ドコモ、Popteenとのコラボによる女子向けスマートフォン「F-03D Girls’」を20日に発売へ。予約は13日から開始

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモは13日、富士通製Android(アンドロイド)スマートフォン「F-03D Girls'」を20日より販売開始すると発表した。事前予約は13日から全国のドコモショップで受付開始する。ただし、予約に関しては店舗によって受付可能台数が異なるので、その点には注意したい。各自、最寄りの店舗などで直接確認してほしい。


F-03D Girls'は、10代女子に人気の雑誌「Popteen」とのコラボレーションによって生まれたスマートフォンで、ベースとなっているのはNTTドコモ向けの「ARROWS Kiss F-03D」。しかし、外観デザイン、中身のメニューなどのUI、プリインストールアプリなど、様々な面で女子向け仕様に変更されている。

端末の前面を見ても、ホームボタンにはリボンをモチーフにしたデザインを採用し、上部にはハートマーク、背面のカメラ部分にもレースをモチーフにした模様やハートマークが配されている。さらに、華やかなイルミネーションが端末を彩る。背面も光るイルミネーションは色やパターンが複数用意され、ユーザーが選択することもできる。

また、カラーラインナップは「ガチピンク」1色の展開だが、これは実際に「Popteen」のモデルから最も多くの支持を得たカラーになる。

手軽に自分撮りできる前面サブカメラの有効画素数は約130万画素で、専用のタッチペンを使って簡単に写真を加工できる「らきがき盛りフォト」アプリがプリインストールされる。目を大きくしたり、小顔に修正したり、写真上の加工でメイクをすることもできる。

そして「デジタルプリ帳」を使えば、撮影した盛り画像をカンタンに管理することもできる。

その上、女子ならではのカメラの使い方として、サブカメラをミラー代わりに使える「ガチ鏡」でいつでも自分の顔をチェックできることも便利だろう。

他にも「メイク・ファッション・ネイルアプリ」、デコメ系のアプリなどをプリインストールし、買ってすぐに女子向けの様々な機能を使うことが可能となっている。

ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、電子辞書も備え、防水性能も持つ。

さらに、ケーブル要らずで充電できる「おくだけ充電」に対応する。充電台に端末を置くだけで充電できるので、ケーブルの付け外しの手間が掛からずラクだ。

Androidスマートフォンとしての主な仕様はOSがAndroid 2.3、プロセッサは米Qualcomm製Snapdragon MSM8255(1.4GHz駆動)、ディスプレイは3.7インチ液晶で解像度は480×800、カメラは背面に約810万画素と前面に約130万画素の2基構成、内蔵メモリは512MB RAM、ROMが1GBとなっている。

ハードウェア仕様としては最近のデュアルコアCPU搭載機と比較するとミドルレンジ向けの構成となるが、日常利用には特に問題のないレベルだ。

端末のサイズは約121×59×10.9mm(最厚部:11.4mm)で、重さは約120g。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
富士通/プレスリリース
【Comments】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑