ソフトバンク、4月下旬にAndroidスマートフォン「HTC Desire」(X06HT)を発売決定!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは28日、本社ビル、ベルサール汐留(浜離宮ビル)で創業30年記念イベント「ソフトバンクオープンDAY」を開催し、Android OS 2.1を搭載したスマートフォン「HTC Desire」を4月下旬に発売することを発表した。ソフトバンクでの機種型番は「X06HT」になる。

HTC Desireは第2四半期中に欧米、アジアを含めて世界的に販売が始まる最新型Androidスマートフォン。日本でも世界に遅れることなく4月下旬に登場することになった。

すでにソフトバンクは昨年発表会のなかで、Androidスマートフォンに関しても触れ、今年の春に発売することを予告していたが、当時公開されていた情報は下記のみだった。


「スタイリッシュなデザインの超ハイスペックマシン」
「1GHzの高速CPU Snapdragon」
「3.7インチ有機EL液晶」
「Googleサービス、Androidマーケット」

これらの特徴から早くも「HTC Desire」か「Nexus One」になるのではないか、との噂が立ったが、実際に「HTC Desire」になることが決まった。

HTC Desireの主な特徴は下記だ。

・CPU:Snapdragon 1GHz
・OS:Android OS 2.1
・ディスプレイ:3.7インチ有機ELディスプレイ(解像度:800x400)
・カメラ:背面カメラ。5メガピクセル
・外部メモリー:micro SDカードスロット(最大32GB)
・Bluetooth:2.1
・操作システム:マルチタッチ対応。光学ポインタ搭載。
・UI:Androidに独自のHTC Sense UIを追加。
・マルチアカウント

端末の値段は月月割適用などで実質的負担は20,000円前後になるとの噂。正確な値段は今後しばらくしてから判明するだろう。

HTC Desireの公式スペック詳細ページは下記。
http://www.htc.com/www/product/desire/specification.html
ソフトバンクのプレスリリースは下記。
http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2010/20100328_02/index.html
ソフトバンク内の製品紹介ページは下記。
http://mb.softbank.jp/mb/product/X/09wi/#x06ht

なお、発売日を早く知りたい方は、上記製品紹介ページ内から「発売日をメールでお知らせ」リンクを辿り、メールアドレスを登録しておくことをオススメする。

プロモーションビデオは下記。



発表会での資料はこちら。



次に海外のレビュー動画を紹介。項目別に4つに分かれて紹介されている。

また、下の4つ以外にもアスキーがレビュー動画を公開している。そちらも下に貼っているので、日本語でざっと特徴を確認したい方には最適だと思う。

■HTC Desireレビュー動画1:HTC独自のUI Senseのレビュー


■HTC Desireレビュー動画2:ピクチャ、ミュージック、ブラウザのレビュー


■HTC Desireレビュー動画3:カメラ、天気、ニュース、FMラジオのレビュー


■HTC Desireレビュー動画4:フレンドストリーム、時計、ウィジェットのレビュー


■アスキーのレビュー動画

アスキーのレビュー記事はこちら。

週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑