【端末レポート】SDM845搭載・コスパ最高のハイエンドスマホ「ASUS ZenFone 5Z」
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ASUSは5月15日、SIMフリースマートフォン3機種を発表した。日本市場向けの「ZenFone 5」シリーズとして、ミドルレンジの「ZenFone 5 ZE602KL」(以下、ZenFone 5)、ハイエンドの「ZenFone 5Z ZS620KL」(以下、ZenFone 5Z)、セルフィー機能を強化した「ZenFone 5Q ZC600KL」(以下、ZenFone 5Q)である。

<▲図:ZenFone 5Z>

ZenFone 5とZenFone 5Zは共通の外観であり、違いはプロセッサと内蔵ストレージ、そしてソフトウェア上の機能に差がある。最も後発だったハイエンド機のZenFone 5Zも6月15日に発売となり、現在は3機種とも市場に出ている。今回は、ZenFone 5Zに中心にZenFone 5シリーズを紹介したい。
サッカーW杯の全64試合をマルチアングル映像で視聴できるアプリ「NHK 2018 FIFA ワールドカップ」が超オススメ!パソコンからのブラウザ視聴も可能!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
SNSや他のメディアでも数多く取り上げられていますが、同じく感激しているので、まだご存知ない方のためにも紹介したいと思います。サッカーの「2018 FIFAワールドカップ ロシア」が開幕しましたが、今大会の観戦にはNHKのアプリもしくはワールドカップ特集サイトを絶対にチェックすべきです。

<▲図:ロシア側の4分割映像>

NHKが提供しているAndroid及びiOS向けのアプリ、その名も「NHK 2018 FIFA ワールドカップ」と、ワールドカップ特集サイトでは、NHKが地上波で生中継する32試合のライブ配信が行われます。加えて、それ以外の試合も含めた今大会の全64試合の見逃し配信も行われます。すなわち、NHKのアプリとWebサイトで全ての試合を視聴できるわけです。

しかも、ボールや選手の動きに合わせるダイナミックな「ワイヤーカメラ」、俯瞰視点映像の「戦術カメラ」など、好きなタイミングで任意のカメラに切り替えて視聴できるのです。さらに、画面を4分割して、4カメラの映像を同時に視聴することまで可能です。
GMOとくとくBB WiMAXで16日11時59分までの特別キャンペーン実施!最大40400円キャッシュバック等の特典に加えてVRゴーグル「Oculus Go」を抽選でプレゼント!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
GMOインターネットは15日12時から16日11時59分までの24時間限定の特別キャンペーンを通信サービス「GMOとくとくBB」において実施中だ。WiMAX 2+対応ルーターを購入することで、通常特典である最大40,400円キャッシュバックもしくは月々の通信費からの割引に加えて、抽選でVRゴーグル「Oculus Go」がプレゼントされる。


GMOとくとくBBではたまにこうした追加特典のキャンペーンを実施しているが、対象期間が24時間と短い上、やはりWiMAX 2+ルーターの購入は2年、3年契約とそれなりに出費がある分、応募のハードルが高く、意外と当たりやすいのではないかと思う。また、今回のOculus Goは筆者もオススメのアイテムだ。
AmazonでJ SPORTSや時代劇など選んで視聴できる専用チャンネルでの動画配信サービス開始!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
アマゾン・ジャパンは14日、「Amazonプライム」会員向けに提供中の動画サービス「Amazon Prime Video」において、ユーザーが好きなチャンネルを選んで契約し、視聴できる有料チャンネルサービス「Amazon Prime Videoチャンネル」の提供を開始した。


このサービスでは例えば「J SPORTS」「時代劇専用チャンネルNET」などのチャンネルを選び、手軽に視聴契約を結んで視聴できる。例えばJ SPORTSの場合はCS放送のほか、独自のオンデマンドサービス「J SPORTSオンデマンド」が既存サービスとして存在しているが、新たにAmazon Prime Videoのプラットフォーム上でのサービスも選択肢の一つになる。
スポーツのVR映像未体験者にもオススメ!「鷹の祭典」4試合のVRライブ中継を視聴できる特製VRゴーグルとユニフォームのセットが限定販売!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
福岡ソフトバンクホークス(以下、ホークス)とソフトバンクは14日、「福岡 ヤフオク!ドーム」で開催されるホークスの「鷹の祭典2018」の4試合分のVRライブ映像を視聴できる権利を得られるチケットとホークスのロゴ入り特製VRゴーグル、そして「鷹の祭典2018専用ユニフォーム(レプリカ)」がセットになった商品を限定販売すると発表した。

<▲図:アプリ「パノミル」でのVR中継映像の視聴イメージ>

発売日は15日で、ヤフオク!ドームとホークスの公式通販ショップである「ダグアウト」で販売する。ダグアウトでも販売されるので、全国各地のファンが購入できることは嬉しい。
スマホ視聴も可能!ル・マン24時間レース開幕!トヨタはオンボード映像のYouTube Liveでの無料配信も実施!ダイジェスト番組も!一貴、可夢偉、アロンソ、バトン、モントーヤら人気ドライバー集結!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
WEC(FIA世界耐久選手権)の2018-19スーパーシーズンの第2戦として6月16日(土)・17日(日)にかけて決勝レースが行われるル・マン24時間レースですが、Android/iOS向けの公式アプリを使ってのスマートフォンやタブレットでの視聴が可能です。Chromecastへキャストしてのテレビでの視聴もできます。ぜひアプリをダウンロードしましょう!

<▲図:ル・マン24時間レース公式アプリ「24H Le Mans」。左画面上部の「ライブ」アイコンをタップすると右画面へ。「LIVE」はメイン中継映像、その下に並ぶマシンをタップすればオンボード映像を視聴できる>

また、悲願のル・マン制覇の期待がかかるTOYOTA GAZOO Racing(以下、トヨタ)ですが、トヨタは2台のTS050 HYBRIDのオンボード映像のライブ配信をYouTube Liveを使って実施します。無料でリアルタイムのオンボード映像を視聴できますので、トヨタだけを追いたい方は公式アプリすら不要で、YouTubeだけで見ることができます。
ピクセラからTVチューナー新製品が3つ登場!外出先からのスマホ視聴などに対応したXit AirBoxやPCIe接続ボード型のXit Board、ノートPCでの視聴に便利なXit Brick
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
長年テレビチューナー機器を「Station TV」ブランドで展開してきたピクセラだが、今年から新ブランド「Xit(サイト)」に変更している。そのXit第1弾製品はUSBスティック型のTVチューナー「Xit Stick」(XIT-STK100)だったが、13日にXit第3弾となるチューナー機器としてはより本格的な機能を持つ製品が3発表になった。

<▲図:左から順にXit AirBox、Xit Brick、Xit Board>

外出先からのスマートフォンでの視聴も可能で、家の中でも様々な機器からワイヤレス視聴できる据え置きタイプの「Xit AirBox」(XIT-AIR100W)、パソコンのPCI Expressバススロットに挿して使うボードタイプの「Xit Board」(XIT-BRD100W)、そしてスマートフォン程度のサイズでUSB端子に接続して使う「Xit Brick」(XIT-BRK100W)の3つが新たに発売となる。
UQモバイルの機種変更が店舗で可能に!UQスポットや家電量販店などUQ mobile取扱店で対応
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズは13日、au回線を使った格安のモバイル通信サービスである「UQ mobile」において、UQ専門店である「UQスポット」や家電量販店をはじめとするUQ mobile取扱店舗での機種変更の受付を開始したと発表した。

<▲図:店舗イメージ>

従来は機種変更はUQオンラインショップでのみ受け付けられていてたが、新たに店頭での機種変更が可能になったことで便利になりそうだ。
【一条真人的Androidライフ】第139回:スマホが人類を進化させる?
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
最近、スマホで「荒野行動」や「PUBGモバイル」というゲームをプレイしてみたのだが、これが実に難しいというかプレイし辛いのに驚く。

<▲図:人気の「PUBG」「荒野行動」にはスマホ版もある>

タッチパネルでの操作性が僕には対応しきれない感じだ。左手の親指で移動、右手親指でエイムの角度を調整し、他の指で弾丸の発射をするという操作が、僕にとっては今までに経験のないことで、脳が処理しきれない。
ファーウェイ、AI活用の手ブレ補正など進化したダブルレンズカメラが魅力の「HUAWEI P20」を6月15日に発売
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ファーウェイ・ジャパンは15日にAndroidスマートフォン「P」シリーズの最新モデル「HUAWEI P20」を発売する。同じくPシリーズの廉価モデルである「HUAWEI P20 lite」も同日より発売となる。また、NTTドコモ(以下、ドコモ)が取り扱う「HUAWEI P20 Pro」もやはり同日の15日に発売予定と、P20シリーズ全ての機種の発売日が同じ日となっている。


価格はP20が69,800円で、P20 liteが31,980円程度になる見込み。ただし、P20 Proを除く2機種は単体販売だけでなく格安SIM/格安スマホ事業者も取り扱うため、それらの事業者のキャンペーンを利用すれば、実質的な端末代はより低く抑えられるかもしれない。SIMフリースマートフォンは購入場所でも出費が変わってくるので、注意深く選びたい。
au WALLETクレジットカードで発行を待たずに最短2分で使える「即時利用サービス」が提供開始。とりあえず3万円の枠内で利用できる
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラー、KDDIフィナンシャルサービスは12日、「au WALLET クレジットカード」において、入会時の新サービスとして、クレジットカードの発行を待たずに利用できる「即時利用サービス」の提供を開始した。


入会時のサービスなので、すでに「au WALLET クレジットカード」を利用している既存ユーザーには関係のないものだが、これから「au WALLET クレジットカード」の発行を考えている方には便利なサービスかもしれない。
ダンボーデザインのワイヤレススピーカーが登場!「cheero Danboard Wireless Speaker」。AUX端子も搭載
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
モバイルバッテリーなどで知られる「cheero」ブランドを展開するティ・アール・エイから「ダンボー」デザインのワイヤレススピーカーが12日に登場した。その名も「cheero Danboard Wireless Speaker」でAmazon.co.jpでの通常価格は3,680円(税込)。しかし、現在は発売記念の特別価格として2,980円となっている。

<▲図:cheero Danboard Wireless Speaker>

本製品のダンボーはいつもとはちょっと違う印象を受けるが、その理由は木製ボディにある。
一般の家電をスマホやスマートスピーカーで操作可能にする中継器「Nature Remo」に安価で小型のミニ版が登場!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Nature Japanは11日、一般の家電をスマート家電化できるスマートリモコン「Nature Remo」の安価な小型版となる「Nature Remo mini(ネイチャー リモ ミニ)」の予約受付を開始したと発表した。Nature Remo miniの通常価格は8,980円だが、現在は数量限定で特別価格の6,980円となっている。出荷予定時期は6月下旬から7月上旬頃。現時点では公式サイトでの予約受付しかされていないが、いずれAmazon.co.jpでの販売も始まるだろう。

<▲図:左側がNature Remoで右側がNature Remo mini>

Nature Remoは遠隔操作をしたい家電がある部屋に設置することで赤外線リモコンの操作を中継する。Nature Remoを家のWi-Fiネットワークに接続することでスマートフォンやスマートスピーカーからの操作が可能となる。
ASUS、新型ZenFone 5が10%割引になるキャンペーン実施!旧機種ユーザーに割引クーポン提供
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ASUS JAPANは11日、新しい「ZenFone 5シリーズ」(ZenFone 5 ZE620KL、ZenFone 5Z AS620KL、ZenFone 5Q ZC600KL)購入の際に使える10%割引クーポンをZenFoneシリーズの旧機種ユーザーにプレゼントするキャンペーンを同日より開始した。


このクーポンは公式オンラインショップの他、ASUS Store Akasakaで7月31日まで使用することができる。
小物やタブレットの収納に便利でお洒落な多機能バッグ「LALOO」の一般販売開始!小型バッグとしてもバッグインバッグとしても使用可能
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ライフィン Import & Exportは8日、フランス・パリの起業家兼デザイナーがデザインした多機能型クラッチバッグ「LALOO(ラルー)」を日本市場で一般販売開始したことを明らかにした。


LALOOはいわゆるバッグ・イン・バッグで、タブレットやケーブル、モバイルバッテリー、ペン、名刺やメモ帳といった小物をごちゃごちゃにならず綺麗に収納できることと、いかにもPCアクセサリーといった感じのしないお洒落なデザインが大きな魅力。また、バッグ・イン・バッグとしての使用はもちろん、単独での使用も可能な見た目をしている上、ショルダーベルトの脱着もできる。
 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑