三省堂書店と電子書籍ストア「BookLive!」が連携。紙の書籍を買うと電子書籍版をもらえる

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
三省堂書店は20日、紙の書籍を購入するとBookLiveが運営する電子書籍ストア「BookLive!」で電子書籍を読めるクーポン券が自動的に発券される「デジ本プラス(デジポンプラス)」サービスを3月下旬より本格提供開始すると発表した。

このサービスは店頭での電子書籍の販売サービスである「デジ本(デジポン)」の拡張機能として開発されたもので、BookLive!と三省堂書店のPOSレジシステムを連動させた新事業となる。

具体的には、デジポンプラスでは、対象書籍が販売されるとPOSレジの機能によって、電子書籍がダウンロードできるクーポン券が自動的に発券される。従来のように目視での確認・手渡しと比べ、明らかにスピーディーかつ数多くの書籍への対応が容易となる。

もちろん、対象書籍のみで利用できるサービスだが、対象書籍を購入すると電子書籍版を手軽に入手できるのは便利だろう。

まずは朝日新聞出版刊行の「いい病院2014」購入者に同誌の電子版がプレゼントされている。同社は2月3日より、文藝春秋社の刊行物(書籍・雑誌・電子書籍の全て)を購入した方に同社刊行の電子小説誌「つんどく!」特別編集版をプレゼントしていたが、それに続くキャンペーンとなる。

そして、冒頭で述べた通り、3月下旬からは本格運用が始まる。本格運用では、集英社、NHK出版、小学館などの複数の電子書籍キャンペーンが実施される予定となっている。これらの出版社の対象書籍の中に欲しい書籍がある場合には三省堂書店で購入すれば、無料で電子書籍版も入手できるのでお得だろう。

なお、三省堂書店ではBookLive!の電子書籍リーダー端末「Lideo」を購入することも可能だ。

【情報元、参考リンク】
三省堂書店
BookLive!
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑