Jabraシリーズ最長の連続駆動時間を誇るネックバンド型イヤホン「Jabra Halo Smart」が発売に
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
業務用/オフィス向けだけでなくコンシューマー向けでも定評あるハンズフリーソリューションとして「Jabra(ジャブラ)」ブランドを展開するGNネットコムジャパンは22日、Jabraシリーズでは最長となる17時間の連続使用が可能なネックバンド型のイヤホン「Jabra Halo Smart(ジャブラ ハロー スマート)」を8月5日に発売すると発表した。

<▲図:Jabra Halo Smart>

全国の家電量販店やオンラインショップ等で販売される。
格安SIM/スマホのFREETELがポケモンGOのデータ通信料無料サービスを提供へ
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
SIMフリーキャリアのFREETELを展開するプラスワン・マーケティングは22日、同日から国内で提供開始となったスマートフォン向けゲーム「Pokémon GO(ポケモンGO)」のパケット料金(データ通信料)を無料化するサービスを提供すると発表した。また、同社のスマートフォン「REI 麗」がポケモンGOに動作対応していることも案内している。


同社が今回新たに提供するサービスは、ポケモンGOをプレイする際に発生するパケット料金を無料とするもので、8月下旬から9月頃に提供開始となる予定。
UQ、コミケ90でのWiMAX/WiMAX 2+の通信環境強化エリアを発表
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズは22日、東京ビッグサイトで8月12日から14日までの間に開催される「コミックマーケット90」におけるWiMAX及びWiMAX 2+の仮設基地局設置場所/通信環境強化エリアを明らかにした。

<▲図:通信強化エリアについて>

同社はコミックマーケットでは毎回通信環境を臨時的に強化しているが、今回も特に混み合う待機列を中心に、屋外でユーザーがより快適に通信できるように仮設基地局を設置する。
ソフトバンク、スマート体組成計を全社員に無償提供
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは22日、社員と家族の健康管理・増進を目的として「スマート体組成計 SoftBank 301SI」とアプリ「パーソナルカラダサポート」を8月以降、全社員に順次無償提供すると発表した。

<▲図:SoftBank 301SI>

スマート体組成計では、体重、体脂肪率、BMI、基礎代謝などを測定・記録できるようになっているが、301SIの大きな特徴は3Gの通信機能を内蔵したIoTデバイスだということ。ヘルスケアサービスであるパーソナルカラダサポートアプリと連動することで、スマートフォンで手軽に健康管理・増進ができる。
内閣サイバーセキュリティセンター、ポケモンGOに関する注意喚起文書を公開
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
内閣サイバーセキュリティセンターは21日、Niantic, Inc.やポケモン、任天堂が提供するスマートフォン向けゲーム「Pokémon GO(ポケモンGO)」に関する注意喚起文書を公開した。

<▲図:ポケモントレーナーへのおねがい(※クリックして拡大)>

ポケモンGOは日本で22日にリリースされたが、早速ブームの兆しを見せており、大手メディアでも大々的に取り上げられている。これから大勢のプレーヤーが街中を歩き回ることが予想されるだけに、今からでもチェックしてみよう。
ポケモンGO(Pokémon GO)が日本での配信開始!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Niantic, Inc.は日本時間22日、株式会社ポケモン、任天堂などと共同で開発したスマートフォン向けゲーム「Pokémon GO(ポケモンGO)」をリリースした。一時、20日や21日にリリースされるとの噂が流れたが、最終的には22日に登場し、日本市場での夏休みのスタートにほぼタイミングを合わせてリリースすることができたことになる。

<▲図:連携アカウントはGoogleかポケモントレーナークラブのいずれか>

アプリはAndroid版とiOS版が用意され、どちらも基本プレイ無料のアイテム課金制という料金体系での提供となる。Google Play、App Storeからダウンロード可能だ。
ポケモン赤・緑・青・ピカチュウのドット絵LINEスタンプ登場!サウンド付き!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
株式会社ポケモンから「ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ」時代のドット絵による「LINEスタンプ」がリリースされた。スタンプ名は「ポケモンゲームドット サウンド付き!」で、価格は240円。

<▲図:「ポケモンゲームドット サウンド付き!」
©2016 Pokémon/Nintendo/Creatures/GAME FREAK.>

ポケモンといえば、世界的に「Pokemon GO(ポケモンGO)」がブームとなり、今では一般紙も含めた多くのメディアでその名を目にする毎日だが、ポケモンGOの日本での配信開始が待ち遠しい中、スタンプでもポケモンを楽しむことができる。
ワイモバイル、日本初のAndroid Oneスマホを7月29日に発売。MNPだと実質12100円から
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンク及びウィルコム沖縄は21日、「Y!mobile(ワイモバイル)」の新しい商品カテゴリーとして「Android One」のスマートフォンの取り扱いを29日から開始し、第一弾としてシャープ製の「507SH」を発売する。予約受付は22日から開始し、実際の発売日は29日。

<▲図:507SH>

実際の価格は販売店によって異なるが、Y!mobileオンラインショップの場合は、他社からの乗り換え(MNP)だと実質負担額が12,100円からとなる。
海外でも国内プランのデータ量を使えるauの「世界データ定額」が7月22日に提供開始へ
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは21日、海外の対象国・地域においても日本にいるときと同じようにデータ通信を利用することができるオプションサービス「世界データ定額」を22日より提供すると発表した。


世界データ定額は1日980円の定額オプション。日本で加入している料金プランで定められた月間データ量を海外の対象エリアでも利用・消費できる、というもの。例えば日本で月間2GBのプランに加入している場合、1日980円の世界データ定額代を支払うだけでその24時間に関しては、月間2GB分までの高速データ通信を海外でも利用できることになる。
Android TV向けに「オンデマンド高校野球」アプリが登場!今大会の試合や過去の名勝負などを視聴できる
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
朝日新聞社は20日、Android TV向けに「オンデマンド高校野球」アプリをリリースしたと発表した。Android TVを採用した「Nexus Player」等の後付け機器のほか、ソニーのブラビアなどAndroid TV採用テレビで利用することができる。テレビで手軽に高校野球の動画を視聴できるので高校野球ファンには嬉しいアプリとなりそうだ。

<▲図:オンデマンド高校野球の利用イメージ>

まず、今夏の大会に関しては、全48試合のまるごと動画とダイジェスト動画、地方大会決勝全49試合のダイジェスト動画を視聴することができる。
ソフトバンク、コミケでうたプリとコラボ!特別デザインの移動基地局車などを導入
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは20日、8月12日から東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット90」での電波強化対策の中で、今年もアニメ「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター」(以下、うたプリ)とのコラボレーションを行うと発表した。

<▲図:昨年の特製ラッピング移動基地局車 (c)UTA☆PRI-R PROJECT>

同社とうたプリのコラボは昨年に続き2度目。同じ作品とのコラボレーションはソフトバンクに限らず、他の通信キャリアを含めても稀。
THE FLASH/フラッシュのシーズン2がHuluで7月21日から配信開始。DVDよりも早い!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
オンライン動画配信サービス「Hulu(フールー)」を日本で提供するHJ ホールディングスは20日、米ドラマ「THE FLASH/フラッシュ」のシーズン2を21日から独占先行配信すると発表した。「THE FLASH/フラッシュ」のシーズン2の配信に関しては、Huluのユーザー向けにはすでにHulu上で告知済みだったが、改めて詳しい発表が行われた。


シーズン2の配信スケジュールは変則的で、21日に1話から6話がまとめて配信され、その後は毎週木曜日に5話から6話ずつ追加配信される形。そのため、シーズン2の全23話の配信には4、5週間しか掛からないので、一気に見たいファンには嬉しい。
【島田純のMobile×Travel】第72回:スマホだけじゃない!家電やスマートモビリティも買える小米(Xiaomi)之家上海を紹介
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
中国の小米科技(Xiaomi)は中国・香港・台湾など各地に「小米之家」をオープンしています。小米之家では、小米のスマートフォン・タブレット・アクセサリ・家電など各種製品を購入することができるほか、修理・サポート関連業務も行われており、まさに小米ユーザにとっての「家」というべき拠点となっています。

<▲図:小米之家上海>

さて、そんな小米ですが、上海にある「小米之家上海」が移転、上海の中心部からもアクセスが良いショッピングモール「大悦城」(JOY CITY)にてリニューアルオープンしました。今回は、2016年5月に移転オープンしたばかりの小米之家上海をご紹介します。
DTIがポケモンGO向けSIMを発表。Pokemon GOの通信料は1年間無料
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ドリーム・トレイン・インターネット(以下、DTI)は19日、NTTドコモの回線網を使って提供しているモバイル通信サービス「DTI SIM」の新プランとして、特定のアプリの利用において発生するデータ通信量を料金プラン規定の月間データ量のカウントに1年間含まない「DTI SIM ノーカウント」を発表した。

<▲図:この画像自体もポケモンのイメージから来ていることが一目でわかる>

この「DTI SIM ノーカウント」では特定アプリのデータ通信量に関しては1年間無料ということになり、料金プランに定められたデータ量も消費しない。
ソフトバンク、英ARMを約3.3兆円で買収へ
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクグループは18日、英国のARM Holdings pls(以下、ARM)の発行済株式および発行予定株式の全てを現金で買い付けることをARMとの間で合意したと発表した。

今回の件においてソフトバンクグループは、裁判所の承認を取得する「スキームオブアレンジメント」の方法によって、総額約240億ポンド(約3.3兆円)の買取価格を対価として、ARMの株式1,412百万株を取得する。
 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑