Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

革新的なOSへ。Android 3.0(Honeycomb)の紹介動画登場。UIの刷新、WEBブラウザに上部タブ登場、Gmailの2画面表示、ビデオチャット対応など

Android OSの最新バージョンは2.3(開発コード「Gingerbread」)だが、タブレット端末に最適化された次期最新バージョン3.0(開発コード「Honeycomb」)の開発が米Googleで進められていることは周知の事実。Honeycombを搭載したタブレット端末はすでに端末メーカー各社から発表されており、今春には世界各国で登場し始める予定だ。


そして今回、GoogleからHoneycombの概要を納めたPR動画が公開されたことがわかった。ただし、残念ながらYouTube上からは公開直後に削除されたのか現在は見ることができない。しかし、米ガジェット情報ブログメディアEngadgetを始めとするメディア及びユーザーがそれを納めた動画を改めてアップしている。

下に掲載したものはEngadgetが再公開したものと、YouTube上の動画になる。YouTube上のものは音声が収録されていない更新:Googleが後ほど再度公開した動画に差し替え。


まず、Honeycombのバージョンナンバーは3.0になる。当初は2.4との噂もあったが、正式にはAndroid 3.0=Honeycombになる。これは4日にラスベガスでHoneycomb搭載タブレットを発表した台湾のASUSTeK Computerも認めている。

そして気になる機能や変更点だが、最も目を引くのはUIの大規模な刷新だ。もはやまるで違うといっても過言ではない。言葉通り、タブレット型の端末に最適化されている。ウィジェットなどもスクリーン上に横に複数配置することも可能になっている。ウェブブラウザにはPC用のChromeなどのようなタブが画面上部に横並びで表示されるようになった。これだけでも利便上は大きく向上するはずだ。そして、Googleの電子書籍サービス「Google eBooks」も標準サポートするようだ。電子書籍のタイトル選び、閲覧が快適に行える模様。Gmailのアプリも刷新される。スクリーンを左右分割し、左側にメニュー、右側にメイン表示となる。YouTubeアプリも変わる。加えて、動画で紹介されているようにGoogle Talkでのビデオチャットをサポートしている。

ともかく見た目上、操作性の面で大きく変わる。スムースに動作させるには明らかに高速CPUが必須といった感だが、おそらくデュアルコアCPU搭載機では快適に動くのだろう。

Android 3.0(Honeycomb)の登場はAndroidタブレット市場にとって非常に大きなターニングポイントになりそうだ。




【情報元、参考リンク】
Engadget/Google shows off Android 3.0, the 'Entirely for Tablet' Honeycomb (video)
Image: Engadget Video.

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件