HTC、VRヘッド「HTC Vive」の日本円価格を発表。111999円。期間限定で3つのソフトがバンドル

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
HTCは28日、Valveと共同開発されたVRヘッドマウントディスプレイ(以下、VRヘッド)「HTC Vive」のコンシューマー版の日本での価格とバンドルされる3つのタイトルを発表した。

<▲図:HTC Vive>

価格は111,999円で、バンドルソフトは「Tilt Brush(ティルト ブラシ)」(Google製)、「Job Simulator: The 2050 Archives(ジョブ シミュレーター)」、「Fantastic Contraption(ファンタスティック コントラプション)」で、期間限定でのバンドルとなる。

今年は各社のVRヘッドが出始め、VRヘッドの市場がいよいよ本格的に始まろうとしている。その選択肢の一つがHTC Viveだ。

HTC Viveコンシューマー版は日本時間の3月1日0時より予約受付開始で、4月5日から出荷の予定。予約サイトは下記。
http://www.htcvive.com/jp/

<▲図:HTC Vive>

パッケージには2つのワイヤレスコントローラとルームスケールを測定するセンサーユニット(ベースステーション)も同梱される。

<▲図:HTC Viveのシステム。左右上の2つがベースステーションで、左右下の2つがワイヤレスコントローラ>



【情報元、参考リンク】
HTC Vive
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑