TAG Heuer(タグ・ホイヤー)、高級Android(アンドロイド)スマートフォン「Link」を発表

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
スイスの高級時計メーカーTAG Heuer(タグ・ホイヤー)は高級スマートフォン「TAG Heuer Link Smart Phone」を発表した。搭載OSはAndroid 2.2(開発コード「Froyo」)。スマートフォンとしての仕様は決してハイスペックではないものの、ミドルレンジ向け程度なので十分実用的だ。そして、何より外観デザインは高級時計メーカーならではの仕上がり。販売価格は4,700ユーロ(約54万円)から。

スイスの高級時計メーカーが高級スマートフォンを製作する事例はこれで2件目になる。昨年、Ulysse Nardin(ユリス・ナルダン)がハイブリッド・スマートフォン「Ulysse Nardin Chairman」を発表して以来だ。Ulysse Nardin Chairmanは高級機械式時計のムーブメントにスマートフォンを融合したハイブリッド端末として設計され、販売価格帯は12,800ドル~49,500ドルとされている。

今回のTAG Heuer LinkはUlysse Nardin Chairmanと比較すると安価だが、特徴的デザインは高級時計メーカーならでは。また、Ulysse Naidin Chairmanと違い、TAG Heuer Linkは時計とのハイブリッド製品ではなく、純粋なスマートフォンだ。実際に日常使う上では普通のAndroidスマートフォンとして使えるはずだ。

端末のサイズは約118×67×16.6mm、重さは約200g。内蔵バッテリーは1,400mAh。

対応ネットワークはEDGE/GSM/WCDMA、Wi-Fi、Bluetooth。内蔵メモリは256MB、8GBのメモリカード同梱、3.5インチのTFT液晶ディスプレイ(解像度:800×480)、5メガピクセルのカメラ、GPS/AGPS搭載などという基本仕様になっている。


筐体には316Lステンレス、金、ダイヤモンド、チタニウム、ラバー、カーフスキンレザー、カーボンレザー、アリゲーターやリザード革などが使われている。

下に掲載した紹介動画では、同社がスポンサーになっているF1チーム、マクラーレンのドライバー、ルイス・ハミルトンも登場している。TAG Heuerは長年F1をサポートしているので、F1ファンにも注目のスマートフォンになりそうだ。とはいえ、ちょっとやそっとでは手が出せない値段だが。


【情報元、参考リンク】
TAG Heuer LINK製品紹介ページ
aBlootoRead/Tag Heuer Link Smart Phone – Exclusive Debut
Engadget
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑