MIS、モバイルバッテリー特化型の無停電電源装置「PowerUPS」を発売。16台の同時充電可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
リチウム電池事業に特化したベンチャーのMISは24日、企業や自治体等向けにモバイルバッテリー特化型のUPS(無停電電源装置)「PowerUPS」の販売を25日より開始すると発表した。


この製品は、基本的には専用のモバイルバッテリー「PowerShuttle」向けのUPSで、16個の出力と収納スロットが設けられ、PowerShuttleを16個同時に充電することが可能となっている(8個バージョンの製品もある)。また、USB出力端子も備えている。

PowerShuttleは市販のモバイルバッテリーと同種の製品で、スマートフォンやタブレット等を充電することができるもので、USB出力が2つあるので、同時に2台のスマートフォン等を充電できる。

PowerUPSは合計で16個のモバイルバッテリーを充電できることからも分かるように、個人向けではなく企業や自治体などに向けた製品だ。

例えば「ポケモン GO」などの人気アプリのプレーヤーが多く集まるスポットでモバイルバッテリーを提供する事業者が採用したり、カフェ、カラオケ、レストラン等で同じくモバイルバッテリーを提供する場合などに採用することが考えられる。自治体に関しても、災害発生時などにモバイルバッテリーを提供するために導入することが想定される。

ハードウェアの仕様は次の通りだ。

まず、PowerUPSは1KWhのリチウムイオン電池を搭載し、この容量によってPowerShuttleを90回フル充電できる。本体のサイズは約400×217×450mmで、重さは約24kg(PowerShuttle 16個を含む)。

PowerShuttleは3,000mAh(3.7V)のリチウムポリマー電池を搭載するモバイルバッテリーで、サイズは約70×120×10mmで、重さは約120g。出力は最大で5V 3.1A(2端子合計)。

<▲図:仕様表>

【情報元、参考リンク】
PowerUPS製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑