ソフトバンク、シャープ製スマホ「AQUOS R2 compact」を2019年1月中旬以降に発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは15日、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS R2 compcat」を2019年1月中旬以降に発売すると発表した。AQUOS R2 compactを取り扱う通信キャリアはひとまずソフトバンクのみとなり、NTTドコモ(以下、ドコモ)とau(KDDI/沖縄セルラー)では販売されない独占モデルとなる。

<▲図:AQUOS R2 Compact>

しかし、シャープとしては来春以降にSIMフリーモデルの販売も検討しているため、最終的にはソフトバンク以外のユーザーも手にすることができるようになりそうだ。とはいえ、ハイエンド機種の「AQUOS zero」共々、シャープの今冬の注目2機種はひとまずソフトバンク独占となり、ドコモとauユーザーにとっては残念だが、ソフトバンクユーザーにとっては魅力的な話だと言える。

というのも、超軽量ハイエンドのAQUOS zeroもAQUOS R2 compactもかなり魅力的なスマートフォンに仕上がっていそうだからだ。最終的には日常使用してみないことには完全な評価はできないと思うが、今回発表されたAQUOS R2 compactも相当に良さそうだ。


まず、AQUOS R2 compactは、約5.2インチのハイスピードIGZO液晶を搭載する。AQUOS zeroは有機ELに切り替えたが、AQUOS R2 compactはIGZO液晶の継続となる。解像度は2,280 x 1,080ドットで、もちろんハイスピードIGZOなので非常に滑らかな描画をしてくれる。

CPUはQualcomm Snapdragon 845で、メモリ(RAM)は4GB、ストレージ(RAM)は64GB、外部メモリとして最大512GBまでのmicroSDカードにも対応する。OSはAndroid 9だ。

バッテリー容量は2,500mAhで、ボディサイズは約64 x 131 x 9.3mm(暫定値のため最終的に変わる可能性もある)、重さは約135g(暫定値)。カラーバリエーションはスモーキーグリーンとディープホワイト、ピュアブラックの3色となっている。ボディはもちろん防水・防塵仕様だ。

<▲図:Compactシリーズならではのサイズで片手での操作も楽々>

指紋認証センサーは前面下部にあり(ホームボタン風のタッチキー)、この部分はホームキーや戻るキー、履歴表示キーとしても活用できる。タップでホーム、左フリックで戻る、右フリックで履歴といった具合。

前面上部のインカメラの部分はディスプレイが切り欠かれた状態になっている。これは近年の流行となっているが、もう一度指紋認証センサー部分を見て欲しいが、指紋認証センサー部分のディスプレイも切り欠きになっている。「ダブルノッチデザイン」だ。

<▲図:上部、下部どちらにも切り欠きのあるダブルノッチディスプレイ>

インカメラのセンサーの画素数は約800万画素。

背面のメインカメラは約2,260万画素のセンサーを採用。シングルセンサーカメラで、最近流行のデュアルカメラやトリプルカメラ、クアッドカメラなど複数カメラで構成されるものではないが、AIを活用して自動的に最適な設定で撮影できる「AIオート」は利用できる。また、写真(静止画)の撮影では光学式の手ブレ補正も利用できる。

なお、通信性能は、LTEでは下り最大676Mbps、上り最大37.5Mbps。Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠、Bluetooth 5.0といったスペック。

ともかくAQUOS R2 compactには大注目だ。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクオンラインショップ
ソフトバンク/プレスリリース
シャープ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑