Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

ソフトバンク、シンプルスマートフォン 008Zを発表

ソフトバンクモバイルは19日、中国ZTE製スマートフォン「シンプルスマートフォン 008Z」を発表した。8月中旬以降にリリースされる予定で、この端末も夏商戦向けラインナップの一つとなる。


最大の特徴は“シンプルさ”だ。初めてスマートフォンを手にする方でも迷わず使えるように、標準のホーム画面には大きなサイズの文字と丸型のカラフルなアイコンが採用されている。さらに、ホーム画面には電話帳、メール、カメラなどの特定の基幹的アプリのショートカットしか配置しないようにしている。これは、多くのショートカットが並んでユーザーが混乱することを避けるための措置。同様の理由から1画面に配置できるアイコン数も最大6個に限定されており、初心者向け端末としてのコンセプトで作られている。

さらなるこだわりは電話やメールなどの個別アプリにも盛り込まれており、できるだけ簡単に操作できるように、各操作の選択肢が絞り込まれている。

そのほか、歩数計アプリや乗換案内アプリ、辞書アプリなどがプリインストールされている点も特徴の一つ。プリインストールされるアプリの種類が他の機種とはやや異なる。また、発売後にはソフトウェア更新を適用することで、「緊急地震速報」にも対応する予定。

Android(アンドロイド)スマートフォンとしての基本仕様は、OSがAndroid 2.3、プロセッサが米Qualcomm製MSM8255(1GHz駆動)、ディスプレイは3.8インチ(解像度:800×480)、Wi-FiはIEEE802.11b/g/n、Bluetoothは2.1をサポート、カメラは有効画素数約503万画素、バッテリー容量は1,500mAhなどとなっている。

端末のサイズは約62×119×13mmで、重さは約133g。

カラーラインナップはシェルホワイトの1色展開。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクモバイル/プレスリリース
ソフトバンクモバイル/シンプルスマートフォン 008Z製品紹介ページ

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件