KDDI、1月以降提供予定の「データMAX 5G ALL STARパック(P)」含め、各料金プランを見直し中と発表

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは26日、3月より「使い放題MAX 5G」を提供開始することに伴い、1月以降に提供予定としていた「データMAX 5G ALL STARパック(P)」を含めた各料金プランの見直しを行っていることを明らかにした。
<▲図:2021年1月26日時点での「データMAX 5G ALL STARパック(P)」紹介ページより。今後内容が見直される予定>

各料金プランの見直した結果詳細は準備が整い次第、改めて案内されるという。

昨年NTTドコモ(以下、ドコモ)が月間データ量20GBで月額2,980円の新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表してからというもの、携帯電話業界では全体的な値下げの動きが本格化し、データ量上限のないプランも値下げの流れになっていて、KDDIもauにおいて、月間20GBの「povo(ポヴォ)」、そしてデータ量使い放題の「使い放題MAX 5G/4G」を発表。

「データ使い放題MAX 5G/4G」は、各種割引適用前の料金が月額6,580円。「家族割プラス」「auスマートバリュー」「au PAYカード お支払い割」を最大限適用すると月額4,480円に抑えられる。加えて、使用データ量が3GB以下の月は1,500円引きとなる。

povo、そして「データ使い放題MAX 5G/4G」が登場することによって既存プランの料金のバランスが崩れることで全体的な見直しは必須。実際、KDDIも見直す予定だとすでに発表会で明かしていた。しかし、今回改めて一般告知を行った。

1月以降提供予定の「データMAX 5G ALL STARパック(P)」は「Netflix」「Apple Music」「YouTube Premium」「TELASA」「Amazonプライム」の利用料金が込みで、データ量使い放題というプランだが、もはや「使い放題MAX 5G」と比べた利点に欠ける状態と化している。このプランだけをとっても料金の見直しが必要、実際には見直しというか値下げが必要な状況となっており、それは他の既存プランでも同様だ。

今後、povo、「使い放題MAX 5G/4G」に続く、auの料金プランの全体的な刷新となるはずで、詳細発表が待たれる。

【情報元、参考リンク】
au/「データMAX 5G ALL STARパック(P)」紹介ページ
au Online Shop
【Comments】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑