格安SIMのnuroモバイルが料金プラン刷新!月に200MBで300円のプランが登場!2GBでも700円!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソニーネットワークコミュニケーションズ(以下、ソニーネットワーク)は1日、モバイル通信サービス「nuroモバイル(ニューロモバイル)」の料金プランを刷新した。月間の利用可能データ量別に基本プラン4つの構成となる。月間データ量が0.2GB(約200MB)で月額300円の「お試しプラン」、2GBで月額700円のSプラン、7GBで月額1500円のMプラン、13GBで月額2,700円のLプランだ。

<▲表:ドコモ回線プランの料金(※クリックして拡大)>

ただし、今述べたのはデータ通信専用の場合で、そこにSMS対応オプションを付けるとそれぞれ150円加算となる。音声通話対応にするとプラス700円だ。そのため、例えば、お試しプランにSMSと音声通話をつけた場合は月額1,000円になる。

また、前述の料金はNTTドコモ(以下、ドコモ)の回線網を使ったプランの場合。nuroモバイルではソフトバンク回線を選ぶこともできるが、ソフトバンク回線の場合は若干高くなってしまう。ドコモ回線のプランの場合はプラン名の末尾に「(D)」がつき、ソフトバンク回線の場合は「(S)」がつく。

<▲表:ソフトバンク回線の場合>

ソニーネットワークによれば、サービス提供から2周年を機に、「選びやすさ」の観点からプランのリニューアルを行ったという。確かにS、M、Lの3プランなら選びやすいし、初めてのユーザーが気軽に試せるようお試しプランの存在も嬉しい。このプラン構成はかなり理想的だと思う。

各プランで定められた月間データ量を使い切った場合、追加料金を支払うことで追加(チャージ)できるが、その料金はドコモ回線プランの場合は1GBあたり600円、ソフトバンク回線の場合は900円となっている。

ソフトバンク回線は全体的にドコモ回線のプランよりも高いので、ソフトバンク回線を利用したい方の場合は月間データ量と料金だけで見ると他社サービスの方がいいかもしれない。一方、ドコモ回線の場合はかなり魅力的だ。

【情報元、参考リンク】
nuroモバイル
ソニーネットワーク/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑