【せう先生のスマホ講座】第45回:Android 6.0で何が変わる? 新機能をチェック!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
GAPSISをご覧の皆様、「せう」です。こんにちは。もう6月ですよ。2016年も、もう半分です。以前は長く感じた1年ですが、年々短くなっているような気がします(

<▲図:Android 6.0(Marshmallow)にすると何が変わる?>

それはさておき、前回ご紹介した(こちらの記事)2016年夏モデルは、「Android 6.0(Marshmallow。マシュマロ)」を初期導入しています。また、それ以前のモデルでもAndroid 6.0へのバージョンアップが順次進んでいます。

現在、さらに次のメジャーバージョンとなる「Android N」のベータテストが進んでいますが、Android 6.0が今年いっぱいメインストリームであることには変わりありません。そこで、「Android 5.0/5.1(Lolipop)」からAndroid 6.0になって何が変わるのか、改めて確認してみましょう。

■Now on Tap――Google Nowがより便利に

「Android 4.1(Jelly Bean)」で新機能として搭載された「Google Now」ですが、Android 6.0ではGoogle Now に「Now on Tap」という機能が追加されました。

<▲図:ホームキーを長押しすると出てくる「Now on Tap」 >

これは、表示中の画面に関連する情報をカードとして表示する機能で、ホームキーを長押しするだけで簡単に呼び出せます。最大のメリットは、わざわざGoogle検索のテキストボックスにキーワードを入れずに検索などのアクションを起こせることです。

ただし、Now on Tapは原則としてアプリ側も対応していないと正しく機能しません。とはいえ、筆者が試して見た限り、テキストデータを扱っているアプリであれば、おおむね何らかのカードが出てくるようです。例えば「マンガワン」アプリでもNow on Tapを使うことができます。

とりあえず、Android 6.0の端末を使っている人は、表示中の画面でホームキーを長押ししてみてください。

<▲図:「マンガワン」アプリでもNow on Tapが使える>



■アプリへの権限(パーミッション)付与タイミングを変更――権限の個別設定も可能に

Android 5.1までは、アプリが利用する機能に対する権限(パーミッション)は、そのアプリのインストール時に一括で設定していました。「権限を全部認める→インストール」という流れだったのです。ここでいう「利用する機能」というのは、例えば位置情報だったり写真だったりと、端末内の各種情報です。そのアプリが位置情報を利用していいのかどうか、写真へのアクセスを認めるのかどうか、といった権限を以前は一括で設定していました。

それに対し、Android 6.0では権限の一括許可を求めずにアプリをインストールできるようになりました。このようにしてインストールされたアプリは、権限の1つ1つの許可・不許可を選択可能で、初利用しようとするときにそれを聞かれます。また、一度許可・不許可した権限も、後から変更できます。ある意味で、iOSの権限管理と同じ考え方になったといえます。

<▲図:基本的に権限の初利用時に許可を求めるように>

<▲図:機能単位・アプリ単位で権限を設定可能>

ただし、「できるようになりました」という言葉からも分かる通り、これもアプリ側に対応が求められます。非対応のアプリについては、従来通りインストールの前に利用する全ての権限に対する許可・不許可を選択することになります。



■Dozeモード(電池の最適化)――省電力管理を強化

従来のAndroid端末では、各メーカーが独自実装で省電力モードを搭載していました。例えば、ソニーモバイルコミュニケーションズ(Xperia)なら「STAMINAモード」、シャープ(AQUOS)なら「エコ技」、富士通(arrows)なら「NX!エコ」といった感じです。

しかし、Android 6.0ではOSレベルでの省電力機能として「Dozeモード(電池の最適化)」を搭載しています。従来はメーカーが独自実装していた、スリープ中やバックグラウンドでの通信・処理の抑制をOSがしてくれるようになったのです。

<▲図:OSレベルで省電力モードを強化>

ごく一部のシステムアプリを除き、初期値は「有効」となっています。もしも有効にして不都合な場合は、明示的に無効にすることもできます。

以上3点が、Android 6.0における大きな変更点です。次回のスマホ講座では、次世代のAndroid Nで現状分かっている機能変更についてご紹介します。


記事執筆者プロフィール
せう
ブログ:せうの日記、Twitter:@shoinoue

静岡県三島市で産まれ、静岡県駿東郡長泉町で生まれ育ったアメリカ系日本人3世。見た目が日本人離れしている反動で、身の回りの道具は日本で開発されたものだらけである。ITmedia、andronaviを始めとするWeb媒体を中心に執筆活動を展開。自前のブログ「せうの日記」も宜しくお願いします。

「せう先生のスマホ講座」の他の記事はこちら
本コラムは毎月第1・第3金曜日更新予定!
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑