Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

ソフトバンク、中国の通信事業者チャイナモバイルのユーザー向けに日本でのLTEローミングを提供へ

ソフトバンクモバイルは9日、中国の通信事業者China Mobile Communications Corporation(以下、チャイナモバイル)のユーザー向けに日本でのSoftBank 4G LTEの提供を10日より開始すると発表した。

チャイナモバイルは日本で国際ローミングサービスを提供しているが、10日よりチャイナモバイルのユーザーは日本でSoftBank 4G LTEのネットワークの利用が可能になる。

チャイナモバイルのユーザーは5月末時点で7億8,729万5,000という莫大な数に及び、このうち対応機種のユーザーは日本でSoftBank 4G LTEによる高速データ通信が利用できるようになるということだ。

ソフトバンクモバイルによると、中国の通信事業者のユーザー向けにLTEネットワークを提供する国内通信事業者は初になる。

同社は今後も海外のユーザーが訪日時にLTEによる高速通信サービスを利用できるよう、サービス拡充に努めるとしている。

なお、ソフトバンクモバイルは中国のチャイナモバイルのほか、アメリカ、カナダ、スイス、シンガポール、香港、韓国、サウジアラビアの10の通信事業者向けにも日本でLTEネットワークを提供している。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクモバイル/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件