ファーウェイ、SIMフリースマホ「Ascend G620S」を12月中旬に発売へ。実売22000円前後。LTE対応、クアッドコアCPU、5インチHD液晶搭載

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ファーウェイ・ジャパンは7日、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「Ascend G620S」を12月中旬に日本市場で発売すると発表した。販売は全国の家電量販店、オンラインショップのほか、MVNO各社から行われる予定。

Ascend G620S

想定実売価格は22,000円前後とされる。

先日、ASUS JAPANから同クラス帯のスマートフォン「ZenFone 5」が発表され、8日に発売になる予定だが、ファーウェイからも実売2万円台のスマートフォンが登場する。

同社のデバイス プレジデントのゴ・ハ氏は、この市場について次のように述べている。

「現在の主流となりつつある5インチのLTE対応スマートフォンが2万円台前半で購入できる時代が到来しました。日本市場には、フィーチャーフォンをお使いのお客様は、約6000万人いると言われていますが、まもなく“国民総スマートフォン時代”を迎えるでしょう。全てのお客様にLTE対応のスマートフォンをお使いいただけるようにする、それがファーウェイの使命です」

Ascend G620Sは、下り最大150MbpsのLTE通信に対応し、クアッドコアCPUのQualcomm Snapdragon 400(1.2GHz駆動)、OSにAndroid 4.4、ディスプレイは約5インチのHD-IPS液晶(1,280×720ドット)といった仕様だ。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色で、背面にはレザーテクスチャーを採用している。

日本語入力システムには、富士ソフト社製の「FSKAREN」を採用する。

カメラはメイン側がF2.0のレンズ、約800万画素のセンサーを採用し、サブ側は約200万画素となっている。約10秒の音声メッセージを静止画とともに記録できる「ボイスフォト」や、撮影後にフォーカススポットを変更できる「オールフォーカス」などの機能も利用できる。

その他の仕様は、メモリが1GB RAM、8GB ROM、バッテリー容量は2,000mAh、SIMカードサイズはmicro SIM、ボディサイズは約72.1×142.9×8.5mm、重さは約160g、microSDカードスロットは最大で32GBのカードまで対応、LTEはバンド1、3、7、19をサポート、UMTSは800、900、2100MHz、GSMは850、900、1800、1900MHzをサポート、Bluetoothは4.0、Wi-FiはIEEE802.11b/g/n準拠などとなっている。

【情報元、参考リンク】
ファーウェイ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑