ソニー、4Kディスプレイ搭載スマートフォンXperia Z5 Premium、フルHDのZ5、小型モデルZ5 Compactを発表
ソニーモバイルコミュニケーションズは現地時間2日(ドイツ・ベルリン)、Androidスマートフォン「Xperia」シリーズの最新モデル「Xperia Z5 Premium」「Xperia Z5」「Xperia Z5 Compact」を発表した。前機種の「Xperia Z4」シリーズは日本で発表されたが、今回のXperia Z5シリーズは従来モデル同様、海外での発表となったが、日本を含む各市場で今秋以降に順次販売される予定。

4K解像度のディスプレイを搭載するXperia Z5 Premium

Xperia Z5シリーズの大きな特徴は、「Premium」が加わり、3モデル構成になったこと。そして、Xperia Z5 Premiumは、世界初となる4K解像度のディスプレイを搭載するスマートフォンになる。

U-NEXTが東芝の電子書籍事業「Book Place」を承継し、電子書籍事業を本格拡大
U-NEXTは2日、東芝インダストリアルICTソリューションが運営する電子書籍事業「Book Place」及び「Book Place for U-NEXT」を承継し、電子書籍事業を本格拡大すると発表した。

U-NEXTは動画配信サービス「U-NEXT」のほか、昨年4月からは東芝と協業し、U-NEXTの会員向けに電子書籍サービス「Book Place for U-NEXT」を提供してきた。

ファーウェイ、P8liteにソフトウェア更新を提供開始。LINE:ディズニー ツムツムをサポート
ファーウェイ・ジャパンは2日、SIMフリーのAndroidスマートフォン「P8lite」について、最新のソフトウェア更新(アップデート)を同日16時より順次配信開始すると発表した。

P8lite

今回のアップデートの主な内容は、LINEが提供中のゲームアプリ「LINE: ディズニー ツムツム」のサポートとなる。

角野卓造さんと近藤春菜さんはホンモノの親子!? ドコモ、得ダネ新聞を公開中
NTTドコモ(以下、ドコモ)の新テレビCM「得ダネを追え!家族まとめて割2」篇をすでにご覧になった方は分かると思うが、現在のテレビCMシリーズにおいて、角野卓造さんと近藤春菜さんがホンモノの親子であることが発覚した(※もちろんCMの中でのお話)。

ドコモ「得ダネ新聞」より

ドコモはこのネタを「得ダネ新聞」のトップ記事として公開している。ちゃんと新聞スタイルで紹介されているので、関心のある方は下記リンク先でチェックしてみよう。
得ダネ新聞

Galaxy S6 edgeの月々サポート割引額(MNP)増額。実質負担額0円
NTTドコモ(以下、ドコモ)の公式通販サイト「ドコモオンラインショップ」は1日10時より、「Galaxy S6 edge SC-04G」の「月々サポート」の割引額を増額した。増額されたのは、他社からの乗り換え(MNP)の場合で、月々サポートの割引額は93,312円になる。結果、実質負担額は0円だ。

Galaxy S6 edge

Galaxy S6 edgeの新規契約、機種変更の場合の実質負担額も参考に記しておくと、新規契約では79,704円、機種変更はドコモの継続利用期間10年未満で79,704円、ドコモの継続利用期間10年超で69,336円となっている。

【情報元、参考リンク】
ドコモオンラインショップ/Galaxy S6 edge SC-04G製品ページ
Galaxy S6とGalaxy S6 edgeのレビュー記事
GMO、WiMAX 2+ルーター購入で最大35550円キャッシュバック!通信料割引企画やWindowsノート、Nexus7特典なども
GMOインターネットのプロバイダサービス「GMOとくとくBB」は、WiMAX/WiMAX 2+サービスにおける最新の販売キャンペーンを1日より提供開始した。

WiMAX 2+の下り最大220Mbpsに対応したルーターWX01とW01

毎月のように特典内容を変えて実施されているキャンペーンだが、9月はキャッシュバック特典の増額などが行われている。ここ数か月では最も高額のキャッシュバックだ。企画自体は全部で4種類。キャッシュバック、WindowsノートPC、Nexus 7、そして月額料金を値下げした企画の4種類となっている。

【利用レポート】Netflixが日本でのサービス提供を開始。1ヶ月間の無料体験ができる(途中解約可能)。申込み手順をチェック
全世界で6,500万人以上のユーザーを持つとされる動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」がついに日本でのサービス提供を開始した。Netflixは、日本でのサービス提供開始に合わせ、1ヶ月間の無料体験の提供も始めているので、まずは気軽に試すことができる。

ついにサービス提供開始。1ヶ月の無料体験も可能だ。

本記事では申込みの流れを紹介したいと思う。

So-net(ソネット)、WiMAX 2+ルーターのキャッシュバック額を大幅増額で28000円!9月末にはCAの220Mbpsエリア化も完了予定
ソネットは1日、「So-net モバイル WiMAX 2+」の販売キャンペーンを更新し、特典内容を大幅に改善した。今月の特典はキャッシュバックで、その額は先月から8,000円増額の28,000円となっている。

WX01とW01。どちらもホワイトモデルもある。


「So-net モバイル WiMAX 2+」はUQコミュニケーションズのWiMAX/WiMAX 2+の回線網を使ってソネットがサービス提供しているWiMAX/WiMAX 2+サービスで、キャンペーンでは「Speed Wi-Fi NEXT WX01」と「Speed Wi-Fi NEXT W01」、そしてホームルーターの「URoad-Home2+」を取扱っている。WX01とW01は下り最大220Mbps対応で、端末代は0円。URoad-Home2+は下り最大110Mbps対応で、0円。

【島田純のMobile×Travel】第52回:国内でも増えてきた「デュアルSIM」端末のメリットと注意点
スマートフォンではASUSの「ZenFone 2」(ZE551ML)、Huaweiの「honor6 Plus」などの機種が、モバイルWi-FiルータではNECプラットフォームズの「Aterm MR04LN」(以下、MR04LN)など、国内向けに販売される機種でも「デュアルSIM」をサポートする機種が増えてきました。

MR04LNのSIMカード切替は再起動が必要


「デュアルSIM」はその名の通り、2枚のSIMカードを入れて使い分けができる機能で、音声通話用とデータ通信用に別々のSIMカードを利用する、あるいは国内用と海外用で別々のSIMカードを使うなど、用途に合わせて様々な使い方が可能です。

ジーフォース、Wi-Fiカメラ搭載度ローン「X800/X300C FPV」を発売。スマホでリアルタイム映像表示可能。X300Cは16500円
ジーフォースは1日、Wi-Fiカメラを搭載したドローン「X800 FPV」「X300C FPV」を同日に販売開始したと発表した。価格はX800 FPVが18,500円(税抜)、X300C FPVが16,500円で、前者は取り付け型のWi-Fiカメラユニットを同梱、後者はWi-Fiカメラユニットがドローン本体に内蔵されている。

左:X800 FPV、右:X300C FPV

低価格で「First Person View」(FPV、一人称視点)システムを楽しめるのが今回のモデルの特徴で、ドローンに搭載されたカメラからの映像をWi-Fiで転送し、スマートフォンやタブレットなど対応端末の画面にリアルタイムで表示することができる。

共通ポイントPontaとLINEフリーコイン・ギフトコードとのポイント相互交換が可能に
共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティングは1日、LINEが発行する「LINE フリーコイン」「LINE ギフトコード」とPontaの相互交換サービスを同日より提供開始したと発表した。


相互交換なので、PontaからLINE フリーコインに替えるだけでなく、LINE フリーコインからPontaに替えることもできる。交換レートは、Ponta 100ポイント=LINE フリーコイン 42コイン。

au、0.1GB(110円)単位でチャージできる「データチャージキャンペーン」を9月2日から開始
KDDI、沖縄セルラーは1日、「データチャージ」に加入している方を対象に、0.1GB(110円)単位でデータ容量をチャージ(購入)できるキャンペーンを2日より実施すると発表した。


LINE、Android端末のホーム画面をカスタマイズできるアプリ「LINEランチャー」を提供開始。3000種類以上のテーマ素材が無料
LINEは1日、Android端末向けにホーム画面(待受画面)を着せ替えることができるアプリ「LINEランチャー」をリリースしたと発表した。発表自体は9月1日に行われたが、サービス提供は8月27日に開始済みで、利用料金は無料。また、日本語だけでなく英語ほか多言語対応となっている。


LINEランチャーはAndroidスマートフォンのホーム画面を手軽にカスタマイズできる着せ替えアプリで、壁紙、アイコン、ウィジェットなどから構成される「テーマ」を選択・ダウンロードし、設定するだけでホーム画面を一括で着せ替えることが可能になっている。

【更新】Amazonプライム会員向けに追加料金なしで見放題の動画配信サービスが9月下旬から提供へ
Amazonは8月27日、「Amazonプライム」会員向けに動画配信サービス「プライム・ビデオ」を9月より提供すると発表した(※更新:9月下旬提供開始予定)。Amazonプライムの料金は据え置きで、年間3,900円(月々325円相当)のまま。すなわち、Amazonプライム会員は、追加料金なしで見放題の動画配信サービスも利用可能、ということになる。


「プライム・ビデオ」では、邦画、洋画、テレビ番組、アニメ作品、ミュージック・ライブ、バラエティ番組、Amazonオリジナル作品などが提供される予定で、具体的なラインナップはサービスインを待って確認したい。

シャープ、耳の穴を塞がず周囲の音も聞こえるオープンイヤホンを9月15日に発売へ。オープンながら音漏れも少ない
シャープは31日、「耳をふさがない」オープンイヤホンを9月15日に発売すると発表した。同社公式通販サイトではすでに申込が始まっていて、価格は10,880円(税抜)で、カラーバリエーションはシルバー系とレッド系、ブルー系の3色。


型番はシルバー系がRG-H100-S、レッド系がRG-H100-R、ブルー系がRG-H100-A。

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑