Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

家計に優しい第二弾「イオンスマホ」が全国のイオン、ミニストップで7月4日に発売へ。月額1980円

イオンとビッグローグは30日、協業によって全国の総合スーパー「イオン」を中心とした447店舗において、格安スマートフォン第二弾「イオンスマホ」を発売すると発表した。予約開始日は7月1日で、発売日は7月4日。

第二弾イオンスマホの特徴

販売店舗はイオンのほか、コンビニエンスストアの「ミニストップ」など、計447店舗だが、ミニストップなど一部店舗では発売日が異なる場合がある。ミニストップの販売対象店舗は51店舗なので、取扱い店舗が当初は少ない点にも注意が必要だ。

また、ミニストップなど一部の店舗では端末代金が一括払いのみでの扱いとなるので、その点にも注意してほしい。

イオンのスマートフォンは4月に8,000台限定で第一弾が提供開始となったが、第一弾は端末こそ「Nexus 4」と魅力あるモデルだったが、通信速度が最大200kbpsと限られていた点がネックの一つだった。今回は通信速度が最大14Mbpsのサービスとなり、第一弾との大きな違いとなっている。

第二弾イオンスマホで提供される端末はgeaneeの「FXC-5A」で、端末代は月額630円の24回払いで、通話・通信代は通信サービス「BIGLOBE LTE・3G 音声通話スタートプラン」が月額1,350円なので、あわせて月額1,980円(税込:2,138円)となる。

この「BIGLOBE LTE・3G 音声通話スタートプラン」では、2年以内に解約しても契約解除料が発生しないので、その点は気楽だ。

データ通信は3Gのみで、下り最大14Mbpsで、月々1GBのデータ通信を使い切ったときは月末まで128kbpsに速度が制限される。

FXC-5AはAndroid 4.4を採用したスマートフォンで、ディスプレイは約5インチ。

なお、NTTドコモやKDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどからのMNPでの契約も可能なので、現在他社で使用中の番号を継続利用することもできる。

【情報元、参考リンク】
ビッグローブ/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件