アニメ、漫画、ゲーム、アイドルグッズ等に特化したフリマ・アプリ「otamart」が3月上旬登場へ。特典付き事前登録は既に開始!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
「jigbrowser」や「jigtwi」など、モバイル向けに各種アプリケーション/サービスを提供するjig.jpは12日、アニメやマンガ、ゲーム、アイドルグッズなどの商品に特化した個人間取引サービス(以下、フリマと表記)ができるアプリ「otamart(オタマート)」を3月上旬にリリースすると発表した。

otamartのアプリのイメージ画面

リリースに先立ち、12日より事前登録キャンペーンが開始されている。事前登録をすると、「レンタルマギカ」「スカーレッドライダーゼクス」「UN-GO」などのキャラクターデザインで知られる人気イラストレーター、pako氏描き下ろしのイメージキャラクター「小田まこ」のオリジナル待受画像が貰えるほか、ユーザー登録の先着200名(Android、iOS各100名)にはアプリ内での決済に使えるポイントが100ポイント付与される。

さらに、オタマートの公式Twitterアカウント「@otamart」をフォローし、Twitterでツイートするとpako氏直筆のサイン色紙やキャラクター缶バッジが抽選で貰える。

缶バッジのイメージ

先ほどからpako氏のキャラクターの話を紹介しているが、今回サービスが始まるオタマートでは、アプリのイメージキャラクターが用意され、そのキャラクター「小田まこ」はpako氏のデザインとなっている。

「小田まこ」について

オタマートは、アニメ、マンガ、ゲーム、アイドルグッズなどを専門に扱うフリマで、カテゴリ別表示や細かいタグ付け、キーワード検索など、欲しい商品を見つけやすい仕組みをしっかりと導入している。出品もスマートフォンのカメラを使って手軽にできるようになっている。

また、商品代金の決済については、落札者が商品の代金を支払後、商品を受け取るまでは代金が出品者に渡らないようになっているため、代金を支払ったのに商品が届かずお金も戻ってこないというようなトラブルには遭わないよう配慮されている。

オタマートはまずはiOS版からリリースされ、その後Android版が配信される予定。

【情報元、参考リンク】
オタマートAndroidアプリ
オタマート公式Twitterアカウント
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑