Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

【まとめ 2021版】モータースポーツをネット配信で視聴する方法。F1はDAZNかフジテレビNEXTsmart、MotoGPはHulu、インディカーはGAORA、WRCやWECはJSPORTS、スーパーフォーミュラはGYAOなど

F1、MotoGP、WECなど、グローバル展開されているモータースポーツの様々なカテゴリのレースのみならずスーパーGT、スーパーフォーミュラなどの国内カテゴリも含めて、今やインターネット配信で手軽に視聴できるようになっています。本記事ではその情報をまとめています。スマートフォン、タブレット、ゲーム機、テレビなどで視聴できるので、モータースポーツファンにとっていい時代となって来ました。もちろん地上波で全てを無料視聴できればそれが一番ではありますが、CS放送オンリーの時代と比べると手軽です。


本記事は2018年に初稿を公開しましたが、この度、2021年シーズン用に全体的な加筆修正を行いました。

なお、F1、MotoGPなどは有料ですが、スーパーフォーミュラには無料視聴の手段もあります。また、有料とはいっても、F1の「DAZN」、MotoGPの「Hulu」のように2週間、1カ月など一定期間の無料トライアル(無料試用)が提供されているサービスもあるので、ひとまず気軽に試すことができます。

ネット配信の場合には、複数の機器で視聴できたり、マルチアングル/マルチ画面が提供されていたり、アーカイブ配信(見逃し配信)があったりと、テレビにはない魅力があります。その一方でリアルタイム性はまだ完全ではありませんので、1秒たりとも遅延して欲しくない、という場合には向きません。とはいえ、ひと昔前と比べるとリアルタイム性も実用上問題ないレベルに達していると思います。

なお、本記事中の料金は全て消費税10%込みのものです。

F1、F2、FIA F3

<DAZN>

・配信サービス:DAZNDAZN for docomo
・料金:月額1,925円、年間プランなら19,250円(月当たり約1,604円)。支払い方法によって若干異なる
・同時視聴可能台数:2台(2画面)
・見逃し配信対応:一定期間

まずは筆者が一番好きなF1から紹介します(本記事では、他のF3との差別化のためF3のみFIAを付けています)。F1のネット配信は「DAZN(ダゾーン)」と「フジテレビNEXTsmart」で行われています。DAZNではF1に加えて下位カテゴリーのF2やFIA F3も配信されます。FIA F3では岩佐歩夢選手に期待です。

DAZNの最大の魅力は画面を4つに分割した「F1ゾーン」と呼ばれる配信スタイルの存在です。もちろん分割画面ではない、通常の中継映像のみの配信スタイルも選べます。

<▲図:F1ゾーン画面の例(※実際にはもっと高画質です)>

今回の記事更新にあたってはDAZNで昨シーズンのグランプリのアーカイブが既になかったので、手元に保存してあった一昨年に撮影したキャプチャ画像を掲載しました。上のようなイメージです。左上に中継映像、左下にタイミングモニタ、右上はその時々でピックアップされるオンボード映像、右下にトラッカー映像となっています。実は2020年シーズンにタイミングモニタが少し進化しました。

慣れるまでは情報過多に感じるかもしれませんが、慣れてくるとタイミングモニタとトラッカーをかなりの頻度で見るようになってきます。

例えば中継映像だけではお目当てのドライバーの状況を逐一把握することはできませんが、タイミングモニタを確認することでラップタイムの変化、他車とのギャップ、ピットイン回数など、全体的な状況を把握できます。そこにトラッカー映像が加わると理解度はさらに増します。例えば突然、誰かのペースが落ちたとします。しかし、トラッカーを見ると少し前にルイス・ハミルトンやマックス・フェルスタッペンがいて「あぁ、なるほど、さっきの遅いラップは周回遅れにされたタイミングだったのか」と推測できるわけです。

この環境に慣れると、元に戻れなくなります。それくらい優れた配信形式だと思います。

一方で、それよりも迫力が優先だ! という方も大勢いらっしゃると思います。その場合は普通に1画面スタイルの配信形式での視聴もできます。

<▲図:2017年シーズンの一コマ>

また、各グランプリ終了後、次戦までの間に、レビュー番組が配信されます。これも魅力です。その間にあったF1界のニュースなども取り上げられます。さらに昨年は「ホンダの躍進」と題したホンダ特集シリーズ、角田裕毅選手の特集などもありました。様々な特集番組が用意される点もDAZNの良い点の一つです。また、今年はアルファタウリ・ホンダとのパートナーシップ締結、角田選手がアンバサダー就任ということで独自のコンテンツも用意される予定だとされていますし、毎週水曜日の「Wednesday F1 Time」という番組の配信も決定です。

各グランプリのセッションはフリー走行から全て配信されますし、予選、決勝レースなどは少し前から配信が始まるので、グリッド上でセッション開始を待つドライバーの様子やコメンタリー陣の雑談なども楽しめます。コメンタリー陣も安定してきましたし、普通にストレスなく視聴できます。

ただ、F2の予選やFIA F3の予選のコメンタリーは英語なので、その点にはご注意下さい。F2、F3の決勝レースは日本語コメンタリーです。


■料金と割引について

DAZNの料金は支払い方法によって変わってきます。公式サイトでクレジットカード決済などをする場合には月間プランだと1,925円、年間プランだと19,250円です。長期利用する予定なら、明らかに年間プランの方がお得です。年間プランだと月あたり約1,604円なので月間プランよりも約321円安価です。

また、2020年9月30日までにドコモ経由で「DAZN for docomo」として加入した方は月額1,078円ですが、それ以降に加入した方は通常価格と同じ1,925円になっています。そのため、今さら「DAZN for docomo」で加入する意味はほとんどありません。公式サイトからの加入の方がシンプルでしょう。しかし、月々のケータイ代と合算して支払いたい場合には「DAZN for docomo」です。

ソフトバンクの携帯電話ユーザーは、対象の料金プランに加入していると、「PayPayボーナス」で10%還元を受けることができるようになりました。こちらの記事を参照ください。

他には「DAZNプリペイドカード」での支払いも可能です。このプリペイドカードはコンビニ、家電量販店などで販売されています。シーズン中だけ加入して、オフは見ないといった場合などには、いっそプリペイドカード払いの方が楽で分かりやすいかもしれません。


<フジテレビNEXTsmartコース>

・配信サービス:フジテレビNEXTsmart、(フジテレビONE TWO NEXT スカパー!
・料金:月額1,320円
・同時視聴可能台数:1台
・見逃し配信対応:CS加入者は利用可能。NEXTsmartのみは不可

2021年シーズンのF1も「フジテレビNEXT」及び「フジテレビNEXTsmart」で放映/配信されます。「フジテレビNEXT」はCS放送ですが、加入者はインターネット配信サービスの「フジテレビNEXTsmart」も追加料金不要で利用できます。一方、「フジテレビNEXTsmart」のみでの加入/視聴もできます。要するにCS放送には加入せず、という形です。その場合には、フジテレビの動画配信サービス「FOD」内のプラン「NEXTsmartコース」へ加入することになり、料金は1,320円です。

「DAZN for docomo」を1,078円で加入できなくなった今、新規加入で最も安価な視聴方法は実は「フジテレビNEXTsmart」です。

DAZNに入ってもF1しか見ない、という方には「フジテレビNEXTsmart」は有力な選択肢になってくるはずです。しかし、見逃し配信はCS加入者のみ利用可能で、NEXTsmartのみでは不可なので、その点には注意が必要です。




インディカー

・配信サービス:GAORA SPORTS(スカパー!)GAORA SPORTSのニコニコチャンネル
・料金:月額1,749円(スカパー!の場合)

佐藤琢磨選手がインディ500を制したことで以前よりも注目度が増している近年のインディカー・シリーズですが、インディカーは日本ではGAORA SPORTSでの放送/配信となっています。

GAORA SPORTSをネット配信で見る方法は「スカパー!」か「J:COM」でGAORA SPORTSに加入し、その会員向けの配信サービス「GAORA SPORTS Live&オンデマンド」を利用するか、ニコニコチャンネルに開設されているGAORA SPORTSのチャンネルのいずれかです。ニコニコチャンネルだと月額2,074円なので、若干高くなります。




MotoGP

・配信サービス:Hulu(※2021年3月24日に2021年シーズンのライブ配信決定を正式発表)。Hulu以外では「日テレジータス」を「スカパー!オンデマンド」か「ひかりTV」などで視聴可能。
・料金:Huluの場合は月額1,026円
・同時視聴可能台数:1台(機器の登録数は制限なし)
・見逃し配信対応:無し。ライブ配信のみ。


2018年シーズンからMotoGPは「Hulu」でも全戦ライブ配信されるようになりました。下位カテゴリーのMoto2、Moto3も含めてです。さらに、メイン中継映像とオンボード映像、ライブトラッキング映像、空撮映像を切り替えられるマルチアングル配信です。

<▲図:マルチアングル映像の例。ちなみに画面4分割での同時視聴はできません。各画面は切り替えての個別視聴となります>

二輪は参戦する日本メーカーも多いですし、ホンダとヤマハは二大メーカーです。そして2020年シーズンはスズキがタイトルを獲得しました。日本人ライダーの中上貴晶選手も昨年飛躍し、今やトップライダーの一角に入ってきました。

HuluでのMotoGPの視聴に関して、詳細はこちらの記事で紹介しています。




WEC(ル・マン24時間レース含む)

・配信サービス:JSPORTSオンデマンドJSPORTSオンデマンドのAmazon Prime Videoチャンネル
・料金:JSPORTSオンデマンドは月額1,980円、Amazonだと2,178円
・見逃し配信対応:あり

<▲図:WECは公式アプリでも視聴できます>

「TOYOTA GAZOO Racing」が強力なパフォーマンスを示していることで、ある程度安心感を持って視聴できるFIA 世界耐久選手権(WEC)ですが、基本的に「JSPORTS」の配信サービスでの視聴となります。他にもWEC公式アプリでもレース単位での購入・視聴ができますが、日本語コメンタリーはないので、現実的にはJSPORTS一択です。

そしてJSPORTSの配信サービスは、公式オンデマンドサービスの他に、Amazon Prime Video内の有料チャンネルも選べます。ただ、料金を比較すると、JSPORTSオンデマンドの方が若干安価です。一方で、視聴環境はAmazon Prime Videoの方が使いやすいので迷うかもしれません。2週間のトライアルがあるので、それを使って試してみるのが無難だと思います。

なお、WECアプリでの視聴についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、参照して下さい。




Formula E

・配信サービス:JSPORTSオンデマンドJSPORTSオンデマンドのAmazon Prime Videoチャンネル
・料金:JSPORTSオンデマンドは月額1,980円、Amazonだと2,178円
・見逃し配信対応:あり

WECと同様、JSPORTSオンデマンドで視聴できます。JSPORTSオンデマンドに関しては、WECの項を参照ください。



スーパーフォーミュラ

<Red Bull TV>

・配信サービス:Red Bull TV
・料金:無料
・同時視聴可能台数:制限なし
・見逃し配信対応:あり


日本のスーパーフォーミュラは、JSPORTSやBSフジでも視聴できますが、「Red Bull TV」や「GYAO!」だと無料です。

Red Bull TVではライブ配信、アーカイブ配信が行われ、予選・決勝セッションの日本語実況・解説での配信となっています。パソコンの場合はブラウザ、スマートフォンの場合はアプリから視聴できます。


<GYAO!>

・配信サービス:GYAO!(スーパーフォーミュラのページ)
・料金:無料
・同時視聴可能台数:制限なし
・見逃し配信対応:あり。逆にライブ配信がない


「GYAO!」でも無料視聴可能ですが、決勝レースが行われてから10日後に配信開始となりますので、その点は残念です。下手をしたら結果を知った状態で視聴することになります。というか、下手をしなくても結果を知った状態となってしまう方が多いかもしれません。しかし、一方で、GYAO!は過去のレースも配信期限を定めずアーカイブしてくれているので、いつでも見直すことができます。それは嬉しい点です。


<JSPORTS>

・配信サービス:JSPORTSオンデマンドJSPORTSオンデマンドのAmazon Prime Videoチャンネル
・料金:JSPORTSオンデマンドは月額1,980円、Amazonだと2,178円
・見逃し配信対応:あり

WECやFormula Eと同様、JSPORTSオンデマンドでスーパーフォーミュラのライブ視聴ができます。JSPORTSオンデマンドに関しては、WECの項を参照ください。



WRC、スーパーGT

・配信サービス:JSPORTSオンデマンドJSPORTSオンデマンドのAmazon Prime Videoチャンネル
・料金:JSPORTSオンデマンドは月額1,980円、Amazonだと2,178円
・見逃し配信対応:あり

JSPORTSでは、WRCとスーパーGTも視聴できます。というか、JSPORTSでは、スーパーフォーミュラ、WEC、Formula E、FIMスーパーバイク、DTM、WTCRが放映/配信されているので、扱っているカテゴリの数は圧倒的です。

情報元、参考リンク
DAZN公式サイト
DAZN for docomo
フジテレビONE TWO NEXT(スカパー!)
GAORA(スカパー!)
Hulu
GYAO!
JSPORTSオンデマンド
JSPORTSオンデマンドのAmazon Prime Videoチャンネル

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:5 件
  1. >「フジテレビNEXTsmart」でもネット配信を介してパソコンやスマートフォンで視聴できますが、「スカパー!」や「ひかりTV」などで「フジテレビNEXTライブ・プレミアム」に加入しているユーザー限定となっています。

    これ間違いではないでしょうか。
    https://vod.skyperfectv.co.jp/channel-products/20421
    契約者以外でも「月額商品」購入できますよ。

    返信削除
    返信
    1. ご指摘ありがとうございます! 返信及び記事への反映が遅くなりましたが、2021年シーズンの各カテゴリの開幕を前に更新を行うにあたって修正しました。

      削除
  2. <編集後記>
    2021年3月11日、DAZNから2021年シーズンに向けたF1のプレシーズンテストをライブ配信することも発表されましたね。テストで各チームの新車のフロア、リアの設計もハッキリ見えてくると思いますから楽しみですね。

    返信削除
  3. スーパーフォーミュラはRed Bull TVで日本語解説付きの無料Live配信やってます。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます!先ほどスーパーフォーミュラの項でRed Bull TVを追加しておきました。昨年の記事では載せていたのですが、配信されるのか分からず、一旦消したまま確認しておりませんでしたので、情報提供に感謝します!

      削除