ソニー、スマートフォン「Xperia AX」を発表。「Xperia V」の日本向けモデルで、LTE対応、NFC搭載

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
参考画像:Xperia V
ソニーモバイルコミュニケーションズは1日、日本市場向けにAndroid(アンドロイド)スマートフォン新商品「Xperia AX」を投入すると発表した。Xperia AXは、同社が8月にドイツの「IFA 2012」において発表した「Xperia V」の日本市場向けモデルにあたる。発売時期は年内の予定で、NTTドコモは「Xperia AX SO-01E」として発売することを明らかにしている。

Xperia AXは、約4.3インチの高精細HD液晶(解像度1,280×720)を搭載し、「モバイルブラビアエンジン2」による美しい映像表現能力も持つ。また、ソニー独自の「ClearAudio+(クリアオーディオプラス)」機能により、おすすめの上質なサウンド設定で手軽に音楽を楽しむこともできる。

また、近距離無線通信技術「NFC(Near Field Communication)」に対応している点も特徴だ。

NFCを使った様々なサービスを利用できるほか、同社が開発したNFC対応スピーカー(「SRS-BTM8」「SRS-BTV5」)などを手軽に利用することもできる。ワンタッチでBluetooth接続をし、音楽をスピーカーから再生することが可能だ。そして、ソニー製タブレット「Xperia Tablet」やソニーのパソコン「VAIO」と共通のメディアアプリも搭載する。「WALKMAN」アプリやアルバムアプリ、ムービーアプリだ。

さらに、有効画素数約1300万画素のカメラも魅力だ。暗い場所や逆光時でも自然な明るさの写真を撮影できる「プレミアムおまかせオート」を搭載する。

そして、防水・防塵性能、赤外線通信、おサイフケータイ、ワンセグなどの国内定番機能も全てサポートする。

Xperia V

【情報元、参考リンク】
ソニーモバイルコミュニケーションズ/プレスリリース
ソニー、新スマートフォン「Xperia T」「Xperia V」「Xperia J」を発表
ソニー、NFC対応、スマホをかざすだけでワイヤレス再生可能なBluetoothスピーカー2機種を発売へ
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑