シャープのマスク販売サイトへのアクセス過多で購入できない状況発生。IoT家電サービスにも障害発生

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
シャープは21日、同社が生産した不織布マスクの個人向け販売を10時より開始したものの、予想を大幅に上回るアクセスが集中したことで購入できない状況が発生したと発表した。さらに、同社製のIoT家電で利用可能な「COCORO+」サービスにも繋がりにくくなる状況が発生したという。

<▲図:シャープ製不織布マスクの装着イメージ>

二つの件について同社は謝罪のコメントを発表している。なお、本来であれば4月21日から5月10日までの間、毎日10時頃に在庫を補充し、毎日3,000箱ずつの販売を行う予定とされていたが、ひとまず計画は修正されることになった。少なくとも問題解消を図るための対策を行い、完了次第、公式サイトにて改めて次回の販売に関して案内するという。

<▲図:シャープ製の不織布マスク>

具体的には、22日にも販売予定ではあるが、10時頃からの販売は難しいようだ。とはいえ、22日中の再開に向けて準備を行っているとのことで、運が良い方は再開したときにサイトにアクセスして注文できるかもしれない。とはいえ、あまりに過度のアクセスやページのリロードなど、サーバーに不必要な負荷を掛けるようなことはしないようにしたい。

アイリスオーヤマも自社の公式通販サイトでマスクの販売を基本的に毎日行っているが、販売開始時間は明らかにしていない。いわゆる「ゲリラ販売」だ。それでも平時と比べるとサイトに繋がりにくい状況が発生している上、販売開始直後からその日の分が完売するまでの間は、繋がらないことも多い。

シャープの場合もこのままいくと5月10日まで毎日同じような状況になるかもしれない。

いっそのこと抽選販売に切り替えて欲しいと個人的には思う。正直な話、事前応募してもらって抽選という方が公平かつスムースではないかと思う。それはシャープのマスクに限らずアイリスオーヤマのマスクでも同じように思う。もちろん意見は人それぞれだと思うが。ともかく販売が上手く行くことが期待される。

とはいえ、シャープのスタッフの方は大変な状況下で経験のないマスクの生産、販売を行っているわけで、心から感謝したいと思うし、提示された購入方法に従って、シャープのスタッフ及びサーバーに迷惑を掛けないように注文したいところだ。

【情報元、参考リンク】
シャープ/SHARP COCORO LIFE/マスク販売ページ
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑