ドコモメールアプリでスタンプデコメなどを購入できるストアが閉鎖へ。購入コンテンツのmicroSDカードへの保存方法も紹介

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は11日、「ドコモメールアプリ」内で運営中の「ドコモメールストア」を2019年1月15日で閉鎖し、提供終了することを明らかにした。ドコモメールストアでは、「スタンプデコメ」や「きせかえテーマ」などを購入できる。


注意したいのはストア閉鎖後は再ダウンロードができなくなってしまう点だ。そのため、購入したコンテンツはmicroSDカードに保存するなどしてバックアップしておく必要がある。バックアップさえしておけば、万一今使っているスマートフォンが壊れたり、機種変更しても再び使うことができる。

スマートフォンを初期化したり機種変更した場合、スタンプデコメなどのコンテンツはユーザー自身でバックアップ・復元させないと使えなくなってしまう。もちろん2019年1月15日までであれば再ダウンロードできるが、それ以降はダウンロードできなくなってしまう。

スタンプデコメなどのデータのバックアップと復元は簡単だ。

ドコモメールストアで購入したスタンプデコメは標準状態では内蔵ストレージの「decome」フォルダ内に保存されるようになっているので、この「decome」フォルダをmicroSDカードにコピーしたり、パソコンに退避させておいたり、「Googleドライブ」にアップロードしておいたりと、何らかの形でバックアップしておけばいい。

機種変更した場合は、保管しておいた「decome」フォルダのデータをそのまま新しいスマートフォンにコピーすればいい。

ちなみに「きせかえテーマ」のデータは「theme」というフォルダに保存されているので、そのフォルダごとコピーして保管しておけばいい。「decome」フォルダと同様、「theme」フォルダも新しい機種の内蔵ストレージにコピーすれば、再び使えるようになる。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/「ドコモメールストア」のサービス終了について
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑