットに接続できるようにする「テザリング」機能を利用するためのオプション「テザリングオプション」の料金を改定し、対象のデータ定額サービスまたは料金プランでは無料にすると発表した。

現在はテザリングオプションは月額500円だが、2年間は無料、という提供形態だった。

川崎地下街「アゼリア」におけるWiMAX 2+のエリア整備が完了
UQコミュニケーションズは22日、神奈川県の川崎地下街「アゼリア」における「WiMAX 2+」のエリア整備が完了したと発表した。


同社はWiMAX 2+のエリア整備を各地で進めているが、地下鉄や地下街でも整備も順次行っている。地下街に関しては、東京都の京急ショッピングプラザ ウィング新橋、新宿サブナード、愛知県のエスカ地下街、福岡県の博多駅地下街でも整備が完了し、WiMAX 2+の利用が可能になっている。

「WiMAX」に関しては、全国各地のより多くの地下街でのエリア整備が済んでいるので、今後、それらのエリアのWiMAX 2+の整備も行われるものと予想される。

【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
ソフトバンク、夏モデル2機種を追加発表。ガラケー「COLOR LIFE 5」とシニア向けケータイ「かんたん携帯8」
ソフトバンクモバイルは22日、「SoftBank(ソフトバンク)」ブランドの2015年夏モデルとして追加で2機種を発表した。同社は19日に新製品・新サービス発表会を開催し、スマートフォン新モデルなどをお披露目したばかりだが、新たに2機種が追加される。

左:COLOR LIFE 5(デニムブルー)、右:かんたん携帯8(フォーマルゴールド)

追加されるのはパナソニックモバイルコミュニケーションズ製のフィーチャーフォン(通称「ガラケー」)「COLOR LIFE 5 WATERPROOF」と、シニア向けケータイ「かんたん携帯8」(ZTE製)だ。前者は5月29日に発売予定で、後者は6月以降に登場する予定。

【取材レポート】ドコモとローソンの提携により、ドコモユーザーはいつから、どれだけ、お得になるのか? ドコモダケ企画商品も販売へ
NTTドコモ(以下、ドコモ)はローソンと提携し、6月1日よりドコモのクレジットサービス「DCMX」「DCMX mini」を全国のローソンの店舗での買い物時に使うと、請求時に3%を割り引く施策を導入する。今回はこの両社の提携に関して、詳しく見ていきたい。

ドコモの新製品発表会では展示会場にローソンの店舗を模したエリアが用意された。

まず、ドコモのユーザーがローソンでの買い物時にお得になる施策は主に2つ。6月からの企画と12月からのものだ。

Angry Birdsがトランスフォーマーとコラボ!3Dシューティング「アングリーバード トランスフォーマー」の配信開始
ロヴィオジャパンは21日、Rovio Entertainment ltd.がAndroid及びiOS向けに3Dシューティングゲームアプリ「Angry Birds Transformers(アングリーバード トランスフォーマー)」を日本で配信開始したと発表した。

Angry Birds Transformers

このゲームは名前の通り、アングリーバードとトランスフォーマーがコラボレーションしたゲームで、レッドがコンボイに、チャックがバンブルビーに、その他のキャラクター達もトランスフォーマーになって活躍する。

ASUS公式通販ショップでNexus 7のアウトレット品(箱破損品)をドッキングステーション付きで17980円で販売中
ASUS公式通販ショップ「ASUS Shop」では現在、Androidタブレット「Nexus 7」のストレージ容量が16GBのモデルのアウトレット品(箱破損品)を1人1台限りで台数限定で販売中だ。

Nexus 7

販売価格は17,980円で、Nexus 7の専用ドッキングステーションがプレゼントされる(※こちらも台数限定)。

HTC J butterfly HTL23向けにアップデートの配信開始
KDDIは21日、auスマートフォン「HTC J butterfly HTL23」向けに最新のアップデート(ソフトウェア更新)の提供を開始したと発表した。

HTC J butterfly HTL23

今回のアップデートの主な内容は不具合対策で、一部のアプリにおいて効果音が鳴らない場合がある、という事象を改善する。他にもいくつかの改善内容が含まれている。

札幌市営地下鉄でWiMAX 2+が利用可能に
UQコミュニケーションズは21日、札幌市営地下鉄の駅構内や列車内において「WiMAX 2+」が利用できるよう、エリア整備を行うと発表した。早速、東豊線「栄町駅」、「新道東駅」、「元町駅」の3駅から整備が完了し、今後、順次各駅に展開される予定。

札幌市営地下鉄の車両

札幌市営地下鉄では「WiMAX」のエリア整備は完了していて、すでに全線で利用可能となっているが、WiMAX 2+に関してはこれから。

【実機レポート】ドコモだけのエースが登場!コンパクトスマホ「Xperia A4 SO-04G」をチェック!【ドコモ2015夏モデル】
NTTドコモ(以下、ドコモ)は2015年夏モデルとして、ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia A4 SO-04G」を発表した。今回、ソニーモバイルコミュニケーションズはフラグシップスマートフォン「Xperia Z4 SO-03G」も発表しており、Xperia A4 SO-04Gは、歴代の「A」シリーズと同様、手にフィットする手頃なサイズ感を意識したミドルレンジモデルとなる。

▲Xperia A4

本記事では、発表会場で撮影した写真をまじえながらXperia A4を紹介していきたい。

5月末までのWiMAXルーター販売特典まとめ。最大27390円キャッシュバックやNexus 7、iPad mini、WindowsノートPCなどが貰える
5月末までを期限とした各社の「WiMAX」販売キャンペーンを紹介したい。

WiMAX/WiMAX 2+対応ルーターの主力は下り最大220Mbpsに対応する2機種。「Speed Wi-Fi NEXT W01」と「Speed Wi-Fi NEXT WX01」だ。前者は「キャリアアグリゲーション」、後者は「4x4 MIMO」という技術で220Mbpsに対応し、キャリアアグリゲーションは9月末までにエリア対策が完了する見込み、4x4 MIMOはすでに完了済み(※どちらも一部を除く)。

アップデート適用で、ついに下り最大220Mbpsに対応したW01

最大220Mbps時代に入ったことで注目のW01、WX01だが、5月に入ってキャンペーン特典にも新顔が登場している。

【一条真人的Androidライフ】第68回:ガラケーはスマートフォンの熟成の先にある?
このところ、ドコモ、au、ソフトバンクと通信キャリアの発表会が相次いで、ちょっと疲れ気味な僕だが、そんな僕をさらに疲れさせる事件が起きた。しかし、それはあえて、ここでは言うまい。僕は公私混同はしないのである(たぶん)。

低価格なのに意外と十分なスペックと機能を備えたAQUOS EVER

さて、そんな発表会が続けば、エキサイティングな製品がバンバン出てきて興奮しているはずだが、この先進国日本ではそうでもない。延長線上の進化しかないモデルが多発し、個人的にはイマイチ盛り上がらず、疲労が増すばかりだ。

【島田純のMobile×Travel】第45回:各社の「SIMロック解除」対応まとめ&海外利用時の注意点
総務省は「SIMロック解除に関するガイドライン」を改正し、2015年5月1日以降に発売される機種に関しては、各社共通でSIMロック解除に対応することを義務化しました。

ガイドラインの改正に伴い、ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3社から発売される機種は原則としてSIMロック解除が可能になります。今回は、各社のSIMロックの解除に関するルールと、SIMロックを解除して海外のプリペイドSIMカードなどで利用する際の注意点をご紹介します。

ファーウェイ、SIMフリースマホ honor6 Plusを発表。予約受付開始。ダブルレンズ搭載で後から焦点変更できる。先着で最大1万円割引。MediaPad T1 7.0やメディアストレージhonor cubeも登場
ファーウェイ・ジャパンは20日、楽天が運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」に同社公式オンラインストア「Vモール」をオープンしたと発表した。さらに、グローバル展開している「honor(オナー)」シリーズの最新スマートフォン「honor6 Plus」を日本市場に投入し、6月中旬に発売する。

honor6 Plus

すでに予約受付は20日から開始されており、Vモール及び楽天グループのMVNOサービス「楽天モバイル」でも販売される。

「ドコモ光」で「ISP料金一体型(タイプB)」の提供が6月から始まる。So-net、nifty、OCNなども選択可能に。「ドコモnet」のメール機能も提供へ
NTTドコモ(以下、ドコモ)は20日、光ブロードバンドサービス「ドコモ光」において、6月1日から「ISP料金一体型(タイプB)」プランの提供を開始すると発表した。さらに、「ドコモnet」にメール機能が追加される。


ドコモ光は3月1日からサービスの提供が始まっているが、3つの利用プランのうち、現在は2つのみの提供に留まっており、今回のタイプBは当初から6月に提供開始予定とされていた。現在利用できるのは「ドコモ光単独型」と「ISP料金一体型(タイプA)」のみ。

ソフトバンクもSIMロック解除手続き方法を案内。製品購入日から180経過後に可能
ソフトバンクモバイルは20日、「SIMロック解除に関するガイドライン」の改正に伴い、29日発売予定の「Galaxy S6 edge」以降、「SoftBank(ソフトバンク)」ブランドの製品は原則として全ての製品でSIMロック解除に対応すると発表した。

また、その手続き方法も変更し、今回明らかにした。

対象製品は29日発売のGalaxy S6 edge以降のソフトバンクブランドの携帯電話機やタブレット、モバイルWi-Fiルーター(ルーターは一部製品は対象外とのこと)。

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑