【EXPANSYS SIMフリー情報局】第43回:カラフルで低価格、TD-LTE、FDD-LTEに対応したNokiaとHTCのスマートフォン「Nokia Lumia 636」と「HTC One (E8)」

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
今回ご紹介する「Nokia Lumia 636」と「HTC One (E8)」は、中国のLTEで主流の「TD-LTE」に対応したのが特徴で、両機種とも低価格でありながら、FDD-LTE(日本で一般的なLTE。ドコモ、au、SoftBank 4G LTEなどで採用)もしっかりサポートしているため、LTE対応のミドルレンジ・スマートフォンとしての需要も十分ある製品だ。

《Nokia Lumia 636》

Nokiaの携帯電話部門はMicrosoftが買収したが、スマートフォンはしばらくはNokiaブランドのまま販売される。今回ご紹介するNokia Lumia 636は、Windows Phone 8.1をOSに採用した、低価格でありながら、質感も高く、快適操作可能な製品だ。

パッケージは、製品名の数字を時間にした930の「9:30」と630の「6:30」に引き続き636は、「6:36」というデザイン。

Lumia 636のパッケージとインターフェースは図を参照してほしい。Lumia 636のベースとなったグローバルモデルのLumia 630は、Windows Phone初のデュアルSIM対応だったが、Lumia 636はシングルSIM対応となっている。

パッケージと本体、UI


Lumiaの特徴であるカラフルな色合いはLumia 636にも引き継がれている。カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、イエロー、オレンジの4色展開。ボディーには、アクリルのような印象を与える独特のプラスチック素材を採用している。

カラーバリエーションは4色

オレンジモデルとイエローモデルの前面

ホワイトモデルの背面

ディスプレイのサイズは約4.5インチで、本体サイズは約129.5 x 66.7 x 9.2 mm。

日本語を含むマルチランゲージに対応する(下図参照)。もちろん弊社販売のスマートフォンは全てSIMロックされていないSIMフリー端末なので、各社のSIMカードをそのまま利用することができる。なお通信方式はLTEバンド1/3/7/40/41、3G: 850/900/1900/2100 MHz、GSM: 850/900/1800/1900 MHzに対応している。利用したいSIMカードの通信会社の通信サービスの周波数をご確認いただきたい。

日本語を含むマルチランゲージ対応

バッテリーは交換式なので、背面カバーを外せば自分で交換可能だ(下図参照)。

バッテリーは交換式

商品の詳細は下記ページでチェックしてほしい。



《HTC One (E8)》

次に、既に弊社でも販売しているHTCのフラッグシップモデル「HTC One (M8)」の廉価版として2014年度に販売が始まり、中国大陸向けにいち早く投入された「HTC One (E8)」をご紹介したい。HTCは、2012年、2013年度に引き続き「One」と名付けられた機種を投入しており、E8もそのOneシリーズのひとつだ。HTC One (E8)には、デュアルSIM版とシングルSIM版が用意されているが、弊社取り扱いはシングルSIM対応版である。

HTC One (E8)のパッケージ

HTC One (E8)のホーム画面とアプリ一覧


HTC One (E8)は、HTC One (M8)との大きな違いとして、金属筐体からプラスチック筐体に変わっている。これにより、重さが約160gから約145gにまで軽量化できている。

カメラについては、HTC One (M8)に搭載されている「Duo Camera」は搭載されていないものの、「Desire 816」や「One mini 2」などに搭載されている約1,300万画素のメインカメラが搭載されている。サウンド面では、「BoomSound」となるデュアルスピーカーも搭載されている。

メインカメラはDuo Cameraではなく通常のもので、画素数は約1,300万画素

フロントにデュアルステレオスピーカーを搭載している

日本語対応については、HTC One (E8)も日本語を含むマルチランゲージに対応している。

日本語を含むマルチランゲージに対応する

カラーバリエーションはDark Gray, Red, Polar Whiteの3色展開


商品の詳細は下記リンク先からチェックしてほしい。



記事執筆者プロフィール
EXPANSYS
ウェブサイト、Twitter:@EXPANSYSJapan
Facebook:EXPANSYS Japan

EXPANSYSは、1998年に創業。SIMフリーのスマートフォン/タブレット、アクセサリを販売するオンラインショッピングサイトを運営する世界的なリーディングカンパニーです。現在では120を越える国々へ商品の発送を行っています。(50か国/地域のサイトで販売を行っており、12のパートナー会社で200を越えるサイト運営をしています。その数は今も尚増え続けています。)本社はイギリスで、EXPANSYS PLCは、ロンドン市場(AIM)に上場しています。コラムは香港よりEXPANSYS Japanの日本人スタッフがお届けしています!

週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑