携帯各社、おめでとうコールやメールを控えるよう案内。大晦日から元日の約30分間

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
電気通信事業者協会、そしてNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、ワイモバイルは25日、大晦日から元日にかけての約30分間は、「おめでとうコール」や「おめでとうメール」が集中し、携帯電話が繋がりにくくなる場合や、メールの配信遅延が発生することが予想されるため、できるだけ控えるよう案内している。


あまりに多くの利用がある場合、止むを得ず、一時的に制限をかける可能性もあるという。毎年恒例の案内だが、午前0時前後の約30分間は特に急ぎの用件でなければおめでとう連絡は避けるようにしたい。

おめでとう連絡による影響で、緊急の用件などの連絡ができなくなる方が出てくる可能性もあるためだ。

こうした案内は携帯電話事業者から毎年行われているが、「LINE」や「Facebook」「Twitter」などでは行われていないので、それらSNSをWi-Fi環境下で利用した方がいいかもしれない。

【情報元、参考リンク】
Google Play/LINE
Google Play/Facebook
Google Play/Twitter
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑