Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

FOMAに加えXiに対応した日本通信のSIMカード製品b-mobile 3G・4GにU300、Fair、1GB定額の3製品が登場

日本通信は18日、3G回線に加えてLTE回線に対応したSIMカード製品「b-mobile 3G・4G U300」と「b-mobile 3G・4G Fair」「b-mobile 3G・4G 1GB定額」を販売開始したと発表した。


NTTドコモ(以下、ドコモ)の通信網を利用し、MVNO(仮想移動体通信事業者)として通信サービス「b-mobile」を展開する日本通信だが、今回、3G回線、すなわちドコモのFOMA回線網とLTE規格の通信サービス「Xi(クロッシィ)」の回線網に対応した「b-mobile 3G・4G」に3つの新製品を追加した。

3つの製品「U300」と「Fair」「1GB定額」は、SIMカードを挿入して利用する端末でのデータ通信の利用頻度や用途によって選択する。

最も安価な製品は「U300」で2,980円からとなる。「U300」は、通信速度が上下とも300kbps固定となるが、「Turbo Charge」と呼ばれる機能を利用すれば100MBのデータ通信量あたり525円で高速通信を利用することができる。

必要なときだけ高速通信を利用し、それ以外のときは300kbpsで問題がない、という場合には「U300」が最適になる。

次に「Fair」だが、これは120日間の利用期間設定がされる製品で、その間、1GBのデータ通信量まで利用できる。価格は9,800円で、チャージする場合の料金は8,350円。月々のデータ通信料が平均的に250MB以下であれば、この製品が適する。

最後に「1GB定額」について。このパッケージの価格は3,480円で、利用可能期間は30日間。チャージ料金は3,100円だ。30日間で1GBまでのデータ通信が定額で利用できる製品になる。

【情報元、参考リンク】
日本通信/3G・4Gデータ通信SIM製品ラインナップ
日本通信/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件