東京都、千葉県などに続き福岡、熊本、大分のドコモショップも営業時間短縮。土日を中心に10時もしくは11時から16時まで

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は2日、福岡県、熊本県、大分県からの外出自粛要請を受けて、3県のドコモショップ全店舗(184店舗)の営業時間を短縮すると発表した。合わせて、スタッフ出勤数を通常よりも減らして対応するという。

これらの措置は東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県内の店舗に続く動き。関東の1都3県では当初予定を延長して、現在でも営業時間を10時から16時に短縮しているが、九州3県でも短縮営業日は同じ時間帯での営業が基本となる。ただし、一部の店舗では11時開店だ。

とはいえ、関東と九州の店舗では全く同じ措置ではない点に注意が必要だ。

関東の対象店舗では平日、土日を問わずに営業時間を短縮する一方で、九州3県の店舗では土日を中心とした短縮に留まる。

具体的には、福岡県では4日、5日、11日、12日、18日、19日、熊本県では4日、5日、ただし熊本市については1日から当面の間、大分県では2日から7日までと、県によっても異なっている。もちろん今後の状況次第では延長の可能性もある。

場所だけでなく日によっても営業時間が異なるので、ややこしい状況だ。そのため、ドコモショップへ足を運ぶ予定がある方は、事前に店舗の営業時間を確認しておくことをオススメしたい。

また、新型コロナウイルスの状況は日々変化し、それに伴う政府、各自治体の対応も次々に変化しているため、現在は通常営業をしているエリアであっても、いつ営業時間に変化があるか分からないので、事前に確認しておく方が無難だろう。それはドコモに限らず、auショップやソフトバンクショップなどでも同様だ。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑