ASUSがゲーミングスマホ新製品発表会を11月16日に開催へ!高性能と拡張性が魅力のROG Phoneが登場か?

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ASUS JAPANは16日に「GAME CHANGER~スマホゲームの体験を一新する」と題したゲーミングスマートフォン新製品の発表会を開催する。


同社によれば、ユーザーのゲーム体験を一新するトータルソリューションと、今までの常識を塗り替える優れたパフォーマンスを実現したSIMフリーゲーミングスマートフォンの新製品だという。

ASUSはPC分野のみならずモバイル分野でのゲーミングマシンにも力を入れ始めているのか、台湾では6月に開催された展示会「COMPUTEX 2018」に合わせてゲーミングスマートフォン「ROG Phone」を発表済み。

ROG PhoneはASUSのゲーマーブランドである「ROG」の名を冠するスマートフォンで、今回の日本市場向けプレス発表会ではROG Phoneの日本市場投入が明らかになるのではないかと思われるが、もちろん現時点では実際のところは分かっていない。

なお、参考までに6月発表のROG PhoneはQualcomm Snapdragon 845、メモリ(RAM)が8GB、ストレージ(ROM)が128GBもしくは512GB、ディスプレイは6.0インチで解像度が2,160 x 1,080ドットの有機ELという基本スペックのAndroidスマートフォンで、ゲーミングスマートフォンとして独自のUI「ROG Gaming X mode UI」を採用している。

ディスプレイはただ単にコントラストが高いとかだけでなく、応答速度が1ms、リフレッシュレートが90Hzなど、ゲーミングマシンならではの仕様となっている。

さらに大きな特徴は拡張性で、コントローラーユニット、空冷カバー、2画面化ユニット、デスクトップドックなどを装着し、多様な拡張ができる点が挙げられる。

<▲図:Gamevice Controller & WiGig Dock>

<▲図:TwinView Dock>

非常に魅力あるスマートフォンだけに、ROG Phoneの投入を期待したいところ。

【情報元、参考リンク】
ASUS
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑