ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルが25歳以下の方に50GBを無償提供など! オンライン学習などへの対応支援

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)、KDDI/沖縄セルラー(au)、ソフトバンク(ワイモバイルも含む)は3日、25歳以下の方を対象に、50GBまでのデータ通信量を無償化するなどの措置を行うと発表した。実施期間や内容は細かく見ると3社で異なるが、基本的な方針は共通している。

これは学校の休校などによってオンライン学習、遠隔学習などが拡大している動きを受けてのもので、スマートフォンを介してノートPCなどでインターネットを利用できるようにする「テザリング」のオプション料金も無償化される。

以下、各キャリアの取り組みの概要を紹介したい。詳しい条件等は各社の公式サイトで確認して欲しい。また、この内容は4月3日時点でのもので、今後の新型コロナウイルスの状況次第で随時変更されることが予想されるので注意して欲しい。特に期間に関しては延長される可能性もある。

<ドコモ>

・対象者:25歳以下
・実施期間:4月1日から5月31日まで(4月1日時点で条件を満たしていれば、4月1日に遡って適用)

「スピードモード」「1GB追加オプション」を利用する際、最大50GBまでに関しては無償化される。通常は1GBあたり1,000円掛かるが、50GBまでであれば無料で利用できるので、オンライン学習サービスなどでデータ通信量が増えたとしても十分対応できるだろう。なお、ドコモの場合、テザリングオプションは対象プラン利用者であれば元々無料となっているので、テザリングに関する発表は特には行われていない。



<au>

・対象者:25歳以下
・実施期間:4月1日から4月30日まで

料金プランに定められたデータ量を使い切った場合に追加できるオプションサービス「auデータチャージ」の料金が最大50GBまで無償化される。テザリングオプションの利用料も無償化される。



<ソフトバンク、ワイモバイル>

・対象者:25歳以下
・実施期間:4月1日から4月30日まで

料金プランに定められたデータ量を使い切った場合に追加するデータ量の料金が最大50GBまで無償化される。テザリングオプションの利用料も無償化される。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
KDDI/プレスリリース
ソフトバンク/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑