ソニー、Android端末から自宅のナスネにアクセスできるアプリ「nasne ACCESS」を10月10日にリリースへ。nasne新モデルも登場

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは9日、ネットワークレコーダー&メディアストレージである「nasne(ナスネ)」に関する発表を行った。新たに大容量1TBのハードディスク(HDD)を搭載したモデルが10月10日に希望小売価格23,100円で販売されるほか、システムソフトウェア バージョン2.00の配信が同日より開始されることも明らかにされた。

そして、同じく10月10日に、Android端末向けのアプリ「nasne ACCESS(ナスネ アクセス)」がリリースされることも発表された。

nasne ACCESSを利用すれば、Android搭載スマートフォンなどから自宅に設置されたナスネにアクセスし、ナスネ内のHDDに保存されたフォト/ミュージック/プライベートビデオを含むファイルを視聴することができる。

また、外出先で撮影したフォト、ビデオをWi-Fiやモバイルネットワーク(3G/LTE)を通じて、事前に登録した自宅のナスネに瞬時に自動で保存できる「オートアップロード」機能も利用できる。

他にも、次のような特徴がこのアプリにはある。

・最大8台のナスネを一つのnasne ACCESSに登録可能
・ナスネのファイルサーバー内に保存された大量のファイルの中からファイルを瞬時に
音声で検索できる機能や、インデックスサーチ機能
・複数のナスネ内のフォト/ミュージック/プライベートビデオをまとめて一覧表示するおまとめ表示
・ナスネにファイルが追加されたことを通知するウィジェット機能

なお、同じようにPlayStation VitaからもWi-Fiや3G/LTEなどを介してナスネへアクセスできるアプリ「naspocket(ナスポケット)」がリリースされる。

これらのアプリを利用することで、ナスネの利便性が大きく向上することになりそうだ。

下に掲載したのは500GBモデルのAmazon.co.jpでの商品リンク。



【情報元、参考リンク】
プレスリリース(PDF)
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑