ソフトバンク、海上保安庁と「災害協定」を締結。人命救助活動などに必要な通信手段を提供

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクモバイルは25日、大規模災害発生時に早期に通信環境を復旧することを目的として、通信事業者として初めて海上保安庁と「災害時における通信の確保のための相互協力に関する協定」(以下、「災害協定」)を締結したと発表した。

この協定を通じて、ソフトバンクモバイルとしては、海上保安庁が行う人命救助活動などに必要な通信手段として、衛星携帯電話やソフトバンク携帯電話などの通信機器を提供する。

一方、海上保安庁は、災害時に被災地における通信の復旧作業をソフトバンクモバイルが行う際にサポートする。具体的には、ソフトバンクモバイルが離島などへ衛星携帯電話や充電器などの被災者支援物資を緊急搬送する際などに海上保安庁が協力する。

さらに、両者は今後、スムースな連携が取れるように、大規模災害の発生時に備えた合同訓練を実施し、災害対策に取り組んでいくということだ。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクモバイル/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑