Google、Androidアプリの50MB容量制限を緩和。最大2GBの拡張ファイルを2つ確保可能になり、合計4GBへ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
拡張ファイルダウンロードの流れ
米Googleは5日(現地時間)、Android(アンドロイド)アプリの容量制限を緩和すると発表した。従来は一つのアプリの容量は最大50MBまでとされてきたが、実質4GBにまで拡大される。

実質と記した理由は、アプリ本体であるapkファイルに関しては最大50MBで据え置きだからだ。では、どのようにして4GBまで拡張されるかといえば、各アプリは拡張ファイルを2つ持てるからだ。そして、この拡張ファイルの最大容量がそれぞれ2GBになっている。

さらに、アプリのデベロッパー/パブリッシャーにとって喜ばしいことは、各2GBまでの拡張ファイルに関してもAndroid Marketのサーバーに置き、配信できることだ。デベロッパー/パブリッシャが自前で拡張ファイル用のサーバーを用意する必要がない。これは、大容量のデータを必要とする可能性の高い、高品質なグラフィックを有するゲームアプリのデベロッパーにとっては大きな魅力の一つとなるはずだ。

また、アプリを利用するユーザー側の話としては、そのアプリの合計容量を確認することはもちろん可能だ。

なお、拡張ファイルのダウンロードのタイミングは利用する端末によって異なる。新しい端末では、Android Marketからアプリをダウンロードしたときに、拡張ファイルも自動的にダウンロードされる。しかし、古い端末の場合は、アプリの初回起動時に拡張ファイルをダウンロードする。

ちなみにAndroid Marketで配信されている有料アプリには15分間までの返品期間が用意されている。通常、アプリの購入後、15分以内であれば返品可能だ。しかし、今回導入された最大4GBの拡張ファイルを利用するアプリの場合、購入後、全てのファイルをダウンロードするまでに15分以上が経過してしまう可能性がある。そうなると返品できるのだろうか? 大丈夫だ。返品期間の始点はこの拡張ファイルのダウンロード完了時となる。すなわち、拡張ファイルのダウンロードが済む前に返品期限が来るようなことはないので安心してほしい。

【情報元、参考リンク】
Android Developers Blog/Android Apps Break the 50MB Barrier
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑