【EXPANSYS SIMフリー情報局】第46回:Moto 360をご紹介! Android Wear搭載スマートウォッチ初の文字盤にクラシカルな円形デザイン採用

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
今年も、米国時間9月9日にiPhoneの新製品が発表され、19日から米国、日本、香港を含む各国でiPhone 6とiPhone 6 Plusが販売開始された。このAppleのイベントで、今年はスマートウォッチを発表するということで長い間待たされていたAppleファンの方も多いのではないだろうか? 結局9月9日発表時点での情報は、Appleが2015年初頭に確実にApple Watchというスマートウォッチを発売してくるという事実だけだが、スマートウォッチの前哨戦は9月9日にピークを迎えるとあって、そのあとの数か月でAppleに屈服してしまいたくない各社は、このところ積極的に製品を発表してきた。

Motorola Moto 360

直近にこの戦いに挑んできたのが、Appleと同様の数少ないMade in USAを誇るMotorolaのAndroid Wear搭載製品「Motorola Moto 360」だ。Moto 360は、これまでの四角いスマートウォッチとは違い、円形の文字盤を採用し、スチールとレザーの高級感あるデザインが特徴のクラシカルな時計の存在感を存分に醸し出している製品だ。


■Moto 360

Moto 360で最も特徴的なのはその本体形状。

丸いディスプレイは普通の時計と変わらない。スマートウォッチをデジタルガジェットではなく、あくまでも毎日身に着ける時計としてこの形状は考えられている。

丸い形状をしているので、一見すると普通の時計のようなデザインだ


本体部分はIP67の防水防塵対応で、ディスプレイにはゴリラガラスを採用し、強度も確保し、時計として毎日使うということを十分に考えた設計になっている。また、Moto 360はワイヤレス充電の「Qi」規格に対応するので、充電の際は、ケーブルを接続することなく、付属のクレードルの上に載せるだけでいい。なお、Moto 360の電池の持ちは1-2日とのこと。



ワイヤレス充電に対応しているため、充電は手軽に行える

Moto 360の操作は画面をタッチする他、音声入力にも対応している。

この点は、他のAndroid Wear搭載スマートウォッチとすべて同じだ。Moto 360は、すべてを時計表示するのではなく、機能によってはMoto 360に指示を出すとその答えがスマートフォン側に表示される。音声による指示はいちいちスマートフォンで文字入力をしなくてもいいので便利だ。

現在入荷中のモデルはレザーバンドだ。

普段腕時計をしていなかった人でも、はめてみると違和感は感じにくいかもしれない。重量も約49gと軽量なので腕にはめていることを忘れてしまいそうだ。なお、時計部分のサイズは直径が約46mm、厚みは最大で11.5mm。

Moto 360の背面(腕に接する面)には光学式の心拍センサーが搭載されている。ただ、同じように心拍センサーを搭載していても、Moto 360ではサムスン電子製のスマートウォッチとは異なる技術、異なるソフトウェアを採用している。丸い形状の美しい文字盤には、心拍数だけでなく、心拍数から推定されたアクティビティの激しさも表示される。ちなみに、このアプリは、30分間の適度な運動を目標として、1週間内にそうした運動をあと何日行えばよいかも教えてくれるようになっている。

製品の詳細は下記リンク先より。

Motorola Moto 360


■毎月のスマホ代を節約できるSIMカードがEXPANSYSに登場

EXPANSYSでは、高速モバイル通信サービスを始めるためのSIMカードのパッケージ製品「IIJmioウェルカムパック」と「IIJmio音声通話パック」の販売を開始したのでウェブサイトをチェックしてみてほしい。現在は各商品、通常3,000円のところ2,500円に値下げ中だ。

EXPANSYSで販売中のIIJmioのSIMカードは、欲しい機能だけを好みに合わせてセレクトできるプランを用意しているため、この機会に毎月のスマホ代やインターネット料金の節約を見直してみてほしい。

左から順に音声通話パック、データ通信パック、データ通信パックSMS機能付


EXPANSYSで取り扱っている製品は以下の7タイプ。
  • IIJmioデータ通信パック (mini-SIM)
  • IIJmioデータ通信パック (micro-SIM)
  • IIJmioデータ通信パック (nano-SIM)
  • IIJmioデータ通信パック SMS機能付き (mini-SIM)
  • IIJmioデータ通信パック SMS機能付き (micro-SIM)
  • IIJmioデータ通信パック SMS機能付き (nano-SIM)
  • IIJmio音声通話パック


IIJmioウェルカムパック、IIJmio音声通話パックに関する詳細ページはこちらより


記事執筆者プロフィール
EXPANSYS
ウェブサイト、Twitter:@EXPANSYSJapan
Facebook:EXPANSYS Japan

EXPANSYSは、1998年に創業。SIMフリーのスマートフォン/タブレット、アクセサリを販売するオンラインショッピングサイトを運営する世界的なリーディングカンパニーです。現在では120を越える国々へ商品の発送を行っています。(50か国/地域のサイトで販売を行っており、12のパートナー会社で200を越えるサイト運営をしています。その数は今も尚増え続けています。)本社はイギリスで、EXPANSYS PLCは、ロンドン市場(AIM)に上場しています。コラムは香港よりEXPANSYS Japanの日本人スタッフがお届けしています!

週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑