ドコモが境港市でAI運行バスの実証実験を実施へ。9月22日に東京ビッグサイトでも試乗デモを実施
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)と未来シェアは19日、両社が共同開発している「AI運行バス」の実証実験を鳥取県境港市で外国人観光客向けに行うと発表した。実験が行われるのは9月26日と10月6日の2日間。

<▲写真:車両イメージ>

この実験に参加する外国人客には、境港市観光の際に、鳥取県とドコモの鳥取支店で実施中の「テレビ電話による多言語観光ガイド実証実験」のアプリも利用してもらうことになっているという。
auショップのスタッフユニフォームが一新される!男性用も登場
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは19日、全国に約2,500店舗あるauショップのスタッフが着用するユニフォームを一新すると発表した。ユニフォームの切り替えは11月1日以降に行われる予定で、今回は新たに男性用のユニフォームも導入される。


これまで男性スタッフは、夏季のみ統一したポロシャツを着用していたが、今後はオールシーズン着用可能なトップスとボトムス両方のユニフォームが導入されるという。女性用も含めてお客に信頼感と親しみやすさを感じてもらえるデザインや素材を採用したとのこと。
【島田純のMobile×Travel】第99回:日本でもスタートした中国発のシェアサイクル「Mobike」を中国で使ってみる
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
2017年8月より札幌でもサービスが提供開始された中国発のシェアサイクル「Mobike」を、中国・深圳で試してみました。

<▲写真:中国・深圳の「Mobike」>

筆者はこれまで、中国の街中で「Mobike」や「ofo」などのシェアサイクルを見かけても、各種サービスを利用するためのアカウントを持っていなかったため利用することができず、たくさんの人がシェアサイクルを当たり前のように使っているのを、歯がゆい思いを感じていました。
【せう先生のスマホ講座】第76回:最近ブームの「デュアルカメラ」。大きく分けて2種類あるの、知ってますか?
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
GAPSISをご覧の皆さん、「せう」です。こんにちは。「お金がむしろかかる」とここしばらくやっていなかった自炊を久々に再開しました。ほぼ毎日「愛“我”弁当」も作っているわけですが、誰か作ってくれる人 or 食べてくれる人はいないものでしょうか(

<▲図:最新の「話題のスマホ」もデュアルカメラ搭載>

それはさておき、ここ1~2年、アウトカメラ(メインカメラ)を2つ搭載するスマートフォンが増加傾向にあります。この「デュアルカメラ」ですが、機種によって2つ搭載する「理由」が違います。今回は、そのあたりの解説をしていきます。
格安SIMのDMMモバイルが「5分かけ放題」を料金据え置きで「10分かけ放題」に拡大!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
DMM.comは15日、NTTドコモ(以下、ドコモ)の回線網を使って提供中の格安のSIM/通信サービス「DMMモバイル」において、オプションサービス「10分かけ放題」を10月1日より提供すると発表した。このオプションは現行サービスの「5分かけ放題」を月額料金をそのままに1回あたりの無料通話時間を5分から10分へと拡大し、名称を変更する形での提供となる。


具体的には、10分以内の国内通話が回数無制限で掛け放題となる。料金は月額850円(税抜)。1回あたりの通話が10分を超えた場合、超過分については30秒ごとに10円(税抜)が課金される。
ASUS、ZenFone 4シリーズを日本でも発表!9月23日より順次発売へ。デュアルカメラ搭載でカメラ機能強化!メモリも6GBなど
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ASUS JAPANは15日、SIMフリーのAndroidスマートフォン「ZenFone」シリーズの最新モデルとなる「ZenFone 4」ファミリーの3機種を日本市場向けにも発表し、23日より順次発売することを明らかにした。国内市場に投入される機種は「ZenFone 4(ZE554KL)」(希望小売価格56,800円(税抜))、「ZenFone 4 Pro(ZS551KL)」(89,800円)、「ZenFone 4 Selfie Pro(ZD552KL)」(42,800円)の3機種。


発売日はZenFone 4とZenFone 4 Selfie Proは9月23日だが、ZenFone 4 Proは若干遅れ、10月下旬以降とされている。カラーバリエーションはZenFone 4がミッドナイトブラックとムーンライトホワイトの2色、ZenFone 4 Proがピュアブラックとムーンライトホワイトの2色、ZenFone 4 Selfie Proがネイビーブラックとクラシックレッド、サンライトゴールドの3色となっている。
ソフトバンク、月間データ量50GBで7000円のプランを発表!家族複数人が加入すると一人当たり最大2000円引き
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは13日、「スマ放題」「スマ放題ライト」で選べるデータ定額サービスに新たに月間の高速データ通信量が50GBで月額7,000円のプラン「データ定額 50GB」(ウルトラギガモンスター)を追加し、22日より提供すると発表した。

<▲表:ウルトラギガモンスターとみんなの家族割のイメージ>

あわせて、加入した家族の人数に応じてウルトラギガモンスターの月額料金を1人あたり最大2,000円割り引く「みんなの家族割」を提供することも明らかにした。
au、4つの周波数帯の電波を束ねる「4CC CA」を9月22日より東名阪の一部エリアから提供開始へ。下り最大558Mbps
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは13日、auにおいて「4CC CA」(4 Component-Carrier Carrier Aggregation)と呼ばれる技術を22日より東名阪の一部エリアで提供開始すると発表した。対応する機種は「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」からで、下り最大558Mbpsでの通信が可能となる。


ちなみに、Androidスマートフォンはどうなのかというと、 まず、auの「下り最大○○Mbps」といった下り最大速度に関してはやや複雑で、技術の組み合わせで異なる上、エリア、機種によっても異なる。例えば、Androidでは「AQUOS R」「Galaxy S8」「Galaxy S8+」の3機種に関しては9月1日より東名阪の一部エリアでは下り最大590Mbpsの通信が可能となっている。
Apple、全面ディスプレイのiPhone Xと従来デザインのiPhone 8/8 Plusを発表。8/8 Plusは15日予約開始、Xは10月27日予約開始
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米Appleは現地時間12日、「iPhone」の新モデル「iPhone X(テン)」と「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」を発表した。合わせて「Apple Watch 3」や「Apple TV 4K」も発表された。日本でも発売される予定で、NTTドコモ(以下、ドコモ)、au(KDDI/沖縄セルラー)、ソフトバンクが取り扱い、iPhone 8とiPhone 8 Plusは9月15日に予約受付開始、22日に発売、iPhone Xは10月27日に予約受付開始、11月3日発売予定となっている。

<▲図:iPhone X>

価格は通信キャリア、ストレージ容量違いなどで異なるが、参考価格としてApple StoreではiPhone Xは112,800円から、iPhone 8は78,800円から、iPhone 8 Plusは89,800円からとなる。
坂口博信氏率いるミストウォーカーの新作「テラバトル2」が9月21日に配信開始へ!Android、iOS、Windows対応
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ミストウォーカーコーポレーション(以下、ミストウォーカー)は12日、シリコンスタジオと共同で開発中の新作ゲーム「テラバトル2」のAndroid版、iOS版、DMM Games版(Windows PC向け)のサービスを21日より開始すると発表した。


テラバトル2はAndroidとiOS向けアプリに加えて、最初からDMM Games版も用意されるので、遊びやすい環境が最初から整っている。
【一条真人的Androidライフ】第122回:スマートフォンは実用品であるべきか? 夢であるべきか?
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
僕はコモディティとしてのスマートフォンは、普通に人が使っていて落としたぐらいでは壊れたりしないようにして欲しいということをよく言ってきた。本物のコモディティであるとすれば、それはいつまでも「精密機器」として存在するのはまずい。人が安心して持ち歩けるようなものであるべきだ。そして、それは大げさなルックスであってはまずい。今のごく普通のスマホのような佇まいを持つべきだ。

<▲図:富士通のSIMフリースマホ「arrows M04」>

最近では耐ショックなスマホが増え、普通のスマホのルックスで耐衝撃性を持つ製品がいくつも登場している。しかし、その耐衝撃性は常に微妙に僕の希望に不足していた。1.22メートルとか1.5メートルからの落下に耐えるMILスペック(米国国防総省の調達基準)をクリアしたスマホがいくつもあるが、MILスペックの落下試験は木材(ラワン材)に対して落下させるのだ。
ソフトバンクとワイモバイルでNexus 6P、Nexus 5XにAndroid 8.0アップデートが配信開始!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは12日、同日よりソフトバンク向けのAndroidスマートフォン「Nexus 6P」及びワイモバイル向けの「Nexus 6P」「Nexus 5X」に対してOSをAndroid 8.0(Oreo)にバージョンアップする内容を含む最新のアップデートを順次提供開始すると発表した。

<▲図:Nexus 6PがAndroid 8.0に!>

アップデートは通知から、もしくは「設定」から行うことが可能。通知の場合はアップデートの旨を示す内容の通知が届いたらそれを開き、ダウンロードを行い、完了後に「再起動してインストール」を選べばいい。
専用EV車両とAIによって10分刻みで時間指定できるロボネコヤマトがエリア拡大
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)とヤマト運輸は11日、4月17日から神奈川県藤沢市の一部エリアで実験的に提供中のサービス「ロボネコヤマト」について、9月11日より対象エリアを拡大したと発表した。


ロボネコヤマトは、車内に保管ボックスを設置した専用のEV車両と、AIによる配送ルートの最適化を組み合わせた新たなサービスで、10分刻みで荷物のお届け時間を指定できることが大きな特徴。
プロバスケ B.LEAGUE公認ソフトバンクショップがオープン。公認店では選手来店イベントなど実施へ
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクと公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(以下、B.LEAGUE)は11日、B.LEAGUEの2017-18シーズンの開幕に先立ち、全国の19クラブのホームアリーナ周辺にあるソフトバンクショップを9月19日よりB.LEAGUE公認のソフトバンクショップとしてオープンすると発表した。


対象クラブは、B1リーグの琉球ゴールデンキングスを除く17チームと、B2リーグの秋田ノーザンハピネッツおよび仙台89ERSの計19チーム。まずはこの19チームから始まる。
ソフトバンクオンラインショップがZTEスマホ購入でプリペイドカード贈呈。先着1000名!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクオンラインショップは8日から11月30日までの間、「ZTEスマートフォン購入キャンペーン」を実施中だ。このキャンペーンは期間が11月30日までとある程度設けられているが、先着1,000名までなので早期終了となる可能性もあるので注意したい。

<▲図:Libero 2はAndroid 7.1搭載スマートフォン>

期間中にソフトバンクオンラインショップで対象のZTE製シンプルスタイルのスマートフォンを購入した方のうち先着1,000名にシンプルスタイル用のプリペイドカード3,000円分がプレゼントされる。
 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑