Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

楽天モバイルが新料金プラン提供開始! 1GBまで0円! 最大25000ポイント還元も魅力!

楽天モバイルは1日、新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」(ラクテン アンリミット シックス)の提供を開始した。楽天モバイルの場合は料金プランは常に1種類、ワンプランが現在のコンセプトとなっているため、旧プラン「Rakuten UN-LIMIT V」の加入者も自動的に「Rakuten UN-LIMIT VI」へアップグレードされる。

<▲図:新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」の概要>

一方、新規加入ユーザーは1日以降は新料金プランを選択することとなる。

新料金プランは上限額こそ旧プランと同じ3,278円(税込、以下同)だが、プランの内容が根本的に変わる。「Rakuten UN-LIMIT V」や、その前のプラン「Rakuten UN-LIMIT 2.0」は完全定額制で月額3,278円だった。この料金で、月々のデータ通信を上限なく利用できるというのが特徴だ。ただし、パートナー回線(au回線)を使ったデータ通信量に関しては月々5GBまでだ。

ところが新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」では、従来プランのような1段階の定額制ではなく、4段階の変動定額制を採用し、毎月使った分に応じた定額料金を支払うというスタイル。

そして驚異的なのは低容量時の料金で、1GBを切った月は0円(※1人1回線目のみ。2回線目以降は1,078円)、1GBから3GBまでで1,078円、3GBから20GBまでで2,178円、20GBを超えた場合は上限無しで3,278円となる。従来プランでは使ったデータ量が数GBだろうと20GBだろうと3,278円だったのが、新料金プランでは小容量、中容量ならより安価になるという訳だ。

もちろん従来プランだろうと、そもそもこれまでに加入した方は1年間は料金プラン無料キャンペーンが適用されているため無料だったわけだが、あくまでも無料適用期間は1年間なので、料金プランの基本的な設定が安価になるというのは非常に嬉しい変化であることは間違いない(追記:4月8日以降は3カ月間無料キャンペーンが開始となっています。こちらの記事を参照して下さい)。

例えば楽天モバイルでは4月7日受付分までは料金プランが無料になるキャンペーンを実施中なので、新料金プランの「Rakuten UN-LIMIT VI」に加入した方は、1年間は毎月何GB使おうが無料だが、その後についても1GBまでなら無料なので、運用コストを低く抑えることができる。そして3GBまででも1,078円なので、それでも十分安いし、仮に20GB近くまで使っても2,178円なので、これでも安い。20GB超だろうと3,278円で止まるので、それでもまだ十分安い。

結局料金プランに関していえば「Rakuten UN-LIMIT VI」は文句の付け所がないほど魅力的だ。

また、現在、楽天モバイルでは最大25,000ポイント還元のキャンペーンも実施中だ。

機種によっては実質0円など、非常に安価に購入できるので、こちらも要チェックだ。各機種の在庫状況や価格はこちらの記事を参照して欲しい。基本的に申込みが殺到しているようで、在庫切れの機種もあるが、随時在庫補充もされているようなので、定期的なチェックがお勧めだ。

なお、楽天モバイルは自社回線のインフラ整備を急ピッチで進めているものの依然としてカバーエリアに限りがあるので、加入の際にはエリア情報を公式サイトで確認することをお勧めしたい。また、パートナー回線の提供終了スケジュールなどもチェックが肝要だ。例えば本日、楽天モバイルは千葉県と神奈川県でのauローミング(パートナー回線での通信サービス)を原則として2022年3月末で終了すると発表している。すなわち2022年4月以降は千葉県、神奈川県では楽天モバイルの自社インフラに繋げることになる。そうした情報も最初にチェックしておく方がいいだろう。


情報元、参考リンク
楽天モバイル

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:1 件
  1. <編集後記>
    楽天モバイルの新料金プランがついにスタートしましたね。料金プランの内容自体は本当に文句の付けようがないレベルで、安さに関しては、もうこれ以上は求めることはできないと思いますね。なので、あとは基地局整備がどれだけ早く、かつキメ細かいエリアカバーができるか、といった部分、全体的なサービス品質の向上などですね。いずれにしても、今回のキャンペーンで、最終的にどれくらいの契約数になるのか、注目したいところです。

    返信削除