ヤフーがジオシティーズ、IoT機器連動アプリ「myThings」、女性向けアプリ「セレネカレンダー」など複数のサービスを提供終了へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ヤフーは9日、2019年3月末までに提供終了予定のサービス/アプリを明らかにした。

<▲図:2000年当時のYahoo!ジオシティーズ>

アプリではIoTの連動を可能とする「myThings」アプリが2019年1月末で終了となる。myThingsは使っていたユーザーがそれなりにいると思うが、ヤフーは提供終了に伴い、同種のサービスとして「IFTTT」(イフト)、「Zapier」「Microsoft Flow」などへの移行を紹介している。

<▲表:提供終了予定のアプリ(※クリックして拡大)>

また、Android向けの「セレネカレンダー」がすでに10月に終了済みで、iOS版も11月26日で終了する。セレネカレンダーは女性向けの生理日予測カレンダーアプリ。

また、「Yahoo!占いアプリ」は9月28日に終了済み、Amazonアプリストアで配信されていた「Yahoo!防災速報」アプリも提供終了となっている。Yahoo!防災速報アプリのAndroid版とiOS版は継続提供される。

パソコン及びスマートフォン向けのウェブサービスに関しては、「Yahoo!コミュニティ」が11月28日、「textream」が12月31日、「カスタムサーチ」が2019年3月末、「Yahoo!ジオシティーズ」が2019年3月末、「Yahoo!ウォレット FastPay」が2019年3月末で終了となる。

<▲表:提供終了予定のウェブサービス(※クリックして拡大)>

ジオシティーズは元々は米国で1994年に誕生したホームページ作成サービスで、インターネット黎明期のホームページ作成サービスとしてはトップサービスの一つで一斉を風靡した。グローバルでは2009年にサービス提供が終了となっており、日本のジオシティーズのみが残っていた。日本市場では2000年からヤフー傘下になっている。

ジオシティーズの終了には寂しさを感じるが、これも時代の流れなのだろう。

【情報元、参考リンク】
ヤフー/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑