Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

アプリ内課金を実現する課金支援サービス「Samurai Purchase」のAndroid版が提供開始

株式会社コニットと株式会社電通は共同で、デジタルコンテンツを販売する事業者向けに、Android端末向けのアプリ内課金機能を実現する支援サービス「Samurai Purchase(サムライパーチェス) Android版」及び、iPhone/iPadにも対応する「Samurai Purchase iPhone/iPad+Android版」を11月26日から提供開始した。

Samurai Purchaseはネットワーク経由で提供されるASPサービスになるため、利用者が自社でアプリケーションを購入・導入する必要はなく、手軽に利用できる。

また、Samurai Purchaseを利用したアプリを実際に使うエンドユーザー側としては、アプリ内で購入したものに対する支払いは「PayPal (ペイパル)」を使って行う。さらに、12月末までにクレジットカード決済にも対応する予定。

今回リリースされる2つのサービスのうち、Android版はAndroidアプリ専用となるが、iPhone/iPad+Android版であれば、対応プラットフォームを問わずに一元管理できるサービスになる。利用者は同一の管理画面上で、解像度の異なるそれぞれの端末に向けたコンテンツ構成やインターフェイスの調整をすることができ、売上集計も全て一緒に管理することができる。

アプリのデベロッパーやパブリッシャーなどがSamurai Purchaseを利用するには下記の費用が掛かる(消費税込み)。
  • Samurai Purchase Android版:月額126,000円から
  • Samurai Purchase iPhone/iPad版+Android版:月額136,500円から
契約形態は1法人ごとになり、同一法人内であればアプリ数に関係なく固定の月額料金で利用可能。


【情報元、参考リンク】
コニット/プレスリリース
Samurai Purchase公式ウェブサイト
コニット
電通

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件