ドコモ、夏モデルを発表。スマホ8機種、タブレット2機種、ケータイ2機種。Xperia Z4とA4、ARROWS、AQUOS、ディズニー新モデルなど。ケータイはAndroid搭載でLINEアプリも

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は13日、都内で新サービス・新商品発表会を開催し、今夏商戦向けの新モデルを発表した。夏モデルは計12機種だが、この中には4月23日発売済みのスマートフォン「Galaxy S6」及び「Galaxy S6 edge」も含まれるので、実際に新発表された機種は10機種となる。


夏モデルのスマートフォン、タブレット、ケータイのラインナップ、発売時期は下記の通り。発売に先立ち、すでにドコモショップ、ドコモオンラインショップでの事前予約の受付も始まっている。

<スマートフォン>

<タブレット>

<ドコモ ケータイ(フィーチャーフォン)>

また、「らくらくスマートフォン3 F-06F」の新色「エアーブルー」も8月上旬に発売となる。

各機種の紹介は後ほど、実機の写真をまじえて別記事で行いたいので、そちらを参照してほしいが(※公開したものは記事末尾にリンクを随時追加)、今回はドコモ ケータイもAndroidを搭載している。ただし、スマートフォンとは違い、あくまでもベースがAndroidというだけで、従来ケータイと同様の操作性となっている。とはいえ、「LINE」アプリをインストールするなどの特徴もある。しかし、「おサイフケータイ」非対応など、注意すべき点もある。

左:F-05G、右:SH-06G

スマートフォンについては、Xperia A4は約4.6インチのディスプレイを搭載した、比較的コンパクトなモデル。Xperia Z4ほどの大画面が不要とか、大きなサイズのスマートフォンは持ちにくい、という方にはいいはずだ。

左:Xperia A4(エースフォー)、右:Xperia Z4

また、ARROWS NXは世界初となる虹彩認証機能を搭載したスマートフォンとなる。

ARROWS NX

AQUOSシリーズはフラッグシップのAQUOS ZETAと、低価格モデルのAQUOS EVERを用意。そしてディズニーモバイルの新モデルだ。ソフトバンク側のディズニーモバイルは新製品の投入が終わってしまったので、ドコモ版は貴重な存在。

左:AQUOS ZETA、右:AQUOS EVER

Disney Mobile新モデル (C)Disney.

Galaxy S6シリーズについては既にレビュー記事を用意しているので、そちらを参照してほしい。
Galaxy S6レビュー記事
Galaxy S6 edgeレビュー記事

タブレットは10.1インチのXperia Z4 Tabletと7インチのAQUOS PADの2機種だ。

左:Xperia Z4 Tablet、右:AQUOS PAD

【情報元、参考リンク】
実機レポート:Galaxy S6
実機レポート:Galaxy S6 edge
実機レポート:ARROWS NX F-04G
実機レポート:AQUOS EVER SH-04G
実機レポート:AQUOS ZETA SH-03G
実機レポート:AQUOS ケータイ SH-06G
実機レポート:ARROWS ケータイ F-05G
実機レポート:Xperia Z4 SO-03G
実機レポート:Xperia A4 SO-04G
実機レポート:Xperia Z4 Tablet SO-05G
実機レポート:AQUOS PAD SH-05G
実機レポート:Disney Mobile on docomo DM-01G
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑