Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

ASUS史上最高のゲーミングスマホ「ROG Phone 5 Ultimate」が17日予約開始!31日発売へ

ASUS JAPANは16日、ゲーミングブランド「ROG」のスマートフォン「ROG Phone」シリーズ史上最高性能を誇る新製品「ROG Phone 5 Ultimate」を国内市場で17日10時より予約受付開始することを明らかにした。発売日は31日の予定。注意したいのはROG Phone 5 Ultimateは数量限定での販売だということ。数量は公表されていないので、争奪戦になりかねないほどの少数なのか余裕があるのか全く分からないものの、入手したい方は早めの予約が必要かもしれない。

<▲図:「ROG Phone 5 Ultimate」>

希望小売価格は149,800円(税込)。

ROG Phone 5 Ultimateはスマートフォン本体のスペックが高いだけでなく、商品パッケージに冷却ファンユニット「AeroActive Cooler 5」や「ファンギフトボックス」が付属する点も特徴となっている。ただし、ファンギフトボックスのアイテムは「ROG Phone」シリーズのファン向けグッズであり、ROG Phone 5 Ultimateの周辺機器ではないので、人によっては不要かもしれない。

<▲図:「ファンギフトボックス」のイメージ>

具体的にはファンギフトボックスには、下記のオリジナルグッズ7点が収納されている。

  1. ROGキャップ
  2. ROGタオル
  3. ROGマスク
  4. ROGバッジ
  5. ROGブロック
  6. ROGステッカー
  7. ROGトランプ

ROG Phone 5 Ultimate自体はゲーミングスマートフォンの最強性能を目指したスマートフォンで、最大の特徴はメモリが18GB、ストレージ容量が512GB、ディスプレイのリフレッシュレートが144Hz対応、応答速度1msに対応している点だろう。加えて、タッチサンプリングレート300Hzに対応し、タッチ操作に対する反応速度が24.3msにまで高速化されている。

またROG Phone 5 Ultimateには、超音波タッチセンサーの「AirTrigger 5」が本体側面に2つ搭載されていて、一般的なゲームパッドの「L」「R」ボタンのように使うことができる。背面下部にも2つの超音波タッチセンサーが搭載されている。他にも、本体を傾けたり振ったりする動きにゲーム内の操作を割り当てられるモーションコントロール機能も利用できる。

<▲図:「ROG Phone 5 Ultimate」の背面>

<▲図:「ROG Phone 5 Ultimate」の背面(下側から見た場合)>


さらに前出のAeroActive Cooler 5にも物理ボタンが2つ搭載されている。

<▲図:「ROG Phone 5 Ultimate」に「AeroActive Cooler 5」を装着した状態>

ゲームプレイの満足感を上げてくれる大きな要素の一つにサウンドがあるが、ROG Phone 5 Ultimateでは前面の上部と下部の2箇所にスピーカーを搭載している。加えて、ヘッドホン用にESSのハイエンドDACである「ES9280AC PRO」を搭載し、オーディオ専用プレイヤー並みの高音質サウンド出力機能を備えている。もちろんハイレゾ対応だ。

いくらゲーミングPCとして性能が高いとしても、放熱構造が優れていなければ意味がない。その点も工夫されている。ROG Phone 5 Ultimateでは、Qualcomm Snapdragon 888 5Gを本体中央に配置するセンターチップレイアウトを採用することで放熱効率を向上させ、発熱を気にせずにゲームプレイに集中できる。そして、冷却ファンユニット AeroActive Cooler 5を使えば、外から冷却できるので、CPUを最大で10度、本体表面温度を最大で15度下げることができる。AeroActive Cooler 5は本体から電源を取って駆動させられるので、その点でも便利だ。

バッテリーは6,000mAhの容量のものを搭載し、充電も最大65Wでの急速充電に対応するので、最短で約52分でフル充電にできる。

なお、ROG Phone 5 Ultimateの本体サイズは約173 x 77 x 9.9mmで、重さは約239g。カラーバリエーションはストームホワイトのみ。

カメラはROG Phone 5 Ultimateのユーザーにとってあまり重要視すべき点ではないとは思うが高性能だ。背面には3眼カメラを採用している。ソニー製の1/1.7インチサイズ、6,400万画素のセンサー「IMX686」を採用した高感度メイン広角カメラ、125度の画角で撮影できる約1,300万画素の超広角カメラ、最短4cmまでの接写が可能なマクロカメラで構成される。前面のサブカメラは約2,400万画素だ。

<▲図:「ROG Phone 5 Ultimate」の基本スペック表(※虫眼鏡アイコンで拡大)>

ASUS JAPANといえば、先日お伝えしたように18日に「Zenfone」シリーズの新製品を発表する予定なので、ゲーミングスマホに拘らない方の場合にはZenfone新モデルの発表を待つのも良いだろう。一方で、「数量限定」という言葉が気になるといえば気になるので、どうしても欲しい方は予約した方がいいのかもしれない。

情報元、参考リンク
ASUS/ROG Phoneシリーズ公式サイト
ASUS/ROG Phone 5 Ultimate製品ページ
Amazon ASUSストア/ROG Phoneシリーズ製品ページ

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:1 件
  1. <編集後記>
    ROG Phone 5 Ultimateはファン向け要素もありますが、シリーズのファンならぬとも関心を持つゲーマーは多いように思います。AeroActive Cooler 5が付属するのもいいですし、スペックはもちろん、操作系もROG Phoneは普通のスマホでプレイするよりもいいですからね。

    返信削除