サムスン電子、不具合報告を受けて折り畳みディスプレイ搭載スマホ「Galaxy Fold」を発売延期

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
韓国サムスン電子は23日、折り畳むことが可能な有機ELディスプレイを採用した特殊なスタイルの折り畳みスマートフォン「Galaxy Fold」の発売を延期すると発表した。当初は26日より順次発売となる予定だったが、報告された不具合への対策を行い、準備が整い次第改めて発売日を明らかにする。

<▲図:Galaxy Fold発表時>

Galaxy Foldは、ついに登場する本格的なフレキシブルディスプレイ搭載スマートフォンとして、同じく折り畳み型のスマートフォンである「HUAWEI Mate X」と同様、大きな注目を集めていた。

ところが、Galaxy Foldは、発売を前にして海外の複数メディア、YouTuberなどのレビューにおいて、あまりにすぐに破損してしまう可能性が高いことが報告されていた。しかも、全員が同じような破損に至っているわけでもなく、問題が複数に及ぶ点も厄介だった。

そのため、このまま発売するのか発売を延期するのか、サムスン電子の対応が待たれていた。

結果、サムスン電子は詳しく調査した上で、対策を施すとしている。加えて、ディスプレイを保護するシートを剥がさないよう、ユーザーにはっきりと分かるように注意喚起の対策もとるという。

近未来感溢れるフレキシブルディスプレイ搭載スマートフォンとして注目を集めているだけに、抜本的対策を施して、安心して使える状態での発売が待たれる。

【情報元、参考リンク】
Samsung/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑