Android OSバージョン分布最新データ発表(2010年8月2日付)。Android 2.1のシェアが約6割へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米Googleが2週間置きの間隔で発表しているAndroid OSのバージョン分布最新データを紹介したい。今回のデータは8月2日の直前2週間で集計されたもの。それによれば、Android 2.1のシェアが59.7%へ続伸。前回から4.2%シェアを拡大している。また、2.2も1.2%数値を増やし4.5%になった。1.6と1.5は今回も数値を下げている。1.6が20.3%、1.5が15.3%だ。今回、大台である60%まであと一歩に迫った2.1だが、おそらく次回は超えてくるだろう。しかし、そろそろピークも近いはずだ。そして今後は2.2がより数値を伸ばしてくるものと考えられる。


ここ1、2ヶ月は2.1が続伸、1.5と1.6がシェアを減らす傾向が変わらず続いていたが、次回以降、少し変化が訪れそうだ。この間に「HTC Desire」と「HTC EVO 4G」へのAndroid 2.2(Froyo)アップデートが開始されたため、2.2が今回以上に数値を伸ばす可能性が高い。ようやく2.2時代が本格的に幕を開けようとしている。

これまでの変化は下のグラフの通り。



【情報元、参考リンク】
Google/Android Platform Versions
7月15日付データの記事
7月1日付データの記事
6月16日付データの記事
6月1日付データの記事
5月17日付データの記事
4月12日付データの記事
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑