1DINサイズのAndroid搭載車載用情報端末「Parrot ASTEROID」が2011年第1四半期に欧州で販売開始へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
フランスのParrotから興味深い車載用情報端末がリリースされる。同社は米国時間6日から米ラスベガスで開催された家電見本市「CES 2011」に「Parrot ASTEROID」を出展した。ASTEROIDは同社が開発した車載用情報端末で、主にオーディオ、ラジオ、カーナビなどの機能を提供する。そして興味深いのは搭載OSがAndroidであることだ。かなりカスタマイズされているため、スマートフォンやタブレットのように自由自在に豊富なアプリを使うことはできないが、Androidならではのメリットは備えている。


発売時に提供される機能は前述したオーディオ、ラジオ、カーナビ、ガソリンスタンドや駐車場案内、交通情報などだけだが、将来的にはアップデートによって追加機能が提供される予定だ。アプリの追加で利便性が高まるのはAndroidスマートフォンやタブレットと同様。

発売時期は2011年第1四半期(1月から3月)で、まずは欧州の一部の国と地域から販売が始まる。その後、第2四半期を目処に米国でも発売となる予定だ。

ASTEROIDにはBluetooth機能も搭載されており、スマートフォンと接続して端末内の楽曲を聞くこともできる。また、ハンズフリーで電話をすることも可能だ。iPhone/iPod touch、その他スマートフォンなどとの接続はBluetoothのほか、USBケーブルを使って行うこともできる。端子は背面だが、ケーブルを接続した状態で、前面に引き出しておけば日常利用に困ることもなさそうだ。

また、前面左のフェイスプレートを取り外すとSDカードスロットなどが設けられており、カード内の楽曲ファイルなどを楽しむことも可能。ディスプレイは3.2インチTFT液晶。



インターネット回線の利用は端末背面に用意されたUSB端子を使って行う。USB接続タイプの3Gデータ通信端末が必要になる。残念ながらWi-Fiが搭載されていないので、ネットを利用するには3Gデータ通信端末が必須だ。そのため、日常利用する場合には、データ通信端末を別途用意し、その通信費用が必要になる。しかも、USB端子は端末背面にあるので、日常的に取り付け/取り外しを行うことは困難で、基本的には接続したままになるだろう。Wi-Fiが搭載されていれば、モバイルWi-Fiルーターなどに接続してインターネットを利用できたはずなので、その点は残念だ。


UPDATE
フェイスプレートに関する記述を修正。

【情報元、参考リンク】
Parrot ASTEROID製品紹介ページ
Volkswagen Eos と Renault Clio RS 2台の並行輸入車日記/Parrot ASTEROID 発表!
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 2 件
  1. 「前面のコントロールパネルは取り外してリモコンとして使うこともできる」っていうのは、どこかに書いてありましたっけ?

    2011年1月15日 11:44
  2. コメントありがとうございます。また、ご指摘ありがとうございます。混乱を招き、他の方にも申し訳なく思います。海外情報サイトでそのような記述を見たためですが、メーカーに確認したところそのような機能はないとのことでした。記事も訂正しております。皆様、ご迷惑お掛けし、申し訳ありません。ただし、フェイスプレートを外したときに収納するためのバッグは同梱されるとのことです。

    2011年1月15日 13:40

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑