Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

「Xiaomi 13T」が12月8日にauとUQ mobileで発売!

シャオミ・ジャパン(Xiaomi Japan)は8日にAndroidスマートフォン「Xiaomi 13T」を発売する。Xiaomi 13Tにはよりスペックの高い「Xiaomi 13T Pro」もあり、同日販売開始となるが、取扱いチャネルが異なる。

auとUQ mobileから「Xiaomi 13T」が発売
<▲画像:auとUQ mobileから「Xiaomi 13T」が発売>

Xiaomi 13TはauとUQ mobileが取り扱い、Xiaomi 13T Proはソフトバンク、IIJmio、イオンモバイルといった通信キャリアや格安SIMの他、家電量販店等で幅広く販売される。

Xiaomi 13T Proの詳細はこちらの記事を参照して欲しい。本記事ではXiaomi 13Tについて見ていきたい。


Xiaomi 13Tについて

Xiaomi 13Tの特徴とスペック

Xiaomi 13TはXiaomi 13Tシリーズの一つ。もう一つはXiaomi 13T Pro。どちらも6.7インチ、2,712 x 1,220ドットの有機ELディスプレイを搭載するハイエンドスマートフォンだが、基本的なスペックはXiaomi 13T Proの方が高い。

Xiaomi 13Tのディスプレイは6.7インチ、リフレッシュレート144Hz対応の有機EL
<▲画像:Xiaomi 13Tのディスプレイは6.7インチ、リフレッシュレート144Hz対応の有機EL>

具体的にはCPU、メモリ、急速充電対応などが異なる。

CPUはXiaomi 13T ProがMediaTek Dimensity 9200+なのに対してXiaomi 13TはDimensity 8200-Ultra、メモリはXiaomi 13T Proが12GBで、Xiaomi 13Tは8GB。ストレージ容量はどちらも256GB。

そしてバッテリー容量はどちらも5,000mAhだが、急速充電への対応はXiaomi 13T Proが最大120Wなのに対してXiaomi 13Tは67W。

とはいえ、大きな違いはその程度で、スペックの高いスマホという点ではXiaomi 13Tも同じ。

Xiaomi 13Tもハイパフォーマンスのスマートフォンで、Dimensity 8200-Ultraも高性能なため冷却対策も高度に施されている。冷却効率の高い大型のベイパーチャンバーを搭載する。

また、カメラはリアに高画質、光学望遠、超広角の組み合わせのトリプルカメラを搭載し、フロントには約2,000万画素のシングルカメラを搭載している。

リアカメラは約5,000万画素で1/1.28インチの大型イメージセンサーのメインカメラ、光学2倍ズーム対応の約5,000万画素の望遠カメラ、約1,200万画素の超広角カメラで構成されている。

リアにはトリプルカメラを搭載
<▲画像:リアにはトリプルカメラを搭載>

メインカメラには光学式手ブレ補正も搭載されていて、暗所でも綺麗に撮影できる。

また、人物や動物など動く被写体に自動追尾するモーショントラッキングフォーカス機能などもある。この辺りのカメラ仕様もXiaomi 13T Proと同様。

なお、メモリは8GBだが、ストレージ容量の一部を仮想メモリとして使える機能が搭載されているので、合計最大13GBにまでできる。ただし、物理メモリと仮想メモリとでは速度が異なる。とはいえ、物理メモリ自体8GBあるので、パフォーマンス面で問題が生じるシーンはほとんどないだろう。

バッテリーの容量は前述したように5,000mAhで、急速充電は最大67Wにまで対応している。Xiaomi 13T Proは120W対応だが、67Wでもスマホのほとんどの機種と比べて圧倒的に高出力での充電となるので、非常に短時間で充電できる。具体的にはバッテリー残量が1%から50%にするのに約15分といった具合。

ただし、120W対応の急速充電器が標準で付属するXiaomi 13T Proと違い、67W対応充電器は付属しないので、その点は注意したい。67W対応充電器「67W Xiaomi ターボチャージ対応急速充電器・ケーブルセット」は別売り。

その他の仕様としては、防水・防塵対応、おサイフケータイ対応など、基本的に日本で使う上で必要な便利機能は一通りサポートしている。

また、環境対応としてカラーが「アルパインブルー」のモデルではオーガニックシリコン、植物由来の素材、再生PETを主原料とした、手触りの良いヴィーガンレザーの背面デザインを採用している。

「Xiaomi 13T」のカラーは3色。左から順に「アルパインブルー」「メドウグリーン」「ブラック」
<▲画像:「Xiaomi 13T」のカラーは3色。左から順に「アルパインブルー」「メドウグリーン」「ブラック」>

カラーバリエーションはアルパインブルーの他は、「メドウグリーン」と「ブラック」の計3色。

「Xiaomi 13T」の基本スペック
<▲画像:「Xiaomi 13T」の基本スペック>

Xiaomi 13Tのパッケージ内容は、Xiaomi 13T本体の他、クイックスタートガイド、画面保護シート(試供品)、ソフトケース(試供品)、SIM取り出し用ピン(試供品)となっている。


Xiaomi 13Tの販売チャネル

Xiaomi 13T Proは通信キャリア、格安SIM、量販店と幅広い販売チャネルで発売される一方、Xiaomi 13TはauとUQ mobile限定。発売日は12月8日。


●通信キャリア

●サブブランド/格安SIM


Xiaomi 13Tのキャンペーン

Xiaomi 13T発売記念キャンペーンが12月8日から2024年1月31日までに購入した場合を対象として実施される。

キャンペーン対象の購入期間中にXiaomi 13Tを実際に購入した上で、2024年2月11日23時59分までにキャンペーンへの応募を行うことで、現金8,000円のキャッシュバックを受けられる。

さらにスマートTV「Xiaomi TV A Pro」を購入して応募した方のうち先着10,000名に現金最大8,000円をキャッシュバックという特典もある。
キャンペーンサイトは下記のリンク先。
Xiaomi 13Tのキャンペーンサイト


情報元、参考リンク
Xiaomi 13T公式製品ページ
au Online Shop
UQ mobileオンラインショップ

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件