【せう先生のスマホ講座】第82回:さようなら2017年! この1年を振り返る
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
GAPSISをご覧の皆さん、「せう」です。こんにちは。今日の原稿は出張先で書いています。年明け早々にはもっと遠くへの出張があるので体力的に心配です()

<▲図:2017年も今日でおしまいだっ……!!>

今回は、2017年最後のスマホ講座。とりあえず今年1年を簡単ですが振り返ってみましょう。
Ankerが高出力の電源供給が可能なUSB PD対応のモバイルバッテリー「PowerCore Speed 20000 PD」を発売!最大30W入力でバッテリーの充電も超短時間!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
アンカー・ジャパンは14日、USBの電源供給において、最大で100Wまでの供給ができる規格「USB Power Delevery」(以下、USB PD)に対応したモバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 20000 PD」を販売開始した。

<▲図:Anker PowerCore Speed 20000 PD>

従来のUSBの規格では「Quick Charge」のような対応機器同士の組み合わせで実現できる急速充電規格をのぞくと、USB 3.0では最大で4.5Wの電源供給しかできなかったが、USB PDでは最大で100Wまで対応するため、今後のPC関連機器ではより幅広い機器でUSBによる電源供給が増えるものと見込まれている。
KDDIら3社が国内初の公道での無人自動運転車の遠隔制御に成功!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、アイサンテクノロジー、ティアフォーは14日、国内で初となる一般公道における遠隔制御型自動運転システムの実験を同日に行い、レベル4(無人運転)自動運転に成功したと発表した。今回の走行は、愛知県による平成29年度「自動走行実証推進事業」における幸田町での実証走行デモンストレーションとして行われたもの。


今回の走行では、運転席を無人の状態とした上で、事前に構築した高精度の地図をもとに車を自動走行させ、衝突などの危険を察知した場合には緊急停止などを行う遠隔制御が行われ、それに成功した。
楽天が自前の基地局などを整備し、第四の携帯電話会社に。2019年度にもサービス提供開始へ
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
総務省が携帯電話事業者向けに新たに割り当てる電波の取得を楽天が目指し、2018年1月にも申請を行う予定であることを国内の大手新聞各社が14日に報じた。

楽天は格安のモバイル通信サービス「楽天モバイル」を、NTTドコモ(以下、ドコモ)の回線網を借り受けて提供している。このように他社のインフラを借り受けてサービスを提供する事業者をMVNO(Mobile Virtual Network Operator)と呼ぶが、楽天は同じくドコモ回線を使ってサービスを展開していたプラスワン・マーケティングの「FREETEL」を買収したばかり。FREETELの取得したことで、楽天モバイルの契約数は140万を突破し、MVNO市場では有力プレイヤーの一角を占める位置まで成長してきた。
JR東日本とDeNAがレンタカーの無人貸出サービスを実験提供!12月18日より約半年間、新潟などで実施
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)とディー・エヌ・エー(以下、DeNA)は13日、DeNAが提供中の個人間カーシェアリングサービス「Anyca(エニカ)」を活用し、JR東日本レンタリースが保有する車両を無人で貸し出すサービスの実証実験を18日より行うと発表した。


実証実験は一般ユーザーも利用可能なので、対象地域に在住もしくは出かける可能性がある方はチェックしてみてほしい。
auが選べる学割「ピタット学割」と「フラット学割」を12月15日より提供へ。12ヶ月間、毎月約500円割引!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは13日、auの新しい学割サービスを発表した。ちょうど学割サービスが各社から発表される時期だが、auでは「ピタット学割」と「フラット学割」が15日より提供開始となる。


これらの学割サービスは、最大で12ヶ月間、月々の利用料から500円、もしくは520円割り引くというもの。「auピタットプラン」利用の場合は毎月500円引き、「auフラットプラン」の場合は毎月520円引きとなる。さらに、期間中に「auスマートパスプレミアム」に新規加入した場合、通常は月額499円のところ、月額148円で利用できる。
Galaxy向けに鉛筆型のSペンが登場!ステッドラーと共同企画の「STAEDTLER Noris digital」が12月20日発売!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
サムスン電子ジャパンは13日、「Galaxy Note8」などで使うことができるGalaxyシリーズ専用のスタイラス「Sペン」の派生機種となる「STAEDTLER Noris digital」を20日に発売すると発表した。この製品は「STAEDTLER」(ステッドラー)の名を冠していることからも想像できるように、STAEDTLERとの共同企画品。

<▲図:STAEDTLER Noris digital。左がイエロー、右がグリーン>

STAEDTLERといえば、特に技術者、理系学生には広く知られたブランドだと思うが、製図用品、シャーペンなどの各種文具品を手掛ける。一般向けにも様々な文具を販売しているので、メーカー名を気にして見ている方は意外と結構ステッドラー製品を持っているかもしれない。
水道メーターもスマート化へ。ソフトバンクと愛知時計電機が無線自動検針の実験を実施へ
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
愛知時計電機とソフトバンクは13日、低い消費電力で広範囲を対象とする無線通信技術「LPWA(Low Power Wide Area)」における規格の一つである「NB-IoT」を利用した水道メーターの自動検針の実証実験を2018年1月下旬より行うと発表した。

<▲図:光ピックアップ方式の水道メーターに「NB-IoT」対応モジュールを搭載>

LPWAやNB-IoTなどの新しい言葉が出てくると途端に何のことか分かりにくくなると思うが、要するに水道メーターのスマート化で、水道メーターに通信機能を持たせ、検針データを記録・収集し、スマートフォンなどの端末で手軽に閲覧できるようにしたり、各種関連サービスで活用しよう、という取り組みとなる。
【一条真人的Androidライフ】第128回:AIに動き出したデジタルデバイス
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
AI処理は今や国レベルの関心を呼んでいるようだ。読売新聞によれば、日本政府もAI処理のための半導体の開発に資金を投入するそうだ。目標は、現在のパソコンやスマホの半導体の10倍以上の処理速度を持ち、それでいて10分の1以下の消費電力だという。

<▲図:AI機能が特徴のSnapdragon 845>

国はその半導体で何をしようというのだろうか? まあ、いい。今、僕たちの目の前にはその国が目指す10分の1以下の性能のAIチップを搭載したスマホがあるのだから。それは例えばファーウェイの「Mate 10 Pro」だったり、Qualcommの新チップの「Snapdragon 845」だったりする。
メルカリが語学・習い事などの個人スキルのマッチングサービス「teacha」(ティーチャ)を来春提供へ
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
フリマアプリ「メルカリ」を手掛けるメルカリは12日、姉妹アプリとして「teacha(ティーチャ)」と名付けたサービスを2018年春をめどに提供開始すると発表した。このサービスは、「教えたい方」と「学びたい方」を繋げる個人スキル/知識のマッチングサービス。サービスの運営自体はメルカリのグループ企業であるソウゾウが担当する。


正式提供は来春だが、同社は12日にティザーサイトを公開し、「教えたい方」「学びたい方」の事前登録の受付、パートナー企業・地方自治体の募集を開始している。関心がある方はチェックしてみよう。
DMMモバイルのかけ放題オプションが初月無料に!キャンペーン開始!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
DMM.comは12日、NTTドコモの回線網を使って提供中の格安のモバイル通信サービス「DMM mobile」(DMMモバイル)において、「10分かけ放題初月無料キャンペーン」を開始したと発表した。


DMMモバイルには現在、国内通話が1回あたり10分間までであれば回数無制限でかけ放題となる有料オプションの「10分かけ放題」(月額850円、税抜)があるが、今回のキャンペーンでは、このオプションが初月無料になる。すなわち850円お得というわけだ。
ソニックなどで知られる中裕司氏がプログラマとしても参加したプロペ新作「レジェンドオブコイン」が配信開始!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
プロペは12日、AndroidおよびiOS向けの新作アプリ「レジェンドオブコイン」をリリースした。プロペはかつてセガに在籍し、ソニックチームを率いて「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」シリーズや「ファンタシースターオンライン」などの有力タイトルを手掛けた中裕司氏がセガのクリエイター独立支援制度によって立ち上げたゲームメーカー。


スマートフォン向けにシンプルながら質の高いアプリを何作も手掛けてきたプロペだが、これまではヘビーゲーマー向けのタイトルはなく、カジュアルゲームやそれに近い作品ばかりだった。今回も複雑なゲームというわけではなさそうだが、比較的ゲーマー向けのビジュアルをしているので期待が持てる。
世界トップの時計販売数を誇るFossilからスマートウォッチ「Misfit Vapor」登場!日本市場で25800円で発売!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
世界一の時計販売数を誇るFossil Group, Inc.は8日、日本市場でスマートウォッチ「Vapor(ヴェイパー)」を発売した。希望小売価格は25,800円(税抜)で、OSはAndroid Wear 2.0。

<▲図:Misfit Vapor>

Fossilといえば、現在はスマートウェアラブル製品ブランドの「Misfit(ミスフィット)」を傘下に抱え、Misfitブランドで複数のウェアラブル製品を展開している。VaporもMisfitブランドの新製品となるが、今回はウォッチタイプ。心拍数を測ることができる心拍センサーを搭載し、Android Wearによってスマートフォンとの連携やアプリ追加による拡張機能も利用できる。
日テレが24時間ニュースを視聴できるアプリ「日テレニュース24」を提供開始
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
日本テレビ放送網(以下、日テレ)は11日、AndroidとiOS向けに2つのアプリをリリースしたことを明らかにした。一つは「日テレニュース24」、もう一つは「日テレアプリ」。日テレは今回のアプリの提供を記念し、これらのアプリのいずれかをダウンロード/インストールした方に抽選で110名にカニのセットか5万円相当の旅行券をプレゼントするキャンペーンも開始している。

<▲図:「日テレニュース24」アプリについて>

まずは「日テレニュース24」から紹介したい。日テレでは、今年の4月からWebサイト上でニュース番組を24時間視聴できるニュース専門チャンネル「日テレNEWS24」を提供している。このサイトはこちらのページで、Webブラウザを使ってアクセスするだけで視聴可能だ。
携帯電話に変形するトランスフォーマー「INFOBAR OPTIMUS PRIME」が12月16日より数量限定販売開始!
  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIとタカラトミーは11日、今年の2月1日から3月30日にクラウドファンディングを使って販売した携帯電話型変形玩具「INFOBAR OPTIMUS PRIME(NISHIKIGOI)」の一部仕様を変更した数量限定モデルを16日よりau WALLET Market、au Online Shop、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」、全国14店舗の「サイバトロンサテライト」において販売すると発表した。


数量限定モデルではBluetooth機能がカットされ、代わりにオリジナルロゴ入りのスマホスタンドが同梱される。
 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑