NTTドコモ、「Samsung Galaxy S(サムスン・ギャラクシーS)」(SC-02B)を10月5日午前10時に発表

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモが10月5日午前10時から韓国サムスン電子製のAndroidスマートフォン「Galaxy S(ギャラクシーS)」(SC-02B)に関するプレスカンファレンスを開催することが明らかになっている。SankeiBizが伝えている。Galaxy Sは同社が今秋・今冬に発売予定としている7機種前後のスマートフォン・ラインナップの一角を担う戦略的端末。4インチの高精細Super AMOLEDディスプレイを搭載し、Samsung製の1GHzの高速CPUが採用されている。特に最近では有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンは貴重な存在になっており、同社の子会社Samsung Mobile Display社から潤沢な供給を受けることのできるサムスン電子の端末にとっては大きな武器だ。

また、Galaxy Sは今月末に英国を皮切りにAndroid 2.2へのアップデートが開始される予定になっており、世界各国の端末も順次2.2に更新されていく。その中で発売される国内向けGalaxy S(SC-02B)にも2.2搭載の期待が高まっており、そのような噂もすでにいくつか聞こえてきている。

とはいえ、仮に発売時に搭載されるバージョンが2.1であったとしても、十分以上に魅力的なモデルだ。

なお、NTTドコモはGalaxy Sに加え、冬のスマートフォン・ラインナップの一つに同じサムスン電子製のAndroidタブレット「Galaxy Tab」も投入するものと見られている。場合によっては同日に両端末が発表される可能性もあるかもしれない。Galaxy Tabは初期状態からAndroid 2.2が搭載されており、また、タブレットながらAndroid Marketが利用できる貴重な機種でもある。

ちなみに同日より千葉県の幕張メッセで開催されるIT・エレクトロニクス展示会「CEATEC JAPAN 2010」へはNTTドコモも参加するため、Galaxy Sが展示される可能性は十分にあるはずだ。関心のある方は時間があればCEATECに行ってみるのもいいかもしれない。

【情報元、参考リンク】
SankeiBiz
CEATEC JAPAN 2010
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑