ソフトバンク、HTC Desire(X06HT、X06HTII)へのAndroid 2.2アップデートを10月8日より提供。MMS対応も同時公開

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクモバイルは24日、Androidスマートフォン「HTC Desire(X06HT)」及び「HTC Desire(X06HTII)」に対するAndroid 2.2(Froyo)アップデートの提供を10月8日より開始すると発表した。併せてS!メール(MMS)を利用することのできる専用メールアプリ「SoftBankメール」の提供も同時に行われることが明らかになった。SoftBankメールはAndroid Marketで無料配信される予定。ただし、今回の発表では9月下旬発売予定のX06HTIIの具体的リリース日には言及されていない。いずれにしても9月27日の週には発売されるものと見られる。


Android 2.2へのアップデートでは様々な機能が大幅に追加される為、HTC Desireユーザーにとっては嬉しい配信になるだろう。加えて、MMSを利用できるようになることも大きなポイントだ。

今回のアップデートの目玉機能にはAdobe Flash Player 10.1への対応が挙げられる。現在のウェブ上には多種多様なFlashコンテンツが多数公開・利用されており、完全なウェブ体験を得る為にはFlashは欠かせない。スマートフォンでのFlash利用には電力消費の激しさなどを懸念する声もあるが、PCとほぼ同じ体験ができる点は非常に大きい。

また、Android 2.2では全体的なアプリ実行速度が改善される。加えて、ウェブブラウザにおけるJavaScriptの動作も高速化される。その他、Android Marketでの複数アプリの一括アップデート機能への対応や、自動更新機能の追加、SDカードへのアプリの保存も可能になる。内蔵ストレージ容量を気にする必要がなくなるため、この点も嬉しい改善だ。

なお、アップデートは3G回線、Wi-Fi、どちらのネットワーク経由でも可能。アップデートに必要なファイルの容量は約160MBと大きいため、パケット通信料には注意を払いたい。先に述べたようにMMS対応アプリ「SoftBankメール」についてはAndroid Marketで配信される。

おそらく国内のAndroidスマートフォンでは2.2搭載は第一号になるはずだ。10月4日にシャープがau向けAndroidスマートフォンの新製品「IS03」を、10月5日にNTTドコモがサムスン電子製「Galaxy S」を発表する見込みだが、いずれも発売は8日以降になるだろう。そのため、仮に両端末が2.2を搭載したとしても、HTC Desireが初の端末になることは確実だ。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクモバイル/プレスリリース
ソフトバンクモバイル/HTC Desire Android 2.2アップデート内容紹介ページ
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑