Ankerから小型・最大100Wの高出力USB-ACアダプター(急速充電器)登場!USB-PD対応2ポート、Type-A2ポートの計4ポート

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
アンカー・ジャパンは23日、USB-ACアダプター(USB出力ポートを備えた充電器)の新製品「Anker PowerPort Atom PD 4」を発売した。


Anker PowerPort Atom PD 4は高出力のUSB-PD対応ポートを2つ(端子はUSB-C)と、通常のType-Aポートを2つ備えた合計4ポート出力のアダプター。USB-PDポートが最大100W出力に対応していることと、本体サイズが約110 × 85 × 34mmと小型であることが大きな特徴。

出力ポートをより詳しく見ていくと、USB-Cポートは5V/3A、9V/3A、15V/3A、20V/5Aに対応している。一方のType-Aポートは各ポート最大5V/2.4Aだ。

USB-Cポートは単体でも最大で100W出力をサポートしていて、これはAnkerの製品では初となる。USB-PDの規格上限値が100Wであり、本製品は上限値までサポートしていることになる。ただし、1ポートでの出力が最大100Wである一方、4ポート合計でも最大100W出力なので、さすがに4台同時充電など複数のポートを使うときにはUSB-Cポートだけで100Wというわけにはいかない。

とはいえ、USB-Cポートを2つ使って、USB-PD対応ノートPCを2台同時に充電するようなことまでできてしまうので、とても便利な製品だ。


USB-PD対応のMacBookなどのノートPCを充電できるほか、Androidスマートフォン、タブレット、iPhone、iPad、携帯ゲーム機など様々な機器を充電できるが、iPhoneに関しては、Apple MFi認証を取得した「Anker PowerLine II」と合わせて使うことで、一般的な5W出力の充電器と比べて最新のiPhoneを約1時間早く充電できる。


下に掲載したのはAmazonでの商品リンクで、価格は税込みで9,999円。



【情報元、参考リンク】
アンカー/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑