【端末レビュー】エントリー向けのSIMフリースマートフォン「HTC Desire 626」のパッケージや付属品等をチェック!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
HTC製SIMフリーAndroidスマートフォン「HTC Desire 626」の端末レビューを以前お届けしたが、今回はパッケージや付属品等を紹介しておきたい。公開の順序が逆になってしまっているが、端末の機能や性能、感想といった内容のレビューは前回の記事を参照してほしい。

HTC Desire 626のパッケージ


<パッケージと付属品>

まずはパッケージだが、同時にリリースされたハイエンドSIMフリースマートフォン「HTC Desire EYE」と比べるとやや簡素な感じがしないでもないが、端末のプリントが箱の蓋に直接されているか、帯の紙にされているかくらいの違いで、あまり変わらない。十分オシャレだろう。紙の包みを外すと弁当箱スタイルになっていて、蓋を開けるとHTC Desire 626がトレーに乗って収まっている。

HTC Desire 626のパッケージの裏。

こちらはHTC Desire EYEのパッケージ。帯なし。

トレーを外すとイヤホン(HS 250)、USBケーブル、ACアダプタ(TC U250)、マニュアル類が入っている。

HTC Desire 626のパッケージの内容。

実はイヤホン、ACアダプタ、USBケーブルはHTC Desire EYEと共通。ACアダプタの出力は5.0V/1.0Aで、イヤホンは型番が「HS 250」という製品だ。

ACアダプタとUSBケーブル。HTC Desire EYEに同梱されるものと同じ。

5V/1A出力。


イヤホンにはマイク付きのリモコンが搭載されていて、音声通話もできるようになっている。音量を調整するボリュームまでは付いていないが、ボタンを使って電話の着信応答や音楽の再生/停止といった操作を行うことができる。

イヤホン。型番はHS 250。こちらもHTC Desire EYE同梱ヒント同じ。

リモコンにはマイクとボタンが搭載されている。
ボタンでは電話の着信応答や音楽の再生/停止などが操作できる。

ケーブルはフラットで絡まりにくい。

イヤホンはカナル型ではなくインナーイヤー型。イヤーチップなしでそのまま耳にはめ込むタイプで、開放型のイヤホンだ。

イヤホンはカナル型ではなくインナーイヤー型。

全体的に篭った感じの音質だが、スマートフォンに付属するイヤホンとしては標準的なグレードだと思う。慣れれば特に気にならないだろう。また、HTC Desire 626のオーディオ端子からの出力サウンドの品質は悪くないので、もっと高価なイヤホンを使えば、かなり良い音で音楽を楽しむこともできるだろう。

マニュアル類も特筆すべきことはないが、対応する周波数帯が書かれているので、利用する格安SIM/通信サービスを選択する際の参考になると思う。

HTC Desire 626本体

HTC Desire 626の詳しいレビューは下記リンク先の記事を参照してほしい。
HTC Desire 626レビュー記事

関連記事は下記。

下はAmazon.co.jpでの商品リンク。

 

【情報元、参考リンク】
HTC公式通販サイト「HTC e-Shop」
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑