ドコモがデータ量 無制限で月額6650円の新プラン「5Gギガホ プレミア」発表!さらに割引適用も可能。全適用時は4480円。60GBの4Gプランも

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は18日、新料金プラン「5Gギガホ プレミア」と「ギガホ プレミア」を発表した。両プランとも2021年4月1日より提供開始となる予定。
<▲図:新プランのイメージ。3GBを境とした2段階制の定額プランとなる>

5Gスマートフォンを利用する方は「5Gギガホ プレミア」、5Gに非対応の製品の方は「ギガホ プレミア」ということになり、料金は100円しか変わらない。「5Gギガホ プレミア」は月間データ量が無制限の場合で月額6,650円、各種割引を適用すると月額4,480円という内容。使用データ量が3GB以下の月は5,150円(各種割引適用時は2,980円~)に下がる。

一方の4G向けプランの「ギガホ プレミア」は月間データ量の上限は無制限ではなく60GBまでとなっている。

正直な話、割引適用前の6,650円でもインパクトがあると思う。

そして、割引については独身世帯については厳しいものの、ファミリー層で3回線以上あれば「みんなドコモ割」で1,000円引き、「ドコモ光」を利用されていれば「ドコモ光セット割」で1,000円引き、料金支払い方法が「dカード」であれば170円引きとなる。

すなわち、家族3人以上でドコモを利用していて、家の固定回線がドコモ光であれば、随分安くなる。一方で、独身世帯でも「ドコモ光」と「dカード」払いで1,170円引きにすることはできる。
<▲表:現行プランと新プランの比較表>

また、割引といえば「ドコモのロング学割」の適用も可能なので、その場合には「5Gギガホ プレミア」は最大6ヶ月間、月々980円から、「ギガホ プレミア」は最大6ヶ月間、月々900円からだ。

音声通話については、家族間の国内通話に関しては無料だが、それ以外の国内通話は30秒あたり20円での課金となる。

月額700円の「5分通話無料オプション」を契約すれば1回あたり5分以内の国内通話は無料にできる。月額1,700円の「かけ放題オプション」であれば、1回5分といった制限なく、国内通話を無料にできる。

今回発表されたプランに関しては、先日発表された「ahamo」(こちらの記事参照)と異なり、インターネット受付のみではなく、電話受付、ドコモショップでの受付にも対応している。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
ドコモオンラインショップ
【Comments】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑