Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

Netflix、値上げの案内を順次配信中。ベーシックが990円、スタンダードが1490円に。プレミアムは据え置き

動画配信サービス「Netflix」(ネットフリックス)を運営するNetflixは現在、既存ユーザーに対して「月額料金改定のご案内」と題したメールを配信し、料金改定の案内を行っている。かくいう筆者も本日同メールが届いた一人だが、本件に関しては2月5日に発表された料金改定の改めての個別案内であり、2月に続いて追加での新規値上げという訳ではないので、誤解しないよう注意して欲しい。


2月に発表された料金の改定は順次適用の形をとることになり、加入経路によってその時期は異なるとされていた。というのも、Netflixは公式Webサイトでユーザー自身がNetflixに対して直接申し込む以外にも、提携パートナー経由での加入も可能だからだ。

それこそ携帯電話サービスとのセット料金プランもある。

例えばau(KDDI、沖縄セルラー)では「使い放題MAX 5G Netflixパック(P)」、「使い放題MAX 5G ALL STAR パック」、「使い放題MAX 4G Netflixパック(P)」といった他社サービスとのセットプランがあり、4Gスマートフォン向けの「使い放題MAX 4G Netflixパック(P)」の場合には、Netflixのベーシックプランや動画配信サービス「TELASA」、「Amazon プライム」がついてくる。

また、ソフトバンクも「メリハリ無制限」などの対象料金プランの加入者で「ソフトバンクプレミアム『エンタメ特典』」に申し込んだ方に対して「PayPayボーナス」で10%還元特典などを提供している。ソフトバンクの場合はセットプランではないものの、支払い方法をキャリア決済サービスに指定することで還元するというスタイルで、スタンダードプランだと136円相当お得だ。

ともかく、パートナー経由での加入や、直接加入でも携帯電話会社によるキャリア決済サービスを支払い方法に指定するなどで、多少料金を抑えることが可能となっている。

話が逸れたが、Netflixでは2月5日に下記の通り、料金の改定を行った(税込)。

  • ベーシックプラン:880円→990円
  • スタンダードプラン:1,320円→1,490円
  • プレミアムプラン:1,980円→1,980円(変更なし)

本日案内メールが届いた方は、おそらく筆者と同じく5月から新料金が適用されることになるはずだ。

Netflixでは料金の変更に関しては、新料金が適用される請求日の1ヶ月前にメールで案内を送るとともに、Netflixへのログイン時にメッセージを表示するようにしている。

<▲図:ログイン時に表示されるメッセージ>

なお、ログイン時のメッセージ表示は上図の通りだが、誠実なことに一番下に記載されている「メンバーシップは、設定画面[アカウント]からいつでもキャンセルできます。」内のリンクをクリックすることで、ワンステップで解約手続きの画面に移動できる。この点に関してはNetflixの魅力の一つではないかと思う。

しかし、日本市場におけるNetflixの料金値上げは2018年8月にも行われており、今回で2度目。案内では「さらなるエンタテインメント体験をお届けできるよう、月額料金を改定させていただくこととなりました」とされており、実際、Netflixでは莫大なコストを掛け、高品質のタイトルを次々に送り出しているので、致し方ない部分もあるとは納得できるものの、大抵のユーザーが好みに合う、ごく一部の作品しか見ていないのではないかと思うため、割高感が増す残念な案内ではないかと思う。

私の場合は以前プレミアムプランからスタンダードプランに切り替えていて、その時に少し安くできたとホッとしたものだが、1,320円から1,490円に上がるという数字を見ると、妙に大きな値上げに感じてしまい、ややげんなりしてしまった。

動画配信サービスの市場はグローバルでみると米The Walt Disney Companyが手掛ける「Disney+」(ディズニープラス)が絶好調で、3月9日には有料サブスクリプション会員数が1億人を突破したと発表されている。僅か約1年4ヶ月での1億突破で、このペースは市場トップに立つNetflixの会員数増加ペースと比べても驚異的で、近い将来、Netflixに追いつく可能性も十分考えられる。なお、日本市場では「Hulu」はHJホールディングスが運営しているが、海外ではThe Walt Disney Company傘下なので、ディズニーはHuluを保有している点も強みの一つと言えるだろうし、スポーツの「ESPN」も同様だ。

そうした背景も見越すと、値上げもやむなしと思わなくもないが、せめてベーシックプランで月額800円、スタンダードプランで月額1,000円、プレミアムプランで月額1,500円くらいであれば、と願わなくもない。

なお、NetflixのプランはベーシックがSD画質、スタンダードがHD画質、プレミアムが4K、そして同時視聴台数はベーシックが1台、スタンダードが2台、プレミアムが4台となっている。再生機器、ディスプレイ(テレビ)によってはSDでも綺麗に補正できると思うので、場合によってはプランのグレードダウンを検討するのも一つの手ではないかと思う。特にNetflixオリジナル作品の場合は、元の映像クオリティが高く、ベーシックでも十分かもしれない。
情報元、参考リンク
Netflix/プランと料金について

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:1 件
  1. <編集後記>
    Netflixが徐々に徐々に高くなってきましたね……。「FORMULA 1 栄光のグランプリ」「ベター・コール・ソウル」「ストレンジャー・シングス」などオリジナルシリーズで大好きな作品が沢山あるため根本的に解約は考えていませんが、ただ、値上げが2度になると「あぁ……」と思いますね。同時視聴1台で構わないので安くするとか、もう少しキメ細かい料金プラン設定ができればありがたいと思うところですが……どうでしょう。

    返信削除