メルカリで夏休みの自由研究や読書感想文など、宿題代行行為の出品禁止を徹底

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
フリマアプリ「メルカリ」において、子供達に代わって宿題を行う役務を提供することや、読書感想文や自由研究などの宿題の完成品を出品することが完全に禁止となった。該当する出品が確認された場合、商品の削除等の対応が行われる。


今回の措置は、メルカリが文部科学省と宿題代行行為の根絶に向けた対応を行うことについて合意したため。同社は文部科学省と連携し、子供達が自ら宿題に取り組む環境の整備を推進していくという。

とはいえ、今回発表された措置は全く新しい動きではなく、以前から夏休みの宿題などを行う役務の提供は禁止されていた。

しかし、宿題の完成品に関しては、氏名などの個人情報が記載されているものに関しては削除対応されていたが、それ以外の商品に関しては出品者の自由を尊重する観点から禁止商品にはなっていなかった。すなわち、現実問題として宿題が商品としてやり取りされる道は残っていたわけだ。

この状況をより徹底して解消する動きが今回のものとなる。今後は氏名などの個人情報の有無を問わず、宿題の完成品の出品も禁止となる。

【情報元、参考リンク】
メルカリ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑